TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、ももクロ有安杏果に「カレー事件」を直接抗議「杏果ちゃんの説明がむちゃくちゃ言葉が少なくて」

山里亮太、ももクロ有安杏果に「カレー事件」を直接抗議「杏果ちゃんの説明がむちゃくちゃ言葉が少なくて」

2016.07.07 (Thu)
2016年7月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ももいろクローバーZ・有安杏果に、「カレー事件」と呼ばれる、有安の残したカレーを山里が食べて有安杏果ファンからバッシングを受けたという一件について、直接抗議を行っていた。

ココロノセンリツ♪


リスナーメール:有安さん、山ちゃんにカレー食べられないようにしてくださいね。

山里亮太:あったね。

有安杏果:懐かしい(笑)

山里亮太:それこそ、『乙女戦争』の時よ。

有安杏果:覚えてます(笑)

山里亮太:ゾンビと戦うっていうさ、よく分かんねぇ企画。

有安杏果:なんか、たまたま今日、エゴサしてたら、それが…

山里亮太:エゴサをするな(笑)

有安杏果:配信されるの?観れるようになったみたいですよ、ちょうど。

山里亮太:ゾンビのやつ?あったよね。ももクロがゾンビに襲われるっていう。俺も中盤からゾンビになるっていうね。

有安杏果:そう、そう(笑)

山里亮太:それで、ゾンビになって、ももクロと激辛キムチチゲ対決をするっていう、よく分かんなかったね。

有安杏果:ありましたね。

山里亮太:激辛キムチチゲを、俺がももクロのメンバーに食べさせて。アレも大変だったんだよ。食べさせたじゃない。みんな、バラエティのノリが分かるからさ、「ちょっと、山ちゃんも食べなよ」って言ってさ、みんなが食べたチゲを食べて、「辛い、辛い」って言ってたじゃん。そしたら、「ずるい」って言われてさ。

有安杏果:あの時の山ちゃん、どこに行っちゃったのかな?(笑)

山里亮太:ここにいるよ(笑)SoulJa呼んで。もう、歌う(笑)

有安杏果:はっはっはっ(笑)

山里亮太:カレー事件、もう知らない人も多いかな?

有安杏果:多いよ、きっと。

山里亮太:カレー事件ね。それこそ、そのゾンビのロケの時に、帰りのロケバスだよね。カレーが振る舞われたんだよね。

有安杏果:そうです、そうです。

山里亮太:「カレー食べて」って。それで、みんなにカレーが一杯ずつきて。俺も食べてね。

有安杏果:私が多分、食べきれなかったんですよ。

山里亮太:そう、そう…「食べきれない」って言うと、また問題に繋がるよ。

有安杏果:はっはっはっ(笑)叩かれろ、叩かれろ、フー!(笑)

山里亮太:「叩かれろ」じゃないよ。「フー」じゃないよ。川上(マネージャー)さんがね、太った人特有のさ、「食欲ってみんな、俺ぐらいあるだろ」感。

有安杏果:はっはっはっ(笑)分かりますよ(笑)

山里亮太:「俺、ペロっと食ったのに、なに、残してんだよ」ってなってたから、ノリもあったけどね。川上さんのノリで、「え?食べれない?これ、美味しいし。そんな量じゃないだろ」って。でも、結構、大盛りだったんだよね。

有安杏果:うん。

山里亮太:だから、俺は優しいももクロのお兄ちゃん的な感じで、「俺、ちょうど腹ペコなんで食べますよ」って言って。

有安杏果:そう、男気を見せてくれたんですよね。

山里亮太:そうなのよ。杏果ちゃんが困ってたから。それを食べて…

有安杏果:凄い、いっぱいメール来る。

山里亮太:ちょっと、気をつけてよ。…で、俺が食べたっていうのを、杏果ちゃんの説明がさ、むちゃくちゃ言葉が少なくて、生配信で言ったんだよ。ももクロのさ…

有安杏果:なんでしたっけ?

山里亮太:生配信ずっとしてるヤツ。ライブの裏とかいたヤツ。

有安杏果:なんだっけ?

山里亮太:NHKホールとかのヤツじゃないかな。その時に生配信で、「食べかけのカレーを山ちゃんが食べました」って情報だけ言って。

有安杏果:ふふ(笑)

山里亮太:もう、緑ファンから猛烈にバッシングよ。まぁ、アレはしょうがないね。食べたからね、俺が。

有安杏果:それでナンボじゃないですか、山ちゃん(笑)

山里亮太:そうなのよ。あの頃のこんがり具合が一番楽しかったな、俺も(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,ももいろクローバーZ,有安杏果,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、流れ星・瀧上の「デキ婚」報道直後に不倫する可能性を懸念「お瀧さん、どうせ浮気すんだろ(笑)」

前の記事:ももクロ有安杏果、ニッポン放送に出演しつつTBSラジオへの出演を心配されるも「局を越えて、色んなところに出たい」