TOPウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン ≫ ウーマン村本、ジャルジャルと『内村てらす』で褒め合うどころか悪口の応酬「ギスギスした感じに」

ウーマン村本、ジャルジャルと『内村てらす』で褒め合うどころか悪口の応酬「ギスギスした感じに」

2016.03.22 (Tue)
2016年3月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、ジャルジャルと日本テレビ系の番組『内村てらす』に出演し、褒め合うどころか悪口の応酬となったと明かしていた。

村本論:妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日
村本論: 妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日村本大輔

小学館 2015-12-22

Amazonで詳しく見る

村本大輔:日曜日に、番組に出させていただいて。内村(光良)さんのね、『内村てらす』って番組の収録に行かせていただいて。まだオンエアされてないんですけど。

ジャルジャルの応援みたいな感じで。仲良しゲストみたいな感じで出させていただいたんですよ。そこで、ジャルジャルの面白さを僕が伝える、みたいな。「ジャルジャルとは昔から仲良くて」みたいな。

僕は、ジャルジャルの先輩で。ジャルジャルが大阪吉本の25期生で、僕が22期生で。3年、僕よりも下で。

それで、福徳とはずっと仲良くて。福徳はね、そんな色んな先輩とつるまなくて。僕もつるまなくて。結構、公平に物事を見てるから、「あの先輩はこうだ」「あの後輩はこうだ」っていうのを、結構、冷静に見てる。

僕はね、みるきーしげおと仲良いんですけど、みるきーしげおがエピソードトーク喋るじゃないですか。でも、ポンコツな雰囲気出てるから。そういう目で見るから、みるきーしげおの話、笑わないんですよね。でも、福徳はちゃんと話を聞いて、めっちゃ笑うんですよ。

だから、「その人が言うから面白い」とかじゃなくて、その話自体がちゃんと面白いかどうかって聞くヤツなんですよね。冷静なヤツで。仲良いってことで、ジャルジャルがわざわざ呼んでくれて。それで、出させていただいてトークするんですけど。

その中でね、内村さんが「お互い、昔からどんな感じなの?」って訊いてくださって。僕はその時、「凄い面白いヤツらですよ」と。ある芸人さんが褒めてくれたりとか、「凄いヤツらですよ」ってことを僕は言ったんですよ。アイツらの裏話とかね。だって、そういう立ち位置で呼ばれてますからね。

それで、「ジャルジャル、(村本のことを)どうなの?」って振られた時に、後藤がね、「漫才は凄い。ただ、凄いだけでそんなに笑えない」みたいな(笑)ちょっと、ガチめなことをね(笑)

「漫才は凄い。だけど、凄いだけ」ってことを言うてくるわけですよね。「畑が違う、俺たちとは」と。僕は「ん?」ってなって。「お、コイツ、急に殴ってきやがったな」と。「一発、浴びせてきやがった」と。

僕は、カウンターパンチ一本で下町からのし上がってきてますから。「この俺相手に、急に浴びせてきやがった」と。ビックリしましたよ、正直。褒める体(てい)で行ってるから、それを一発、殴ってくるなんて思わんかったから。

「ん?」って思って。僕もその時、「ジャルジャルは、ネタが面白いって玄人の人は言ってますけど、スタジオ向いてないよね」みたいな感じで言って(笑)ほんなら、またジャルジャルが「ウーマンさんは、ロケ、安牌のパラダイスいじりしかせぇへん」と(笑)

「ああ…」って伺うわけですね。内村さんも、「あれ?あれ?」みたいな。この番組は、褒め合う番組なんですよ。それがちょっとギスギスした感じになってきた。

僕は、「ジャルジャルのネタも、凄い好きやけど、正直、あんまり面白いとは思わん」みたいなことを言って、やり合いが続いて。それで、最終的に面白い番組ですから、内村さんにさばいて頂いて、笑いになって。

そのまま終わって。帰りのタクシーの中ですよ。そこで、急に来るんですよね。「はぁ?なんで俺、急に殴られたん?」って。「なんで俺、アレ言われたんやろ」みたいな感じで。「なんで俺、褒めにいったのに、こんなことされたんやろ」ってなって。

そっから、めっちゃこのラジオでその悪口を言うために、タクシーの中でめっちゃ考えたんですよ。僕の得意な欠席裁判ですよ。いないところで言うってヤツですよ(笑)それで良かった、と。このラジオがあと1回あって。それを言う場所があって。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 村本大輔,ジャルジャル,内村光良,ウーマンラッシュアワー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン
次の記事:ウーマン村本、ジャルジャルの変化球的なコント・漫才を批評「2回見たらもう読めますよね」

前の記事:ウーマン村本、ヒロミの息子がラジオ番組を見学しに来ていて驚く「トークの勉強ってことで」