TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、漫才のネタ作り中に田中が「平浩二は演歌じゃない」と主張しだして苛立つ「ボケを優先するんだよ!」

爆笑問題・太田、漫才のネタ作り中に田中が「平浩二は演歌じゃない」と主張しだして苛立つ「ボケを優先するんだよ!」

2015.12.23 (Wed)
2015年12月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、平浩二の歌う『ぬくもり』がMr.Childrenの『抱きしめたい』の歌詞を盗用したのではとされる問題について漫才のネタ作りをしていたところ、相方・田中裕二が、「平浩二は演歌歌手じゃない」と主張しだしたことに苛立ったと明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

田中裕二:(平浩二の)ネタを作った時に…

太田光:ネタを作った時に、「『ミスチルと演歌は、結びつかないからね』ってフリをしろ」って。それをしないと、次のボケが活きないんですよね。

田中裕二:うん。

太田光:そしたら、「いや、演歌じゃないな、これは。平浩二さんは」って。

田中裕二:平浩二さんは、演歌歌手っていう認識は俺はないんですね。

太田光:いや、でも『愛・佐世保』ですよ。

田中裕二:うん(笑)それは演歌っぽいよね、確かにね。

太田光:見てみな?他に今まで、『バス・ストップ』以外の歌。ほぼ演歌です。

田中裕二:ははは(笑)ほぼ演歌なんだよね(笑)

太田光:ええ。

田中裕二:まあ、確かにあの人、目指してたのは…

太田光:あんた『バス・ストップ』しか知らないじゃん。

田中裕二:ははは(笑)

太田光:なによ?そのこだわり。ボケを優先するんだよ!

田中裕二:ははは(笑)…そういうのがあってね、それで何かまぁ、ポップス歌手、ムード歌謡に近い。どちらかというとね、そういうイメージがあって。

太田光:そんなこだわり、どうだって良いんだよ。若者にとっちゃ、そんなことは。

田中裕二:ええ…っていうのがあって。最近はもう演歌歌手だということがあって。

太田光:そこが重要なんだ。いや、かなり頑張ったよね。「また始まった…」って。

田中裕二:2回くらい頑張った。

太田光:いや3~4回くらい。

田中裕二:でも、すぐ引っ込めたでしょ?

太田光:いや、すぐじゃないよ。全然すぐじゃないわ。「いやぁ、それはおかしいよ、光。光、それはおかしい。あのね、平浩二さんは演歌じゃないから。それはおかしいよ、光。あのね、それはやっぱり『演歌』っていうのおかしいよ。それはやっぱり、違和感あるよ」って。知らねぇから、若者は。

田中裕二:ははは(笑)

太田光:本当さ、くだらないんだよ、お前のこだわり。

田中裕二:はっはっはっ(笑)こだわりってほどでもないんだよ(笑)

太田光:いやいや、そこで頑張ってどうすんの?俺に。

田中裕二:違う、違う。頑張っているつもりはないけど、俺も、普通にスムーズに誰も引っかからないのが良いと思って…

太田光:誰も引っかからないよ。

田中裕二:その認識の違いはあったわけよ。ただ、もう一般的には演歌歌手なんだと分かったら、すぐに引っ込めたでしょ?だから。別に、そこで頑張ったりしてないでしょ?

太田光:「分かったら」って、だって、もう分かってるじゃん。

田中裕二:いやいや、だから、逆に言うと、最近の歌も知らないし(笑)

太田光:何だって、演歌なんだよ、昔の歌なんて。

田中裕二:今回の『抱きしめたい』に似ているやつも、言ってみればそんな"ド演歌"ではないから。やっぱりまだポップスっぽい歌なんだろうなっていうのがあったから。あまり「演歌」と言うと、ちょっと違うかな、というのあったんですよ。だから、すぐに引っ込めたじゃないですか。

太田光:だから、違ったとしても「演歌」で通るんだから、今の時代。そっちにしちゃう、っていうことが大事なの。

田中裕二:「演歌」にしたいわけね、言ったら無理にでもね。

太田光:そうよ。良いの、そこは嘘で。そこは、フリのウソで良いの、それは。そういう雰囲気で、レコード屋に行けば、「演歌」ってジャンルにあるんだから。それはもう、良いの。世間の認識がそうなっていれば。

田中裕二:はい、はい。

太田光:お前のこだわりなんて、どうだって良い。クソくらえなんだよ、はっきり言って。

田中裕二:ははは(笑)

太田光:ネタを大事に。ボケを大事にすることなの、お前がやらなきゃいけないことは。演歌か歌謡曲かこだわって、そこで「俺は知ってるぜ」的なことじゃない。俺だって、分かってるわ。

田中裕二:いや、違う。違うんですよ(笑)

太田光:俺だって分かってるわ、平浩二の『バス・ストップ』くらい。

田中裕二:はい、はい。

太田光:あんなの別に、歌謡曲だよ。ムード歌謡だよ。言ってみれば、ポール・アンカみたいな。そういう感じだろ?

田中裕二:そう、そう。ポール・アンカです。もう本当に。

太田光:そういう感じだろ?

田中裕二:そう、そう。だから俺はもう「ポップスだろう」というのがあって。ただ、俺は別にボケ的に何っていうの?演歌でないといけないと、その時、最初はパッと分からなかったから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,平浩二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、漫才のネタ枯れで困る中に平浩二の楽曲の歌詞盗用問題が起こり感謝「神様は、見捨ててないな」

前の記事:爆笑問題・田中、平浩二を偶然よく聴いてた中でミスチルの歌詞パクリ問題が浮上して驚く「改めて、良い歌だと思ったら…」