TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、「日本一のツッコミ」くりぃむ上田がボケると途端につまらなくなると暴露「小学生レベルだな」

爆笑問題・太田、「日本一のツッコミ」くりぃむ上田がボケると途端につまらなくなると暴露「小学生レベルだな」

2016.06.08 (Wed)
2016年6月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、日本一のツッコミと評するくりぃむしちゅー・上田晋也がボケに回ると、途端につまらなくなると暴露していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:黒い交際してるだろ?

田中裕二:黒い交際、ねぇよ。黒猫くらいだよ、黒い交際ってあるとしても。

太田光:上手いね(笑)

田中裕二:上手いね、どうも(笑)

太田光:上手いこと言うね、黒猫との交際ってまた。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:たとえがやっぱり。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:凄いね、瞬発的に出たの?

田中裕二:ふふ(笑)そうだよ!(笑)

太田光:ああ、上手い。

田中裕二:それはそうだろうがよ。

太田光:これは凄いね。

田中裕二:だって、嫌いだもん。

太田光:ツッコミ凄いね。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:この間ね、くりぃむの上田とさ…俺、この前、『ぶっちゃけ寺』で伊勢神宮に行ってきたんですよ。

田中裕二:はい、はい。

太田光:その時に、朝3時起きくらいで、朝から酷い目に遭って。

田中裕二:酷い目って(笑)

太田光:あっちから、こっちから、こき使われて。

田中裕二:うん。

太田光:それで、前乗りだったから、珍しく。

田中裕二:はい、はい。

太田光:ホテルで起きて、4時くらいですよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、僕は毎日の日課で腕立て、腹筋を全部やった後に、ネットで各紙、読売、朝日、毎日、産経、それからスポーツ紙だと、スポニチ、ニッカン。それで、各社説を読むんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:その後、芸能ニュースを読むんです。そしたら、古舘さんが『おしゃれイズム』に出るっていうんで、「収録済み」みたいなのが書いてあって。

田中裕二:うん。

太田光:「古舘さん、『サンジャポ』に出て欲しいな」って思ってたから、上田にさ、「古舘さんってどうだった?元気だった?」みたいなのメールしたんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、ずーっとロケですよ、その後に。

田中裕二:うん。

太田光:それでさ、上田ってさ、アイツはツッコミ日本一ですよ。

田中裕二:うん。

太田光:「ローマ帝国の○○か」みたいなの言うじゃない?

田中裕二:たとえツッコミね。

太田光:偏差値の高いツッコミ。

田中裕二:はい、はい。

太田光:そしたら、「古舘さん、どうだった?」ってメール送ったら、昼ごろに休憩になった時に、メールチェックしたら、上田から2通きてて。一個目は、7時くらいのメールで。

田中裕二:うん。

太田光:「いつも通り、古舘節で凄い元気そうだったよ」って。

田中裕二:うん。

太田光:「…っていうかお前、何時にメールしてきてんだよ?早ぇよ」と。

田中裕二:うん。

太田光:「早ぇんだよ。寝ろ!」って書いてあって(笑)

田中裕二:うん(笑)

太田光:その2個目のメールが、「ああ、そうか。ピーちゃん今日、お伊勢様か」って書いてあるわけ。

田中裕二:うん。

太田光:俺、お伊勢参りとか何も言ってないんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:「おかしいな、なんで上田知ってるんだろう」って思って。

田中裕二:うん。

太田光:それで、すぐメールしたの。

田中裕二:うん。

太田光:「なんで俺が伊勢神宮にいること知ってるの?」って。そしたら、帰ってきたメールが凄いよ。

田中裕二:なに?

太田光:ボケなんだけどね、「俺は、ビッグバン以降のことは全部知ってるんだよ」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:アイツさ、ツッコミだとあんなに偏差値高いツッコミするのに、この偏差値の低いボケ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:俺、もうビックリしちゃってさ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「コイツ、ボケるとこんなにつまんなくなるのか」って。ビックリしちゃってさ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:一瞬、固まっちゃってさ。「スゲェダメだな、コイツ」って思ってさ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:それでさ、「ああ、そうなんだ」って普通に返して。

田中裕二:「そうなんだ」じゃねぇよ(笑)

太田光:「そのボケ、いただきました」って書いて送ったらさ、返ってきたメールが、「まあ、いつでも聞きたまえ」みたいな。「コイツ、幼稚だな」って思って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「コイツ、小学生レベルだな」って思って。

田中裕二:うん(笑)

太田光:それで、その日にお前とゴルフ行ってたらいいじゃない。それで聞いたんだよな?

田中裕二:そうなんだよ。大体、まず、ゴルフもね8時くらいからゴルフをやってて。それで、上田が「…っていうかさ、アンタの相方、俺のこと大好きか」って訊いてきたの(笑)

太田光:ふふ(笑)

田中裕二:「なんだよ、どうした?」って言ったら、「朝からアイツ、メールしてきやがってよ」って。

太田光:うん(笑)

田中裕二:「なんなんだよ、早朝からよ」って言って、「ああ、そうだ。アイツ、ロケで伊勢神宮行ってんだよ」って。

太田光:そう、それで知ったんだよね。

田中裕二:「朝早いって、多分、ロケで起きて、それで送ったんだね」「ああ、そうなんだ」って会話はしてんの。

太田光:それで多分、返ってきたんだね。

田中裕二:そう、そう。

太田光:「なんで?」って訊いたらさ、「俺は、ビッグバン以降のことは、全部知ってるんだ。はっはっはっ(笑)」みたいな。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「コイツ、レベル低い」って思って(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:それで、「いただきます」って言ったら、「とっときたまえ」みたいな感じなの。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「コイツ、バカにされてること、分かってねぇな」って。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:それで今日、柴田のニュースあったじゃん。アイツ(上田)、柴田と仲良いから。

田中裕二:仲良いからね。

太田光:さっそくメールして、「全然知らなかったから、お前、柴田のことなんか知ってた?どうなってんの?アイツ」って言ったら、「いや、俺もよく分かんないんだよね。今日、初めて聞いたから」って。

田中裕二:うん。

太田光:で、「あれ?ビッグバン以降のこと、全部、知ってるはずだよね?」って返したわけよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、「どう返ってくるかな?」って思ったら、「ああ、あの柴田の事件ね、ビッグバンとほぼ同時に起きたから」って。それ、上手くもなんともないし。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:アイツ、そんな乱暴な返しなんだって。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:凄くない?そのレベルの低さ(笑)「ビッグバンが、138億年前だから、たしか柴田の事件は、その40年前くらいに起きてるから、俺は知らない」って。コイツさ、レベル低過ぎるなって。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:で、俺が「分かりました」って送ったら、キレたメールがきて。「なんだ、その人をバカしたようなツッコミは!」みたいな(笑)

田中裕二:そう、そう(笑)

太田光:凄いよね、アイツ。本当にバカボンパパじゃねぇかって。バカボンパパレベルだよ。

田中裕二:ふふ(笑)たしかにね(笑)

太田光:アイツ、ボケになるとからっきしダメだね。

田中裕二:ボケたがるのはボケたがるけどね。好きは、好きなんだけどね。元々、ボケやってたからね。海砂利水魚の最初は。

太田光:だから、また「いただいました」って返したら、「え?いただきましたって何が?」って、普通に返してくるんだよ。「コイツ、本当に鈍いな」って。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「ボケをいただきました」って言ったら、「とっときなさい」って、「バカじゃねぇの、コイツ。人にバカにされてること、分かんねぇんだな」って(笑)

田中裕二:いやいや(笑)ただ、言ってたよ。「ピーちゃん、最近、毎日メールしてきてさ」って言ってたから、多分、スゲェ面倒くせぇんだと思う(笑)

太田光:ふふ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,くりぃむしちゅー,上田晋也,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、くりぃむ上田の「たとえツッコミ」の原理を分析「ボケが言うようなことを、ツッコミとして言う」

前の記事:爆笑問題・田中、購入したクリームパン代も経費に計上しようとして注意された過去「下りるわけねぇだろ」

本日の注目記事