TOP有吉弘行のSunday Night Dreamer ≫ ベッキーの休業について、同じく休業していた若槻千夏が心境を吐露「憧れていた存在がなくなった」

ベッキーの休業について、同じく休業していた若槻千夏が心境を吐露「憧れていた存在がなくなった」

2016.02.01 (Mon)
2016年1月31日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、休業していたタレントの若槻千夏が10年振りとなるラジオ番組に出演し、そこで、同じく休業することになったタレント・ベッキーについて語り、現在の心境を吐露していた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉 弘行

双葉社 2012-04-12

Amazonで詳しく見る

有吉弘行:若槻さんと言えば、ハッキリとした物言いが有名で。

若槻千夏:いやいや、そんなことございませんよ。

有吉弘行:サッパリとしたタレントさんでございますから。ちょっと、ニュース一個くらい行っておきましょうかね。

安田和博:ああ、分かりました。では、こちらのニュースです。

ニュース記事:ベッキー休業へ。

若槻千夏:はっはっはっ(笑)マジかよ(笑)

ニュース記事:ロックバンド・ゲスの極み乙女のヴォーカルの川谷絵音さんと、不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキーさんが、休業することが分かりました。ベッキーさんは、テレビ10本とラジオ1本のレギュラー出演番組を担当しています、ということですね。

若槻千夏:はい、はい。

有吉弘行:大変ですよね、これね。

若槻千夏:いやいや…(笑)

有吉弘行:どうですか?若槻さん、ちょっと。

若槻千夏:いやちょっと、マジで重荷ですね、これね(笑)

有吉弘行:ははは(笑)

若槻千夏:久々に、何かテレビも出てねぇいのに、ラジオでスゲェ重いこと言うんですね、私。大丈夫ですか?

有吉弘行:ははは(笑)大したコメントしなくて、良いです(笑)

若槻千夏:ねぇ(笑)でも、最初のフリが、「ハッキリ物事を言う若槻さん」みたいなフリだったから、それなりに(笑)

有吉弘行:どう?付き合いはないんでしょ?別に。

若槻千夏:お付き合いはないです。

有吉弘行:ああ。

若槻千夏:お付き合いはなくて。でも、ずっと憧れていた存在なわけですよ。

有吉弘行:ああ。

若槻千夏:バリバリ私がバラエティをやっている時に、「誰みたいになりたいんだ?」みたいなところで、「ベッキーさんみたいになりたい」っていう目標が、女性タレント、誰しもあったわけですよ。

有吉弘行:あったね。

若槻千夏:そこが、ちょっと今、言いづらくなっているという部分は、女性タレント側として思うところはありますね。「目指している人は誰?」って言われた時に、言える人がいなくなったんですよ。

有吉弘行:そうだね。この辺の世代だと、そうだもんね。

若槻千夏:この辺の世代だと、そこをちょっと…どう言うのが一番良いのかなっていうのは、課題ではあります。

有吉弘行:そうだね。

若槻千夏:はい。誰が良いんですかね?誰って言うのが、新人の子とか…

有吉弘行:そうなんだよ。井森さんじゃ、ちょっと上行き過ぎているからね。

若槻千夏:ちょっと…何か色んなものがよぎるんで、ダンスとか(笑)

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:だから、やっぱりそれは若槻さん。せっかくまた、こうやって復帰したんだから、それはみんなが目指すバラエティタレントになっていただかないと。

若槻千夏:いやいや。でも、何か違うじゃないですか、やっぱり路線が私。

有吉弘行:まあね。

若槻千夏:たまに休んじゃうし。

有吉弘行:たまに休んじゃうしね。

若槻千夏:休んじゃうし(笑)

有吉弘行:クソみたいなところあるからなぁ。

若槻千夏:ふふ(笑)誰がクソだ(笑)

有吉弘行:ははは(笑)

若槻千夏:そこまでは言っていないですよ、別に。

有吉弘行:ははは(笑)

若槻千夏:ちょいちょい何か、「大先生」って言う割りに、スゲェ落とすんですよ。

有吉弘行:ははは(笑)ドネルケバブを顔面にぶちまけたい、芸能人第1位ですから、もう(笑)

若槻千夏:何かもう、メチャクチャな気持ちなんですよ、今。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,若槻千夏,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer
次の記事:有吉弘行、ベッキー休業後の復帰でタレントとしての感覚はすぐ戻ると語る「戻ってくれば、それなりに…」

前の記事:有吉弘行、若槻千夏の事務所の後輩が若槻と連絡とるのを禁じられていることに驚き「余計なことを全部教えちゃう」