TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、三菱自動車の日産傘下入りで迎えた浦和レッズの危機に言及「最悪、企業を切って市民球団としてやって」

土田晃之、三菱自動車の日産傘下入りで迎えた浦和レッズの危機に言及「最悪、企業を切って市民球団としてやって」

2016.05.16 (Mon)
2016年5月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、浦和レッズの親会社の三菱自動車が横浜F・マリノスの筆頭株主・日産自動車の傘下に入ることで、1企業が2つのクラブを所有することを禁止しているJリーグ規約に抵触する可能性があることについて言及していた。

納得させる話力
納得させる話力土田晃之

双葉社 2015-03-25

Amazonで詳しく見る

土田晃之:最近の一番の問題は、浦和レッズ事件なんです。これも、サッカー興味ない人は知らないと思いますけど。浦和レッズ、レッドダイヤモンズ。大本の会社、一番株を持っていた大本の会社というのが、三菱自動車なんです。

三菱自動車というのは、世間の人も知ってると思いますけど、燃費のところの改ざんというか、嘘だったみたいのがあって。三菱の軽自動車が全く売れなくなっているとなって。

三菱自動車が、日産自動車の子会社になったんですよね。となると、サッカーでいうとこれ問題なんです。プロ野球とかもそうですけど、1つのオーナー企業に対して、1チームなんですよ、ルールは。

ということは、日産自動車というのは横浜Fマリノスというチームを持っているんですよ。となると、日産が大本の会社になっちゃうわけだから、三菱は残るんですけど、名前はあるんだけど、大本は日産に吸収されちゃったわけでしょ。

そうなると、1つの会社からマリノスとレッドダイヤモンズの2チームを持つのはどういうことなのか、とこの先なるんじゃないかと。そうなったら、マリノスに吸収されちゃうんじゃないかっていう噂もあるんです。ならないでしょうけども。

「そうなったら、マリノスどうなっちゃうの?」という。元々、フリューゲルスというチームも吸収しているわけですもんね。横浜FマリノスのFは、フリューゲルスのFだから。


だから、この間もレッズの社長が「そんなことはない」みたいな。だから、株を持っている会社のその割合がどうとかこうとかいろいろあるんですけど。とにかく、だからもう最悪、企業を切って市民球団としてね、レッズやってもらいたいなと思って。

だって埼玉、浦和レッズは本当にお客さんもいっぱいいるし、サポーターもいっぱいいるんで。みんなでお金を出して、チームとして成り立つとなるなら、僕もそれは出しますもん。それは出しますよ。ガッと、5万出します、俺は。

…5億?いやいや、5億あったら、俺、本当メインスポンサーになるわ(笑)5億あったら、俺、家買ってるわ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 土田晃之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:有吉弘行、政治資金の私的流用問題で揺れる舛添要一を呼び捨ての上にアダ名を命名「ハゲ暴れ牛こと舛添ですよ」

前の記事:土田晃之、ベッキーの『金スマ』出演・涙の謝罪に疑問「(不倫自体より)良くなかったのは会見だからね」

本日の注目記事