TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「世界一分かりやすい『AKB48総選挙』」

南キャン・山里「世界一分かりやすい『AKB48総選挙』」

2010.06.12 (Sat)
2010年06月02日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、AKB48の次回シングル曲を歌う選抜メンバーを決める「総選挙」の開票イベントが行われ、昨年1位で中間発表でも1位だった前田敦子を中間発表で2位だった大島優子が開票当日に逆転して1位となったことについて語られていた。

「今日はみなさん、ちょいとばっかし語らせていただきたい」と山里は番組冒頭でいきなり語り出した。「まぁ、今日は私はグラグラと煮えたぎってますよ。語りたいことがありますからね。大波乱がありました。この流れで、鳩山首相辞任ってボケを挟みこめってことを池田プロデューサーに言われましたけど、そんなことは言いませんよ。AKB48総選挙に行ってきました」

「『AKB48選抜総選挙』、そのTシャツを着て今日もラジオをやっているんです。総選挙に行ってきて、色んなドラマがあったんですよ。AKB48に興味のない人にとっては、聴きたくないと思うけど、しょうがないでしょ。冷たいと思われるかもしれませんけどね」

「AKB48総選挙は、参院選より熱いんじゃないかってくらいですよ。AKB48っていうのは、『ポニーテールとシュシュ』とか『会いたかった』の子たちですよ。みなさんがテレビとかラジオとかで聴く音楽は、『選抜曲』ってジャンルなんですよ。AKBっていうたくさんいるメンバーの中で、その曲を歌える人が選抜されるんです」と話していた。

そこから、さらに山里は以下のように語っていた。

「以前は、秋元康先生が、選んでたわけなんですけど、そうなるとファンの心理として『なんだよ、オレの推している子は選ばれないのかよ。やっぱり、事務所とかの力関係で決まっているのかよ。秋元康に気に入られなかったら、どんなに応援していてもテレビに出れないし、CDで聴けないんだろ』って思うワケですよ」

「そこで、『じゃあ、分かったよ。君たちが選んだ上位21名に、次の選抜曲を歌わせてあげましょう』っていうのが、AKB48総選挙なんです。単純な人気投票じゃなくて、順位が重要なんです。1位~21位が、選抜曲を歌うメンバーになって、22位~40位までは、カップリングの歌を歌うんです。アンダーガールズっていうんですけどね」

「みんな、選抜曲を歌うメンバーになりたいんだけど、相当熾烈な戦いになるんです。その中でも、メディア選抜組っていうのがあって、1位~12位まではテレビに出られるんです。ミュージックステーションとかね。13位~21位の人たちは、PVとかには出られるけど、テレビには出られないんです。だから、自分の応援している子たちは、是非とも12位までに入って欲しいんです」

「13位と12位の差っていうのは、本当にすごくて、天国と地獄なワケ。その壁っていうのは、本当に高くて、箱根駅伝のシード権争いくらいみたいな感じなんですよ。それを目指して、色々、投票したりして応援するワケですよ。そこには、絶対王者・前田敦子がいてね。総選挙の最初からセンターにいたメンバーがいるわけですよ。その子の牙城を誰が崩すとかって、色々なドラマがあるんです」

「今日、数々のドラマに号泣してしまっていたワケですよ。総選挙っていうのは、年に2回あるっていうのがミソで、1回目を経ていることによって、物差しが出来ているわけなんです。そこよりも、自分の順位が落ちているとなった場合、大変なわけですよ」

「さらに、『前回は選抜メンバーだったけど、今回は選抜メンバーから落ちてしまった』とかって結果を受けた時の顔、絶望で泣きじゃくっている姿をみたら、『ごめんよ!なんでもっと応援できなかったんだろうか』って思うワケですよ」と話していた。

さらに、そこから次の記事(南キャン・山里「AKB48総選挙の会場」)のようにAKB48総選挙会場の様子を語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」

南キャン・山里亮太「AKB48ファンの方々、すみませんでした」

雨上がり・宮迫「AKB48を引かせた今田耕司の一言」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : AKB48,総選挙,前田敦子,大島優子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン・山里「AKB48総選挙の会場」

前の記事:ナイナイ・岡村「一人芝居の講演中止で謝罪」