TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、タレント・業界人が派手に飲まなくなった理由に言及「制作費削減で経費使えないから」

明石家さんま、タレント・業界人が派手に飲まなくなった理由に言及「制作費削減で経費使えないから」

2016.02.21 (Sun)
2016年2月20日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、タレントや業界人が派手に飲まなくなったという理由について「制作費削減で経費使えないから」と語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2010-10-01

Amazonで詳しく見る

村上ショージ:若手っていうか中堅って、そんなにもう昔みたいに飲みに行かないですよね?

明石家さんま:ああ、そうそう。

村上ショージ:そんなに、みんなで飲みに行ったりとか。

明石家さんま:放送局自体が、もう行かないから。

村上ショージ:ああ、そういうのもあるんですか?

明石家さんま:あるある。経費使えないから。

村上ショージ:ああ。

明石家さんま:昔は、経費使えたから、飲みに行ったら自分らも飲めるから。

村上ショージ:ああ、なるほど。

明石家さんま:ほんで、個人で飲みに行ったら経費落ちないから、タレントさんを2~3人連れていきたいのよ。ほんなら、好きなだけ飲めて、落とせるから、そのお金を。

村上ショージ:ああ、はい。

明石家さんま:古き良き時代は。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:だから、六本木の街に出たら、ほとんど業界か芸能人によく会うんですよ。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:でも、ここ10年…もっとか。もう、不景気になって、制作費が削減されて、あんまり使えなくなってきて、経費も使っちゃダメっていう放送局になってしまってね。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:だから、食事会もなくなったし。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:だから、スタッフと行ったら、大体、俺らが払うっていうのは、昔は考えられなかった。もう、使いたいから、俺が払おうとしても、「ああ、ダメです、ダメです」って。月によってお金が違うと困るから。「毎月、これくらい使いますよ」っていうの出したいから。

工藤遥:へぇ。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:ディレクター、プロデューサーはお金を出したいんですよ。今は、「さんまさん、こっちが出します」っていうことは、まぁなくなってきましたね。「すみません、ごちそうさまです」っていう放送局になってしまったのは、事実ですからね。

村上ショージ:まぁ、そうですね、さんまさんがほとんど…

明石家さんま:そう。芸能界としては、セコい、貧しい時代に今、なってしまっていて。それは可哀想やわ、たしかに。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:若手も、中堅あたりは飲みに行かないしね。

村上ショージ:行かないですね。

飯窪春菜:へぇ。

村上ショージ:居酒屋で集まって。

明石家さんま:だから、派手にクラブだキャバクラで、ドン・ペリ抜いただ、オーパスワン抜いただっていうのは、無いですね。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:昔は、有名な飲み屋とかに行くと、挨拶で1時間潰れるくらい。エライさん方がいるし、芸能人のエライさんもいるから。「ご無沙汰してます、おはようございます」とか言うて。「今日は、誰と来てらっしゃるんですか?」って。そんな会話で、「もう疲れるわぁ」って言うて飲んでたから。

村上ショージ:かと言ったら、お店の人が「○○さん来てはりますよ」とか。

明石家さんま:そう、そう。

村上ショージ:ほんなら、向こうからワインが来たり。さんまさんも返したりとかするやん。

工藤遥:へぇ、凄い。

村上ショージ:「これだけのもの、僕からですって渡してあげてください」とか。考えたら凄かったなって。

飯窪春菜:凄いですね、時代が。

田中れいな:いいなぁ。

明石家さんま:時代が違い過ぎますね。

飯窪春菜:そうですね。

明石家さんま:まぁ、セコいわなぁ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、堀内健・ビビる大木に食事会でインタビューされ続けたと明かす「『ひょうきん族』とかの大ファンで」

前の記事:明石家さんま、トレエン斎藤が週刊誌デビューすると喜ぶも撮られずに落胆したと明かす「僕たち今、話題のコンビだよね?」