TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、ジミー大西の半生をドラマ化するも脚本家がエピソードを信じなかったと明かす「こんな展開、なるわけない」

明石家さんま、ジミー大西の半生をドラマ化するも脚本家がエピソードを信じなかったと明かす「こんな展開、なるわけない」

2016.03.13 (Sun)
2016年3月12日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、ジミー大西の半生をドラマ化するも、脚本家がその仰天エピソードを信用しなかったと明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2010-10-01

Amazonで詳しく見る

明石家さんま:今度、ジミー(大西)のことをドラマ化するんですけど。

加藤紀子:へぇ。

明石家さんま:今、そのドラマを書いてるシナリオライターが、「これ、実話ではいけません」って(笑)

加藤紀子:ふふ(笑)

明石家さんま:「違うがな(笑)『実話ではいけません』って、実話やねん」って(笑)

加藤紀子:ふふ(笑)

明石家さんま:「いや、これ、実話じゃ信用しません」って言って(笑)

加藤紀子:へぇ。

明石家さんま:ドラマのライター、有名なライターやで。それが2人がかりで、「これは信用しないよね」って。

加藤紀子:「こんな展開、なるわけない」って?

明石家さんま:こんな展開、なるわけないって。「そこに、ショージがいてて、オクレさんがいてて。ジミーがいて、とっさんがいて、こうやねん」って言っても、「いやいや、それが本当だとしても、これは信用されません」って。

加藤紀子:「信用されません」って(笑)

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:「これは、実話として…どうします?」って。「作り話にします?」って。

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:「作り話っぽいけど、作り話じゃない、ノンフィクションドラマをやんねんから」って言うて。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:「ああ、はい。分かりました」「ほんでな、こんなことがあってな」「ちょっと待ってください。これ、本とは関係なく聞きたいんですけど、なぜそういう展開に…」って(笑)

岡田万里奈:ふふ(笑)「なぜ?」って(笑)

明石家さんま:「なぜ、そんな展開になられたんですか?」って(笑)「いや、もう本を書け、そんなことより早よ」って(笑)

加藤紀子:ふふ(笑)

明石家さんま:「ちょっと本当に、信じられないです」っていう。

加藤紀子:へぇ。

明石家さんま:そういうことが多い。俺は、当たり前として過ごしてきたやんか。

加藤紀子:うん。

明石家さんま:とにかく、自分の周りがそうやから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ジミー大西,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、親子で下ネタを話すというLoVendoЯ魚住に驚く「ちょっとした下ネタでIMALU引きよるで」

前の記事:明石家さんま、吉本興業を独立しようと考えたこともあったと告白「吉本の芸人を引き連れて独立…」