TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、亀田三兄弟や亀田史郎が夏目漱石『坊っちゃん』を知らずに驚いた過去「お前ら殴られ過ぎ」

明石家さんま、亀田三兄弟や亀田史郎が夏目漱石『坊っちゃん』を知らずに驚いた過去「お前ら殴られ過ぎ」

2016.02.01 (Mon)
2016年1月30日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、亀田興毅ら亀田三兄弟、父・亀田史郎らが夏目漱石の小説『坊っちゃん』を知らず、驚いた過去について語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2010-10-01

Amazonで詳しく見る

リスナーメール:テレビ番組に出演した、元ボクシング世界チャンピオンの亀田興毅さんが、試合前の記者会見でやるパフォーマンスについて、明石家さんまさんに相談した時のことを言ってました。

亀田興毅「相手がカルロス・ボウチャンいう選手やったから、『ほんなら、お前、坊っちゃんの本を持ってけ』って、当日、言う通り坊っちゃんの本を持ってったら、いつもピリピリしてる会見場が和やかな笑いに変わって、その時は『さすがさんまさんは、笑いの世界チャンプやなぁ』って思いました」

飯窪春菜:『坊っちゃん』を。

明石家さんま:そうそう。そのもう一つ前がね、サンマ…なんとかって選手だったんですね(注釈:サマン・ソー・チャトロンか)。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:それで、俺の写真持って出てって。俺も知らんかった時にね。「さんまさん、僕、大好きなんですけど、コイツ、やっつけなあきませんねん」って言って、話題になったんですよ。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:それで、そこから俺が差し入れして、ほんなら亀田から連絡あって。

飯窪春菜:うん、うん。

明石家さんま:「すみません、次、ボウチャンいうヤツなんですけど、なんか有りますかね?」って訊きよったから、「ああ、ほんなら夏目漱石の『坊っちゃん』の本を持って行ったらエエねん。あのパターンなら」って言うて。

飯窪春菜:うん、うん(笑)

明石家さんま:ほんなら、「『坊っちゃん』ってなんでんの?」って言うて。「お前、『坊っちゃん』知ってるやろ?」「知りまへんで、そんなの」って。

飯窪春菜:ええ?!

明石家さんま:ほんで、弟に「『坊っちゃん』知ってるか?」「知らん」って。「親父、『坊っちゃん』知ってる?」「知らんわ、アホ」とか言うて(笑)

飯窪春菜:へぇ(笑)

明石家さんま:家族全員、『坊っちゃん』を知らなかったという(笑)

飯窪春菜:夏目漱石の…(笑)

明石家さんま:「お前ら、殴られ過ぎ」って(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,亀田興毅,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:土田晃之、小保方晴子 著『あの日』がベストセラーとなっている理由に言及「最後の方、会見を開いてない」

前の記事:明石家さんま、とっさの一言で困るモー娘。工藤遥に「得意なワンフレーズを作れ」とアドバイス