TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、師匠・三遊亭円楽に学んだ処世術「処世術っていうのは、どこの堀を埋めておくか」

伊集院光、師匠・三遊亭円楽に学んだ処世術「処世術っていうのは、どこの堀を埋めておくか」

2016.04.23 (Sat)
2016年4月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30 -11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家時代の師匠・三遊亭円楽をゲストに招き、そこで、円楽が処世術において大切なことを語っていた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

三遊亭円楽:でも、よく(『大沢悠里のゆうゆうワイド』の枠を)乗っ取ったよな。

伊集院光:はっはっはっ(笑)そういうことを言わないでくださいよ(笑)

三遊亭円楽:その下から回していく力。"深夜の馬鹿力"というか、大したもんだ。そういう処世術をね、私がみんな教えた。

伊集院光:そうなんですよ(笑)

三遊亭円楽:空きそうなところがあったら、先に裏から回って、スタッフに、あるいはスポンサーに唾を付けておけよ、と。

伊集院光:師匠、それで歌丸師匠と仲良いんですよね?

三遊亭円楽:仲良い、仲良い。それからサントリー、龍角散ね。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

三遊亭円楽:それから日本香堂。私がなんかあった時に、降ろされそうになったこと、何回かあるの。

伊集院光:あ、そうですか?

三遊亭円楽:その時に、サントリーの昔の杉村専務やなんかが、「あの子は降ろしたらいかん」ってこれだよ、一言。

伊集院光:そのやり方を教えていただけますか?

三遊亭円楽:(腕をパンパンと鳴らす)

伊集院光:腕、パンパン鳴らしてますけど(笑)僕、落語はもういいんで、そのやり方を教えていただけますか(笑)

三遊亭円楽:処世術っていうのは、どこの堀を埋めておくかっていう。自分が入っていく堀を埋めておけば。あとは、忍者になることだね。

伊集院光:忍者?

三遊亭円楽:草と一緒でね、ずーっと耐えて、耐えてね。いつかパッとね転覆をさせるんだ。

吉井歌奈子:隠れて、様子を伺うんですね。

三遊亭円楽:そう、そう。それであちこちに種を仕込んでおいてね。

伊集院光:あのね、ヨイショじゃないんですけどね…

三遊亭円楽:ヨイショはダメ。その場過ぎだから。

伊集院光:バレるんですよ。これがバレるんですよ。

三遊亭円楽:仕込みというのはね、十分な仕込みをしておけばね、後でね、芽が生えるんだよ。

吉井歌奈子:人間観察力が凄い必要ですね。

三遊亭円楽:だから、宮仕えの方でも、何を担ぐか、どこに付くかでしょ?専務派なのか、社長派なのか、会長派なのか。これ、一歩間違えたら、本当にヒドイからね。

伊集院光:裏に入ったら、それは…

三遊亭円楽:裏目引いたら、あとは諦めるかね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,三遊亭円楽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、三遊亭円楽が師匠に気に入られるために行った伝説的な処世術を語る「他の前座がどんどんクビに」

前の記事:伊集院光、師匠・三遊亭円楽を大沢悠里の後継番組に招いて強烈な毒舌を言われる「でも、よく乗っ取ったよな」

本日の注目記事