TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ、ロッチ「お笑い芸能事務所の違い」

おぎやはぎ、ロッチ「お笑い芸能事務所の違い」

2010.10.16 (Sat)
2010年10月14日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、ロッチ(コカドケンタロウ、中岡創一)がゲスト出演していた。

矢作「コカドくんは、吉本、人力舎、ナベプロって事務所を移ったでしょ。全部雰囲気違うでしょ?それぞれのカラーというか」

コカド「全然違いますね」

矢作「その違いを教えて」

コカド「まず、吉本から人力舎に移ってからの、楽さが全然違うんですよ。大阪だったら、9割が吉本じゃないですか。だから、大阪だと事務所を選ぶ、みたいなのがほとんどないんです。東京に来てビックリしましたよ。こんなに事務所があるってことに」

小木「よく人力舎を選んだよね」

コカド「その時に、オンエアバトルとかを見ていて、『人力舎』って名前をよく聞いたんです。でも、大阪からしたら全然知らなかった」

小木「その中で、好成績を収めていたよね」

コカド「みんな面白いんですよ。だけど、全然、テレビに出られていなかった。これは、事務所のせいだ、と気がついたんです。こんなに面白い人がいっぱいいるのに、テレビに出られないのは完全に事務所のせいだって思ったんです」

矢作「良い判断だね。冷静だ」

コカド「それで、人力舎を辞めたんです。東京っていうのは事務所の力がスゴイってことを聞いて、大手の事務所に行こうってことになって、ナベプロに入ったんです。そうしたら、行った瞬間に人力舎に居た人たちがどんどんテレビに出だして。はねるのトびらにドランクドラゴンとか、アンタッチャブルとかおぎやはぎとかね」

小木「うんうん」

コカド「事務所に残ってたら良かったって思ったんですけど、もう遅いですからね」

小木「でも、良い選択だと思うよ」

さらに、以下のように語っていた。

コカド「人力舎は先輩後輩の関係もフワフワしていて。聞いた話では、おぎやはぎのほうが後輩なのに、おぎやはぎさんが上の立場にいる、みたいな。吉本だったら考えられない話ですよ」

小木「うん」

コカド「なんなんだと。年数少ないくせに、上の立場にいると。でも、おぎやはぎさんだから良い、みたいな。訳の分からない話ですよ」

コカド「東京の事務所はそうなのかなって思ったんですけど、ナベプロに行ったら全然そんなことなくて。やっぱり、人力舎が特殊なんだって思って。…あと、ナベプロは結構、元・吉本の芸人って、結構居て。ザブングルとか。ゴリけんとかね。ゴリけんは、吉本では僕の後輩だったんですけど、ナベプロでは結構上なんですよ」

矢作「ほう」

コカド「それで、僕が入ったことで変な感じになって。ナベプロでは上だけど、僕らの方が先輩として接している、みたいな。ナベプロだけで考えると全然下なんで。あと、超新塾も、吉本では全然あちらのほうが先輩ですけどね。だけど、ナベプロに入ってきたのは僕らより後ですからね」

矢作「へぇ。超新塾って、次長課長と同期だよね。だから、俺らより先輩ってことだよね」

コカド「次長課長さんとかって、どう接してるんですか?敬語ですか?」

矢作「俺らは、初めて会ったら必ず敬語よ。誰でも。社会人としてね」

コカド「スピードワゴンさんは?」

矢作「先輩らしいけど、スゲェ媚びてくるから、後輩ってことにしてる。下から来るから。向こうがそうしてくるから、そうしているだけ」

小木「スピードワゴンは、バナナマンの後輩だからね。バナナマンは俺らの大先輩だけど、タメ口でやっているから。そういうところもあるよね」

コカド「東京に出て来て、『この(年数の)計算、どうしたら良いんだ?』みたいな感じになるんですけどね。面倒くさいんです」

矢作「全部敬語で良いんだよね。基本は」

コカド「でも、番組とかでツッコミとかをするときに困るんですよね」と語っていた。

笑魂シリーズ ロッチ 「バナナチェリー」
笑魂シリーズ ロッチ 「バナナチェリー」 [DVD]
ビクターエンタテインメント 2008-12-03
売り上げランキング : 28134

おすすめ平均 star
star内容はGood
starうーん…
star実力あるけど・・・。次に期待

Amazonで詳しく見る


【関連記事】
バナナマンは事務所の後輩芸人に恐れられている

オードリー・春日「父親が個人事務所を作ろうとしている」

アンタッチャブル 「三冠を狙う人力舎」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ロッチ,おぎやはぎ,人力舎,吉本興業,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイナイ・矢部「めちゃイケ新メンバー特番を振り返る」

前の記事:おぎやはぎ、ロッチ・長岡 「社会人から芸人になったワケ」