TOP爆笑問題の検索ちゃん。 ≫ 『爆笑問題の太田は立川談志の愛人の子』説を信じた1人

『爆笑問題の太田は立川談志の愛人の子』説を信じた1人

2007.10.27 (Sat)
2007年10月27日放送の「爆笑問題の検索ちゃん」で、爆笑問題の太田光が立川談志のことについて語った。日頃から懇意にしており、立川談志は「爆笑の太田は、俺の外の女に産ませた子だ」と言って憚らないそうだ。

その発端となるのは、太田が立川談志の失言について「すみませんね、ウチの親父が」と言ったことだという。もちろん、ボケなのだがそれ以来、立川談志は「(太田は)俺の愛人の子」と言い出したようだ。

それを信じてしまった週刊誌の記者が、事務所に確認をとりにきたこともあったという。

だが、それ以上に信じてしまい、取り乱していた1人がいた。それは、太田の実の父親だった。妻に対して、「本当なのか?」と問いただしてしまったという。


『爆笑問題の数字』に関して。
爆笑問題は、1988年に結成。ライブハウス『ラ・ママ』でデビューし、その場で太田プロにスカウトされたという。

日本大学時代に取得した単位は、二人合わせて17単位(爆笑問題のニッポンの教養2007.10.23)

太田は、高校時代は友達が一人もいなかったが、「陰口を言われるのが嫌」という理由で学校を休まず皆勤賞で1日も休まなかった。
オリジナルの一発ギャグはもたなかったが、2005年に「ピップ」というギャグを開発。

田中は、30歳になるまで女性と付き合ったことがなかった。
万馬券を当て、馬連83,570円(購入額1000円)と三連複119,000円(購入額500円)を的中させ、計143万700円を獲得した。

大田は身長170cm、田中は154cm。ナイナイの岡村は身長156.5cm。

【関連記事】
いくつあるんだ? 99(ナイナイ)のコンビ名の由来

同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。
次の記事:ギャル曽根 トイレの回数(大)は1日6回

前の記事:小島よしおが恐怖した 99(ナイナイ)岡村の叱責

本日の注目記事