千原ジュニア、ロンブー田村亮の「ジュニアにイラッとした」話を聞かされて逆にイラッとしてしまったと告白「それ言い出したら、俺かて…」

2020.01.06 (Mon)
2017年4月2日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ロンドンブーツ1号2号・田村亮の「ジュニアにイラッとした」話を聞かされて逆にイラッとしてしまったと告白していた。



千原ジュニア:俺もちょっとだけ、亮に引っかかってることあんねん。

ケンドーコバヤシ:亮に?

千原ジュニア:亮に。俺が『ロンハー』とかで呼んでもらう時に、やっぱり自分の家。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:『ロンドンハーツ』っていう自分の家に先輩来るのって、やっぱり気をつかうやん。

ケンドーコバヤシ:まぁ、絶対気は使いますよね、どっかでね。

千原ジュニア:ねぇ。たとえば、ここに先輩来はったら、後輩はなんとも思わんけど、先輩来はったら、ちょっとやっぱり気をつかうのと一緒でさ。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:「ロンドンブーツの番組に、先輩である俺が行くって、ちょっと気を使うやろなぁ」って思って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:でも、せやからって、俺から挨拶行って…みたいなんも、それもそれで。

ケンドーコバヤシ:向こうも困るしね。

千原ジュニア:「あれかな」って思いながら、どうしようかって。まぁ、でも淳なんかは本番中もセッションあるからエエねんけど、亮は本番中にセッションがご覧の通りないやん。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)そうですね(笑)

千原ジュニア:うん。でも、亮にどうしたらエエんかなって思ってて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、なんか俺、自分からそんな喋りかけるタイプちゃうけど、「ここは」って思って。

ケンドーコバヤシ:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!

ケンドーコバヤシ、善意100%と思われる手紙を女性から渡されるも「やめてくれ…」と思ってしまった理由を告白「このままではあなたは…」

2020.01.06 (Mon)
2017年4月2日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、善意100%と思われる手紙を女性から渡されるも「やめてくれ…」と思ってしまった理由を告白していた。



ケンドーコバヤシ:今から、ある人に俺、文句言いたいんですけど。

千原ジュニア:ほう、ほう。

ケンドーコバヤシ:ただ、相手は100%の善意なのに…100%多分、善意なんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:ただ、本当にやめて欲しかったっていうのがあって。

千原ジュニア:よかれと思ったことがね…っていうのは、よくあるんでしょう。

ケンドーコバヤシ:はい。それがね、一昨日なんですけど。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:飛行機で福岡に行ってたんですよ、仕事でね。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:で、僕の…僕、真ん中の通路側やったんですけど、横の二人席、多分これ、ご夫婦なんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:ちょっと若い、僕より全然年下のご夫婦。で、このご夫婦のどっちかのお母さんが僕の前に座ってる。結構、おばあちゃんなんですけど。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:で、普通におったんですよ。で、降りる瞬間に、その奥さんがササッて、手紙みたいなん渡したんですよ。「え?」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「ああ、はい…」って、隠しちゃったんですけど、僕も。

千原ジュニア:その渡し方されたら、隠すよね(笑)

ケンドーコバヤシ:そうなんですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!