TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「テレビ番組での自分のキャラに違和感」

南キャン・山里「テレビ番組での自分のキャラに違和感」

2010.04.29 (Thu)
2010年04月28日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、自分のテレビ番組などでのキャラクターについて悩んでいることを語っていた。

「(テレビ番組の収録現場で)驚くことを言われたんだけど、『山里さんって、悪口とか言わなくちゃならないんですよね』って言われて、そういうイメージが付いているんだよね。どこに行っても。イジり方としては」

「だから、番組とかも台本にそうしたことが書かれているんだよね。スッキリ!でも、"天の声"ってナレーターをやらせていただいてますけど、そこではだいたいの想定台本とかが書かれているんですよ」

「その台本に、『そうですよね、どうせ僕なんか生きていてもしょうがないですよね』『僕なんか、嗄れ声のただのブタですから』とかって書かれているんですよ。…でも、それは普通に悪口じゃない」と話していた。

さらに、山里は以下のように語っていた。

「『ハイハイ、死にますよ』とかって台本には書かれてるんだけど、そんなのを台本で見ると、まぁまぁブルーになるわけよ。(そんな台本を書いているが)でも、ああいう番組って結構、情報番組だからマジメなのよ」

「お笑い番組とかの台本と違うのよね。スタッフさんのイメージも全然、違うんですよ。この前にね、こんなことでもマジメに話し合うのかってこともあって」

「…番組の情報の中で、あるアーティストさんがMCトークの中で、こんなハレンチなことを言っちゃいました~みたいな感じで『チ○コ、チ○コ』みたいなことを言ったってことがあったの。そこには、テロップも出てたんですよ」

「それで、打ち合わせしていたら、ディレクターさんが『ちょっとこれ、チ○コなの?チ○ポなの?』って言い出したの。それで、ADの女の子が『ちょっと、調べてきます!』って言って、駆け出したんですよ」

「それで、しばらくして女の子が会議室のドアをガチャって開けて『チ○ポです!』って息を切らしながら言ってたからね。それで、ディレクターさんが『おい!チ○ポに変えろ!』って言ってましたよ。特報が入ったぞって感じでしたよ。衆議院解散って感じのテンションで言ってたからね」

「マジメなんだよね。そういう人が、一生懸命考えて書く悪口って、俺は結構引いちゃっているんだけどね」と話していた。

【関連記事】
南キャン・山里「青木裕子アナにされたヒドイ仕打ち」

爆笑問題が語る「青木祐子アナと揉める南キャン・山里」

南キャン・山里「スッキリ!でのテリー伊藤の裏の顔」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:おぎやはぎ・矢作「アンタ・山崎の誘いを断れないワケ」

前の記事:南キャン・山里「女王様に言われた一言」