TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、AV出演強要問題で女性に対し呼びかけ「合意がないのに仕事をさせる事務所に、所属し続けるべきでない」

伊集院光、AV出演強要問題で女性に対し呼びかけ「合意がないのに仕事をさせる事務所に、所属し続けるべきでない」

2016.06.14 (Tue)
2016年6月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、所属する女性モデルをAV撮影に派遣したとして、労働者派遣法違反の疑いで芸能プロダクション「マークスジャパン」の元社長ら3人が逮捕された件について、「合意がないのに仕事をさせる事務所に、所属し続けるべきでない」「甘い言葉で、間違った知識のまま入ってくるのは絶対にダメです」と女性たちに対し呼びかけていた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る


伊集院光:AVの話、昼間からというところはちょっとあるんですけどね。とにかく、この業界のことを知らない、それで足を踏み入れないほうが良いです。少なくとも、あなたとの合意がないにも関わらず、裸の仕事をさせようとするような事務所に、所属し続けようという意識を持たない方が良いです。

安田美香:うん。

伊集院光:それはあなたの思っているような、今からたとえば、そういう会社に入ろう、もしくはそういうことを明日言われるかもしれない。モデルになったと思ったのにも関わらず、AVの仕事を急にさせられる。

安田美香:はい。

伊集院光:それが契約違反だって言われたりとか、中には「もうこれだけ用意ができているから取り返しがつかないんだ」みたいなことを言われてね。でも、この事務所に契約を解除されたら、自分はたとえば芸能界の入り口を失っちゃうんだって思う方がいるとするならば、その入り口は合ってないです。その入り口は繋がってないです。

安田美香:はい。

伊集院光:だから、勇気を持って断ることだし、大きな声を出しても良いし。そういう理不尽な契約は、どうやったって無効にできるはずですから、そこを言いくるめられないように、その知識を持って欲しい。

安田美香:そうですね。

伊集院光:それで、こういう苦労をいっぱいしている人。こういう酷い目に遭っている人が、いっぱいいる。だから、この人たち、こういう人達が生まれないようにすることで、逆に言うとね、自分は一緒にバラエティ番組の仕事をしている、セクシー女優の子達がいて。

安田美香:はい。

伊集院光:これも、48歳のおじさんには、なかなか分からないところもあるんだけど、本当にセクシー女優になりたくて、本当にまっすぐに目指してきた子もいるんです。

安田美香:はい。

伊集院光:その子は、逆に今インタビューで、「とにかく苦労しているでしょ、酷い目に遭っているでしょ」ということをあまりに訊かれるんで。人は色んな夢を持ってくるので、何かそういう覚悟を持って、正確な情報も持って入ってきて、一生懸命この仕事をすることに関しては、僕は良いと思います。

安田美香:うん。

伊集院光:だけど、こういうことに巻き込まれないようにするために、色んな文句があるんですね。昔よくあったのは、「飯島愛さんみたいになれる」と。ゴールデン番組に出て、本で賞をとって、と。

安田美香:ああ。

伊集院光:もう、本当に特殊な才能ですよ。彼女特殊な才能と覚悟で、彼女はあそこまで行ったのを、あたかもみんななれるように言ったりとかね。

安田美香:うん。

伊集院光:そういうことには、惑わされないで欲しいし。やっぱりね、ちょっと思うのは、この伊集院光というスケベなおっさんの世界と、女の子達が想像している世界が、ちょっと違うと思うのは、「絶対にバレないから」とか言いますけど、それはね、女性が思っている以上に、皆さん思っている以上に僕は見ます(笑)

安田美香:ふふ(笑)

伊集院光:いや本当にね、そういう甘い言葉で、間違った知識のまま入ってくるのは絶対にダメです。ちゃんと職業として選んで、清く正しくエッチなビデオに出るのに関しては、それは本人が頑張れば良いと思うんで。

中村尚登:やっぱり、契約書というのはきちんと交わすわけですからね。自分自身も、そこのところを本当よく注意して見るということが一番大切ですよね。

伊集院光:はい。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:やくみつる、舛添都知事の定例会見で記者がした質問に爆笑「どうやったら辞めていただけるんですか?」

前の記事:有吉弘行、アンタ柴田がファンキー加藤への神対応を賞賛されたことに難癖「どうせ嫁と別れたかったんだから…」

本日の注目記事