TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、「SF映画は子供向け」という固定概念を変えた『スター・ウォーズ』登場の衝撃を語る「これは何なんだ!」

爆笑問題・太田、「SF映画は子供向け」という固定概念を変えた『スター・ウォーズ』登場の衝撃を語る「これは何なんだ!」

2015.12.23 (Wed)
2015年12月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、『スター・ウォーズ』以前は、「SF映画と言えば子供向け」という固定概念があったが、『スター・ウォーズ』登場により、その概念が覆されたと、当時の衝撃について語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

太田光:僕、本当に覚えてるんですから。

田中裕二:うん。

太田光:『TVジョッキー』で、最初に今野雄二さんが紹介したんです。『スター・ウォーズ』を。

田中裕二:うん。

太田光:「今度、ハリウッドから凄い映画がきます」と。

田中裕二:うん。

太田光:それで、映像が出るわけですよ。ルークが、ハン・ソロとパンパンって撃って。

田中裕二:うん。

太田光:戦闘シーンですよ。「おおっ!」って思うわけですよ、子供は。

田中裕二:うん。

太田光:でも、『スター・ウォーズ』以前っていう映画界っていうのは、SFXっていうものが、ほとんど子供の映画として捉えられていて。

田中裕二:うん。

太田光:まず、SFXっていう言葉があそこから出来ましたからね。

田中裕二:うん。

太田光:それで、SF映画っていうのは、『2001年宇宙の旅』くらいですかね、名作って言ったら。

田中裕二:うん。

太田光:あとは、ああいう冒険活劇的なものっていうのは、ほとんど子供映画だったんです。

田中裕二:うん。

太田光:僕が好きだったのは、『シンドバッド』のシリーズ。『シンドバッド虎の目大冒険』とか、『ドクサベージの大冒険』っていうのあったんですけど。

田中裕二:うん。

太田光:それを観に行ってた世代ですから。「ああいうものの新しいヤツができるんだな」って思った瞬間、今野雄二が「違います」と。

田中裕二:はっはっはっ(笑)まさに心を読んだように(笑)『TVジョッキー』で、土居まさるさんと一緒に。

太田光:「これは、子供映画かと思うかもしれませんが、そうじゃないんです。大人が観て面白い。ハリウッドで大変なことになってます。映画の革命なんです」って、熱弁してるんですよ。

田中裕二:はい。

太田光:「これは何なんだ」って。それで、僕らの映画の歴史は変わったわけですね、実際に。その後も特撮なんていうのは当たり前になったけど。

田中裕二:うん。

太田光:あの時、ちょうどアニメ。日本では同時期に『宇宙戦艦ヤマト』があって。

田中裕二:はい、はい。

太田光:『宇宙戦艦ヤマト』以前は、アニメっていうのはそれまでは子供が観るものだった。

田中裕二:「テレビまんが」みたいなね。

太田光:「テレビまんが」って、子供しか観ないものだった。

田中裕二:「アニメ」なんて言葉がなかったからね。

太田光:「アニメ」なんて言うのは、『アニメージュ』が創刊されて、初めて我々は「アニメ」って言うようになりましたから。

田中裕二:うん。それまでは「まんが」だからね。

太田光:「まんが観ようぜ」って言ってたんですから。

田中裕二:うん、そうそう。

太田光:『アニメージュ』創刊の時の、『宇宙戦艦ヤマト』ですから。『宇宙戦艦ヤマト』が、大人が行列するっていうことで。言ってみれば、同時にかかってた。

田中裕二:そうだね。どっちもSFだしね。

太田光:そう。大人がああいうものを観て良いんだ、と。大手を振って観に行けるっていう。それまではそういうんじゃなかったから。

田中裕二:うん、そうね。

太田光:『ベン・ハー 』とかですから。

田中裕二:うん、そうだね(笑)

太田光:『ベン・ハー 』とか観なきゃいけなかった、大人は。

田中裕二:観ても観なくても良いけど(笑)

太田光:せいぜいヒッチコックですよ。

田中裕二:『2001年宇宙の旅』は、全然違うもんね。

太田光:難しいからね、キューブリックは。

田中裕二:娯楽映画とはちょっと違うからね。

太田光:うん。だから、あの時の熱量は凄かった。

田中裕二:凄かったよ。

最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』4DX版のオンライン予約はこちらicon
icon
icon

【関連記事】
加藤浩次、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は4Dでの鑑賞をオススメ「もう、満喫だったね」

爆笑問題・太田、『スター・ウォーズ』エピソード7こそ望んでいたものだと語る「エピソード1?何やってんだルーカス」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,スター・ウォーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、『スター・ウォーズ』以降の映画がCGを多用する風潮に異論「実写にCGは要らない」

前の記事:爆笑問題・太田、『スター・ウォーズ』エピソード7こそ望んでいたものだと語る「エピソード1?何やってんだルーカス」