TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木「JAL株で大損していた」

おぎやはぎ・小木「JAL株で大損していた」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月30日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、今年の出来事について振り返っていた。その中で、おぎやはぎ・小木がJAL株を保有していて大損した、と語られていた。

矢作「1月…あれだねJAL」

小木「そうか…俺ね、株をやってたんだよ。JALの株。やっちゃったんだ。思いだした」

矢作「お前、JALの株買ってたの?内緒でやってたんだろ」

小木「言ってなかったっけ?JALのこと」

矢作「言ってないよ。金属系の株をやってるってことしか言ってなかったよ」

小木「金属系もやってるよ、もちろん。金属系をやりつつJALもやってて、昨年の年末に買って。それで1月…」

矢作「お前、もう疫病神じゃん」

小木「12月30日に最終日で、そこでJALに結構な金を入れたの」

矢作「うん」

小木「それで、JALだから絶対に潰れるわけがないって思ってたのよ。JAL神話っていうか、国が面倒を見るというか、自民党が今まで面倒をみてきて」

矢作「半分、国のもんって感じがするよね」

小木「だけど、周りの人間が『倒産だ、危ない』って言ってて、そんなワケがないだろうって。だけど、値段がどんどん下がってて、『バカじゃねえの?』って思ってたんですよ」

矢作「うん」

小木「それで、すげぇ値段が下がったから買ったんですよ。『バカじゃねぇの?年が明けたらそこから値段、どんどん上がってくのに』って思ってて」

矢作「うん」

小木「それで、1月5日くらいかな。前原大臣が『政府で援助する』とかってことを言ってて、ちょうどその時に俺はハワイに行ってたんですよ。新聞で読んで知って『うわぁ!ラッキー』って思ったの。それで、次の日に値も上がったんですよ」

矢作「うん」

小木「元値の1.5倍くらいになって。それでチャンスだって思ったんですよ。だけど、ハワイに行ってたから取引できないんです。パソコン持ってないから」

矢作「うんうん」

さらに、以下のように語っていた。

小木「それで、3日後に空港でNHKのニュースを流してるんだけど、そこで倒産が発表されて。それで帰って取引しても、売れないの。100円ちょっとが次の日に30円くらいになってて」

矢作「えぇ~」

小木「それで、人力舎で営業行った時も、バスでずーっと売ろうとしてたんだけど、全然売れなくて」

矢作「はっはっは(笑)最悪だ」

小木「買ったときの10%くらいになったよ。10円くらいで売ることになって」

矢作「売れたの?」

小木「なんだかんだで売れたの。次の日は1円くらいになって」

矢作「それなら、もうちょっと待ってたら…」

小木「もう紙切れになっちゃっうよ。倒産だから」

矢作「そこから回復したじゃん」

小木「してないよ。もう上場してないから。撤退したから」

矢作「へぇ~」

小木「JALのコードは9205ね。覚えてますよ。100円くらいで買って10円くらいですよ」

矢作「あぁあ、最悪だね」

小木「幸先悪かったんだよ、1月」と語っていた。

臆病者のための株入門
臆病者のための株入門 (文春新書)橘 玲

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 2508


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
おぎやはぎ・小木「マンションのローンを8つの銀行に断られる」

おぎやはぎ・矢作「小木が若手にオゴるのを見たことない」

おぎやはぎ・矢作「光浦靖子が小木を信用するワケ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,JAL,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎが語る「2010年度のM-1」

前の記事:ナイナイ・岡村「出川哲朗に暴露された女関係の秘密」

本日の注目記事