TOP伊集院光とらじおと ≫ 爆笑問題・太田、イギリスのEU脱退は経済より深刻な問題が潜むと指摘「ヨーロッパが1つになり戦争を防ぐことが…」

爆笑問題・太田、イギリスのEU脱退は経済より深刻な問題が潜むと指摘「ヨーロッパが1つになり戦争を防ぐことが…」

2016.06.28 (Tue)
2016年6月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、イギリスのEU脱退の可否を問う国民投票で、脱退が決定したことについて、「ヨーロッパが一つになって、思想的にももっと戦争とか、争いのないように、みんな一つになりましょうよっていうことの一端が崩れたってことの方が、経済的なリスクってことよりも、大きいような気がする」と語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:今回、俺が凄い不思議だったのが、経済学者やなんかの意見を国民投票の直前で、色々読んでましたけど、ほとんどが「まぁ、残留だろう」と。

田中裕二:残留だろう、と。

太田光:なんでこんなに専門家の予想がハズレるんだろうって俺はまず思ったのと。

田中裕二:うん。

太田光:その前で言えば、投票率が高ければ、若者は投票に行くから、若者は残留に入れるから、投票率が高ければ残留のはずだった。

柴田秀一:はい、はい。

太田光:ブックメーカーなんか、圧倒的に残留だ、と。

田中裕二:うん。

太田光:ということだったけど、投票率高かった、なおかつ離脱になっちゃった。

江藤愛:投票率72%ということで。

太田光:この読めなさ。これが凄く不思議なのと、あとみんな経済的な面で捉えてるけど、俺はもっと大きな問題として、それこそ僕ら子供の時からヨーロッパ共同体、ヨーロッパが一つになって、思想的にももっと戦争とか、争いのないようにね。

柴田秀一:なくなるように。

太田光:それで、みんな一つになりましょうよっていうことの一端が崩れたってことの方が、経済的なリスクってことよりも、大きいような気がするんだよね。

柴田秀一:新華社通信かなんかが伝えていましたが、要するに西側の資本主義的な経済の繋がりっていうのは、民族主義にこれで負けたんだ、みたいな。

田中裕二:うん。

柴田秀一:民族主義とかそういうものが台頭すると、西側の経済というのは、経済の循環でいかないんだというような言い方をしていましたけど。

田中裕二:うん。

柴田秀一:当たらずといえども遠からじなところがあって。今、だからフランスだって、離脱するかもしれない。イタリアのローマ市長はEU離脱派だとか。

太田光:世界的に、そういうタカ派というかね。

田中裕二:そうだね。

柴田秀一:要するに一番の問題は、一国であれば貨幣の流通量なんかも自分の国で決定できるし、それから移民を排斥することも自分の国ではできるだろう、と。排斥とまではいかないけれども、移民の量を少なくすることは自分の国でもできるだろう、と。

太田光:うん。

柴田秀一:そういうことが、自分に国でやりたいというのが、今回のイギリスの高齢者の方が投票した所以じゃないかなっていうところですね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:山本彩、NMB48のメンバーがホテルのペイチャンネルを観ていたと暴露「興味本位で…」

前の記事:カンニング竹山、ベッキーの穴埋めで過労・体調不良との報道を否定「ビンビンに元気だ」