TOP伊集院光とらじおと ≫ 三遊亭円楽、自分との関係を整理して悩みを解決するための方法をアドバイス「との字の発想」

三遊亭円楽、自分との関係を整理して悩みを解決するための方法をアドバイス「との字の発想」

2016.04.23 (Sat)
2016年4月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30 -11:00)にて、落語家・三遊亭円楽がゲスト出演し、自分との関係を整理し、悩みを解決するための「との字の発想」をアドバイスしていた。

六代目三遊亭圓楽襲名記念 三遊亭楽太郎十八番集
六代目三遊亭圓楽襲名記念 三遊亭楽太郎十八番集1三遊亭楽太郎

テイチクエンタテインメント 2010-03-01

Amazonで詳しく見る


三遊亭円楽:「と」というのは、まさに足し算だから。接点だから。

吉井歌奈子:はい。

三遊亭円楽:私、よく言うの。「ちょっと悩んだ時に、『と』の字を入れてごらん。見えてくるから」って。

吉井歌奈子:ああ。

三遊亭円楽:たとえば、今回の大震災でも「自分と熊本」とか。あるいは、「自分と師匠」とか。「自分とラジオ」「自分と仕事」「自分と食事」…って、みんな繋がってくるでしょ?

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:「と」の字っていうのは、「足す」だから。どんどんどんどん、自分とゲートボールと若手と学校と地域と…って足してけば、何か見えてくるでしょ?全部、足し算でいける。そこから要らないものを今度は引き算すればいいんだから。

伊集院光:はい。

三遊亭円楽:残ったのが、自分に必要な要素だよ。

伊集院光:なるほど、足せるだけ足して、「これは手に負えない」ってヤツは引けば。

三遊亭円楽:そう、そう。邪魔なものは外す。

伊集院光:それができる最高の形になるっていう。

三遊亭円楽:設計図が出来上がるから。

伊集院光:今度、インタビューかなんかで、この番組名の由来を訊かれたら、それパクっていいですか?

吉井歌奈子:はっはっはっ(笑)

三遊亭円楽:ああ、いいよ。

伊集院光:あんまり考えずに付けちゃったもんですから。

三遊亭円楽:僕、講演でも言ってんの。「との字の発想」っていうのは。

伊集院光:へぇ。

三遊亭円楽:「自分とお寺」「自分と○○」って。そうすると、「関係ないよ」って言えなくなってくる。

吉井歌奈子:ええ。

三遊亭円楽:「自分と学校」「自分と両親」「自分とラジオ」って考えれば、「との字」が入るだけで見えてくるよって。

吉井歌奈子:さすが師匠ですね。良い由来ができましたね(笑)

三遊亭円楽:「と」が無いと、寂しいし、物騒だからね。

伊集院光:ただ、帰っちゃったあとは、俺の発想として喋るけどね。

吉井歌奈子:それ、泥棒(笑)

伊集院光:弟子っていうのはいいんだから。師匠から受け継いで良いんだからね、そういう考え方をね(笑)

三遊亭円楽:そう、そう(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,三遊亭円楽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、落語家として三遊亭円楽に入門できた理由を明かす「叔父が先代の円楽の弟と知り合い」

前の記事:三遊亭円楽、立川談志が先代の円楽死去の際に語ったことを明かす「円楽の背負ってるものは、大きかったからな」

本日の注目記事