TOPデブッタンテ ≫ ハライチ澤部、妻の第二子出産に立ち会って母の強さを実感「陣痛で苦しんでる中、長女をあやして」

ハライチ澤部、妻の第二子出産に立ち会って母の強さを実感「陣痛で苦しんでる中、長女をあやして」

2016.05.09 (Mon)
2016年5月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『デブッタンテ』(毎週土 27:00-28:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、妻の第二子出産に立ち会って、そこで母としての強さを実感したと語っていた。

ハライチ「ハライチ」
ハライチ「ハライチ」 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-02-24

Amazonで詳しく見る


澤部佑:1人目の時もそうだったんだけど、今回も『デブッタンテ』後だったんですね、生まれたのが。

岩井勇気:ああ、そっか。収録の後か。

澤部佑:『デブッタンテ』の時と重なるね。先週のこの録音した後に、生まれたんですけど。

岩井勇気:ああ、何時くらい?

澤部佑:12時くらいに寝ようって。その時、奥さんは「ちょっとお腹痛い…けど、まだ別に」くらいの。「まだちょっと先かなぁ」って話しをして。それで、寝て。

岩井勇気:うん。

澤部佑:そしたら、2時過ぎくらいに起こされて。「そろそろ行こうかな」って。

岩井勇気:高台に?

澤部佑:高台にじゃないんだよ(笑)「そろそろ、夫婦漫才始めましょうか」じゃないんだよ、別に(笑)

岩井勇気:フリフリの衣装を買いに?

澤部佑:「フリフリの衣装を買いに」じゃないの(笑)(宮川大助・)花子師匠のフリフリの衣装、デカ目のリボン、丸い眼鏡と、じゃないのよ(笑)

岩井勇気:うん。

澤部佑:2人目ってこともあって、ちょっと落ち着きもあんのかな。

岩井勇気:ああ。

澤部佑:どっしりとして。本当にそれこそ師匠、みたいな感じよ(笑)

岩井勇気:ああ、そう(笑)

澤部佑:噺家の師匠が高座に上がる前、みたいな(笑)

岩井勇気:うん。

澤部佑:「ええ…そろそろ行こうか」みたいな(笑)

岩井勇気:へぇ(笑)

澤部佑:やっぱり、経験値っていうのは凄いね。

岩井勇気:恥ずかしくない?

澤部佑:何が?

岩井勇気:「私、分かってます感」みたいな、その感じ(笑)2人目で出すの恥ずかしくない?(笑)

澤部佑:1人経験してるからね。

岩井勇気:3人目くらいならいいけど。

澤部佑:俺も、1人目の時よりは落ち着いてんのね。さすがにそこまで慌てふためかないというかな。荷物とかも用意して。そのまま入院になるからね。

岩井勇気:うん。

澤部佑:タクシー急いで呼んで、それで向かって。それで、まず部屋に通されるのね。入院する時の部屋に。

岩井勇気:うん。

澤部佑:陣痛の間隔が短くなって、「生まれる」ってなったら、分娩室に行きますよ、みたいな。よきところまで待機で。

岩井勇気:うん。

澤部佑:そしたら、やっぱり痛みが凄いんですね。陣痛っていうのは。

岩井勇気:うん。

澤部佑:「痛い!痛い!痛い!」が、今回もそうで。「痛い!痛い!痛い!ウ~ワオ、ワオ」みたいな、M-1の出囃子に聞こえる(笑)澤部の嫁おなじみの、陣痛の痛みがM-1出囃子に聞こえるパターンが今回も出るね。

岩井勇気:大助・花子師匠きた?

澤部佑:10年目いないじゃないけど、使いたくなっちゃうね。「痛い!痛い!痛い!ウ~ワオ、ワオ」って、今回もなったよね(笑)

岩井勇気:ふふ(笑)

澤部佑:それと同時に、先生が入ってくる、みたいな。部屋に。

岩井勇気:それないと入ってこれないからね(笑)

澤部佑:出囃子がないと入ってこれないからね(笑)それで、「痛い、痛い」ってなってるけど、1人産んでる母親の凄さっていうか。それで、長女も一緒の空間にいるわけよ。置いておくわけにはいかないから。連れてく途中で起きちゃってるし、その状態でいるわけよ。

岩井勇気:何歳だっけ?

澤部佑:5月で2歳よ。お母さんがそういう状態だし、泣いちゃうわけよ。俺があやすけど、今は「ママ、ママ」だからね。それで、ママが「痛い、痛い」の中であやす、みたいなさ。ママの強さね。

岩井勇気:ああ、そうなんだ。

澤部佑:「痛い!痛い!ヤダ!痛い…こっちおいで」みたいな(笑)

岩井勇気:ふふ(笑)

澤部佑:あやすんだよ。凄いよ。

岩井勇気:へぇ。

澤部佑:それで子供も泣き止むんだよね。凄いよ。

岩井勇気:泣き止むんだ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ハライチ,澤部佑,岩井勇気,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  デブッタンテ
次の記事:ハライチ澤部、第二子が仕事に出る間際で生まれてくれたことに感謝「もう、サバンナ高橋さんくらい空気読める」

前の記事:土田晃之、サッカー韓国チームのテーピング投げ捨て問題に激怒「『韓国では当たり前』なんて言い訳、通じるのかな?」