TOPオードリーのANN ≫ オードリー春日が語る「手術の体験記-手術中の経過-」

オードリー春日が語る「手術の体験記-手術中の経過-」

2011.01.23 (Sun)
2011年01月28日放送の「オードリーのANN」にて、春日が下肢の骨折時に手術で埋められたボルトを、再び取り外す手術を受けていたことを語っていた。その時の手術の経過が以下のようなものだった(手術までの流れは、前の記事「オードリー春日が語る「手術の体験記-手術までの経過-」」参照)。

春日「手術がドラマと違うのは、結構、お医者さんが喋るのよ。主治医の人がいて、前の手術の時にいなかった助手がいてね。やりながら話してるんですよ。『これ、前回のときに先生が手術されてるんですよね』『そうですよ~』『けっこう、良い仕事してますね』とか、話してるんですよ」

若林「うん」

春日「それで、私は寝てるんだけど、布が被さって手術の所は見えないの。それで、怖いから、何かに縋りたいの。それで、看護士さんの手をずっと握ってたのよ」

若林「お前、ビビってるのバレたくないんだろ?」

春日「でも、心拍数でバレてるし。どうして良いか分からないの」

若林「どっちから言い出したの?握るって」

春日「というか、いつのまにか握ってた」

若林「アッハッハ(笑)」

春日「右にいる看護士さん。ベテランさんだろうけど。俺らより上ぐらいですよ。とにかく、スゴイ安心感だった」

若林「そうね、女の人の手って安心するんだって。レーシックの手術のときも、一瞬見えなくなるんだけど、女の人が手を握ってくれるところがあるんだって」

春日「そう。あるのと無いのでは、大違い」

若林「お前、全然ダメじゃん」

春日「良いんだよ、もう。それで握りながら耐えて、いろんな音とかニオイとかするんですよ。魚焼いているようなニオイとか、骨に響く感覚ね。針金を引っ張るとき、腰骨に響くのよ」

若林「うんうん、痛い痛い…」

さらに、以下のように語っていた。

春日「そういうとき、やっぱり看護士さんの手を握ってるね。こんな大男でもね」

若林「俺だったら、病院の廊下で泣いちゃって、座り込んでるね」

春日「それもすごいけどね。それでボルト抜けてね。『春日さん、このボルト持って帰ります?』とかって言うの」

若林「冗談で?」

春日「いや、本気。持って帰る方も多くて、俺も持って帰ったの」

若林「うんうん」

春日「手術終わって、看護士さんにおパンツ履かせてもらってね。脱がせるのと同じくらいの手際の良さでね。シュシュっと」

若林「自前のパンツ?」

春日「そう。赤いラルフローレンのパンツ」

若林「知らねぇけどね」

春日「手術用に用意した真っ赤なパンツですよ」

若林「ボルトはどうしたの?」

春日「ボルトはありますよ。今日も持ってきましたけど」

若林「これか…こんな長いの入ってるの?」

春日「釘ですよ、釘」

若林「これが尿道に入ってたの?」

春日「入ってませんよ!入ってたら医療ミスだろ(笑)…それで、手術が終わりましてね。また同じようにストレッチャーで帰るわけですよ。手術してくれた先生と、看護士さんがきてくれて、『無事に終わりましたね』って。でも、春日の心は落ち着いてないわけですよ」

若林「ん?」

春日「もう一つあって、それは尿道に入れた管ね。アレを抜かなければならないわけですよ」

若林「もういいよ~断れよ」

春日「あれ、前回の時も抜いたけど、メチャクチャ痛いの。骨折したときよりも痛い」

若林「ビトたけしさんも入れられたことあったってきいたけど、メチャクチャ痛いらしいね。そのことを訊こうとおもったけど、『その話しないでくれよ、兄ちゃん』って言われて」

春日「ホントにね、前回は看護士さんに抜いてもらったんですけど、そのとき痛いなんて思ってなかったですから、『いきますよ』って言われて。その長さは、ナニのサイズくらいだと思ってたの。春日で言ったら、3 cmくらいだとおもったんですけどね」

若林「ちっちぇなぁ」

春日「ただ、膨張率はスゴイからね。本気出したらね」

若林「知らねぇよ」

春日「3 cmくらいだと思ったら、ズラ~って出て。」

若林「何それ。腸を引っ張り出してんのかよ」

春日「15 cmくらい入っててね。膀胱までいってるわけですよ。貯留地までいってるんです。それで、今回も抜かなければならないということだからね。だから、今回は先生に言ったんですけどね。『手術終わって、麻酔が掛かっている時に抜いてはくれまいか』と」

若林「うん」

春日「そうしたら、考慮しましょうってなったんですけど、手術終わって抜いてくれって言ったんですけど、『まだ早い。今抜いちゃうと、足腰が立たずにお手洗いに行けないですよ』って言われて。漏らすことになっちゃうって言われたから、ある程度醒めてからって言われたんだけど」

若林「それは、オシッコ出たいって気持ちは分かるの?」

春日「分からんのよ。垂れ流し状態。だから、麻酔切れるの待ってたんですけど、なかなか切れないんですよ。それで5時間とか経って、気づいたら完全に麻酔が切れちゃって。もう夜中になっちゃったんですよ。それで、もういっそのこと、抜かないで良い方法は無いものかと」

若林「夜中に考えてるわけだ」と語っていた。

次の記事 オードリー春日が語る「手術の体験記-尿道カテーテルとの闘い-」 に続く。

【関連記事】
加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」

ナイナイ岡村が語る「入院中の様子について」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,春日俊彰,骨折,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー春日が語る「手術の体験記-尿道カテーテルとの闘い-」

前の記事:オードリー春日が語る「手術の体験記-手術までの経過-」