TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、R-1グランプリ2016は全てのM-1やキングオブコントなどの賞レースで「ベスト3に入る面白さ」

オードリー若林、R-1グランプリ2016は全てのM-1やキングオブコントなどの賞レースで「ベスト3に入る面白さ」

2016.03.14 (Mon)
2016年3月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、R-1グランプリ2016は、M-1グランプリやTHE MANZAI、キングオブコントなど全ての賞レースの中で「ベスト3に入る面白さ」であったと評していた。

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ講談社

講談社 2010-09-24

Amazonで詳しく見る

若林正恭:そういえば、R-1観た?

春日俊彰:R-1、観た。

若林正恭:観たんかい!お前。…そういえば、M-1観た?

春日俊彰:観てない、まだ。

若林正恭:お前、まだM-1観てないの?

春日俊彰:うん。結果を知っちゃってるからね、M-1は。R-1は奇跡的に、その次の日かな、観たのよ。結果を全く入れずに。

若林正恭:そういうもんなんだね?お前の中で。

春日俊彰:「誰なんだ?優勝は」っていう、生感覚で観れたから。

若林正恭:ああ、そういう感覚で観てるんだね。

春日俊彰:ネットとか、スマホとかなるべくイジらないようにして。外から誰も情報が入ってこなくて。周り、その話を誰もしてなかったし。

若林正恭:M-1は結果を知っちゃってるから?

春日俊彰:そう。結果知ってるスポーツの試合とか観ないでしょ?

若林正恭:俺は結構、アメフトとかの試合も観るんだけど、結果知ってても。

春日俊彰:よっぽどじゃないとさ。

若林正恭:俺はアメフトとか、結果知ってても観るんだけど。

春日俊彰:よっぽどじゃないとさ。

若林正恭:本当にさ、バカなのかな?

春日俊彰:ふふ(笑)バカではないよ(笑)

若林正恭:バカなのかなって。アメフトにパッてたとえたら、「バカなのかな、春日って」って思ったの。

春日俊彰:なんでバカなのよ。

若林正恭:だって、アメフトで結果知ってても、どういう流れとかあるし、「こういうプレイを攻略されちゃってたから負けたんだな」とか。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:「こういう作戦が上手くいったんだな」とか観るの楽しいじゃん。

春日俊彰:分かるよ。

若林正恭:漫才を観てて、「ああ、こういう新しい構造の人たちがいるんだ」とか、「こういうことがハマったんだ」「こういうことが上手くいかなかったんだ」とか、観て単純に楽しいじゃん。

春日俊彰:そうだね。

若林正恭:それなのに「結果、結果」って言ってるから、バカなのかなって。

春日俊彰:急いで観ないで良いってこと。観るよ、その内。だけど、そんなに急いで観るほどじゃない。干物みたいなもんよ…干物も悪くなっちゃったりするから、缶詰だな。

若林正恭:よく分かんないけど。

春日俊彰:ふふ(笑)いつでも食べれる、いつでも観られる。缶詰食べるために、そんなに急いで帰らないでしょ。観なきゃいけないものもいっぱいあるからね。

若林正恭:うん。

春日俊彰:R-1は凄い鮮度があったわけ。私のなかで、落ちてなかったの。

若林正恭:うん。

春日俊彰:観てさ、面白かったなぁ。

若林正恭:面白かった?

春日俊彰:笑っちゃった(笑)普通に、ザコシショウで笑っちゃった(笑)

若林正恭:ふふ(笑)凄かったよね。

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:俺、自分がリビングで笑いすぎて、聞こえなかったもんね。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:そうなっちゃうんだよね。

春日俊彰:ふふ(笑)笑ったなぁ、久しぶりにテレビ観て笑ったかもしれない(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

春日俊彰:普通に、家で。面白かったなぁ。小島(よしお)君も笑ったけどなぁ(笑)

若林正恭:小島君ね(笑)俺、あの人が凄い面白かった。ルシファー吉岡さん?

春日俊彰:ああ、面白かったね。

若林正恭:面白いでしょ?春日も好きそうだもんな。

春日俊彰:面白かったね。

若林正恭:バカリズムさんと仲良いんでしょ?

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:ルシファー吉岡さん。

春日俊彰:先生の。

若林正恭:凄い声がよくなかった?凄い声が綺麗だったよね。

春日俊彰:「いいかぁ~」って(笑)

若林正恭:ふふ(笑)「こういう奴が、iPhoneを作るぞぉ~」って(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:面白かったなぁ、ルシファー吉岡さん(笑)

春日俊彰:うん、面白かったね。

若林正恭:あと、マツモトクラブさんも面白かったし。

春日俊彰:うん。

若林正恭:みんな面白かったね。

春日俊彰:面白かったね。

若林正恭:俺、こんなこと言ったら生意気なんですけど。…僕がこんなこと言ったら生意気なんですけど。

春日俊彰:生意気だな!

若林正恭:色んな大会を、観てきたじゃない?みんなで。ベスト3に入るんだよね、今回のR-1が(笑)

春日俊彰:ああ、M-1とか?

若林正恭:M-1、キングオブコント、THE MAIZAI、R-1で。俺たちって、デビューして全部それが始まってるじゃない?全部含めて、ベスト3に入るのよ、今回のR-1は。

春日俊彰:ああ、それは分かるな。

若林正恭:分かる?

春日俊彰:普通に、単純に笑ったのが初めてかもしれない。コンテストとか観てて。普通に笑ったのが(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

春日俊彰:観るじゃん。「上手いな」とかじゃないけど、別に審査員みたいな目で観ないけどさ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:「へぇ~」みたいな感じで観るじゃない?もう、単純に「ふふ(笑)バカだなぁ(笑)」って、普通に笑いながら観てたからね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、R-1グランプリ2016はツッコミが不要と感じるほど面白かったと語る「本当にヤバい人を観る楽しみ」

前の記事:オードリー若林、舞台『ヤマザキ』出演で3ヶ月もノーギャラでヒドイ扱いを受けた「ヤマザキ事件」の全容を語る