TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 山里亮太、爆笑問題・太田の番組が「30分番組でも3時間収録」と長くなる理由を明かす「喋りたいことがいっぱい」

山里亮太、爆笑問題・太田の番組が「30分番組でも3時間収録」と長くなる理由を明かす「喋りたいことがいっぱい」

2016.07.15 (Fri)
2016年7月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズ・山里亮太が、爆笑問題・太田光の番組収録が「30分番組でも、3時間収録」と長くなる理由について語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る


山里亮太:一緒に収録した時の太田さん見ると、やっぱり凄いね。お笑いを、あんなに楽しそうにできるって憧れるよね。もうさ、登場と同時に全力でバーンッて登場して、客席にツッコんでさ、ムチャクチャしててさ。それで、登場5秒で、もうボケ10個くらいあるんだよ。

それで、客席に座って、絶対にウケるってところで、ドンッてやって、それで田中さんのツッコミで戻ってきて、みたいな。あんだけ天真爛漫にボケ続けられるって、やっぱり憧れるんだよね。

俺はやっぱ、「このタイミングが今、ボケかな」ってワンクッションあるけど、太田さんは、それがないもんね。「今、ボケたい」っていう時に、全部ボケるじゃない。それは田中さんへの絶対的な信頼感があると思うんだけど。「いいなぁ」なんて思って。

あと、凄い好きだよね、現場が、収録が。やっぱ、色んな先輩方も、爆笑さんと仕事される方って、絶対言うじゃない?「太田さんと仕事すると、収録が長くなる」って。

今日も太田さん、そんな話されてて。太田さんって、30分番組でも3時間ぐらい撮る、と。でも、まだ撮り足りない。なんでかって言ったら、喋りたいことがいっぱいあるんだって。それって、スゲェ幸せじゃないですか。

喋りたいことがいっぱいある。それはまぁでも、いいけど。でも、周りの人が「もういいんじゃないの?」っていうところでも、太田さんって面白いから、それにつられてね。同じ面白いのを出し続けて、本来の収録時間よりも長くなるっていうのがいいと思うんだけどね。

ただ、それで思ったんだよね。ちょっとね、さっきのアイマスク(山里亮太、「1時間睡眠で、5時間寝た気になれる」アイマスク『Neuro:on』を注文するも届かず「注文したの1年前」)の会社の方が聞いてたアレなんですけど。僕のマスクが届くのは、ある程度、もう諦め始めてます。「寝不足だ」なんて愚痴らないんで。

どうでしょう。1時間喋ったら、5時間喋った気になるマスクを、太田さんに作ってくれませんかね?(笑)それがあるとね、みんなが平和になれる気がする(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:博多大吉、島崎和歌子の酒豪っぷりに驚くも「本気の私はあんなもんじゃない」

前の記事:山里亮太、爆笑問題のことが「怖い」という苦手意識があったと告白「俺のこと『面白くねぇ』って思ってそうで」