TOP爆笑問題の検索ちゃん。 ≫ 品川庄司・品川 「ツッコミは誰のでも痛い」

品川庄司・品川 「ツッコミは誰のでも痛い」

2008.02.02 (Sat)
2008年02月02日放送の「爆笑問題の検索ちゃん」にて、芸人ならではの裏話が明かされていた。話をしたのは、爆笑問題・太田光と品川庄司・品川祐だった。ともにコンビではボケ担当である。

発端は、田中が太田のハリセン打ちを避けてしまう、というトークだった。そこから、「太田のハリセンでのツッコミは、突然な上に本当に痛い」という話になった。

よくある話として、「ボケの人間がツッコミにまわると、ツッコミ方を知らないから力加減がわからず、痛い」というといったことが主にツッコミ側の人間から言われる。だが、それはボケの側の人間が痛いのを我慢しているだけのことのようだ。

「『お前(品川)のツッコミは、痛い』と庄司に言われるが、庄司のツッコミも痛い。けど、我慢しているんだ」と品川は明かしていた。ツッコミの腕によって、叩かれても痛くないようにコントロールしているのかと思いきや、やはり痛いものは痛いようだ。

ちなみに田中は漫才など、ツッコミを入れときにはやはり、何かを叩かないと落ち着かないと語っていた。爆笑問題が若手の時、家でネタ合わせなどをしていて、互いに距離が離れて台本を読み合わせているときも、わざわざ太田の所に寄っていって、叩いたらしい。さらに、それを太田に咎められると、近くにあったクッションを叩いた、とのこと。

ツッコミは叩くことでリズムを掴み、ボケは叩かれる痛みに耐えられるようになっていくようだ。だが、結局の所は「痛いのは痛い」ということのようだ。

【関連記事】
土田晃之に、メアドを教えてしまったことを後悔した有吉

爆笑問題田中は、太田が居ない1人だと態度がデカくなる?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。
次の記事:爆笑問題の検索ちゃん トーク集

前の記事:ナイナイ岡村が、よゐこ有野を妬む理由?