くりぃむしちゅー上田、爆笑問題・田中の「俺のことはいいが、太田光をつまらないって言う奴に腹立ってしょうがない」発言に感動した過去「田中さんは素敵だな」

2019.12.11 (Wed)
2019年10月1日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、くりぃむしちゅー上田晋也が爆笑問題・田中裕二の「俺のことはいいが、太田光をつまらないって言う奴に腹立ってしょうがない」発言に感動したと語っていた。



上田晋也:俺、田中さんが凄いって思ったのが…

太田光:うん。

上田晋也:あれ、なんだっけ?鶴瓶師匠と、今田・東野さんがやってる夜中の番組あったじゃん。

太田光:『いろもん』?

上田晋也:ああ、そうそう、『いろもん』に田中さんが出た時、「俺をつまらないっていう人は別にいい。そんなに頭に来ないけど、俺は、太田光をつまらないって言う奴が、腹立ってしょうがない」と。

若林正恭:ああ。

上田晋也:「爆笑問題は、田中でもってる」っていう奴が、中にはいると。「そんなわけねぇじゃん」って、田中さん本人も言ってたんだよ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

太田光:俺、その時、田中さんは素敵だなって思った。

若林正恭:そうですね。それ、嬉しくないですか?今の話。

太田光:微妙。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

ピエール瀧、二十歳の頃は石野卓球と「自動販売機の取り忘れたお釣り」を7時間探し回っていたと明かす「最終的に缶ビール一本、二人で分けた」

2019.12.09 (Mon)
2013年2月17日放送のNHK-FMのラジオ番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』にて、電気グルーヴのピエール瀧が、二十歳の頃は石野卓球と「自動販売機の取り忘れたお釣り」を7時間探し回っていたと明かしていた。



伊集院光:二十歳ぐらい、何してんの?

石野卓球:二十歳の時は、まだバイトやってたよ。

ピエール瀧:そうだね。「人生」やってた頃だから。

伊集院光:うん。

ピエール瀧:それこそ、伊集院が師匠の猫が下痢しちゃって、ウンコ片付けてる時に、ウチら本当に「ダンボールとか食えねぇかな?」みたいな感じで(笑)

石野卓球:一晩かけて、自動販売機の返却口に指突っ込んだりとか(笑)

伊集院光:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:最初のやつに入れたら、50円があって、「あった!」って。

石野卓球:その後、7時間ぐらいかけて、商店街端から端まで。

ピエール瀧:全部、端から端まで。

伊集院光:最初にあっちゃったもんだから(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

電気グルーヴ石野卓球、二十歳の伊集院光がNHK新人落語コンクールで「落語界を変えます」と宣言していたことにツッコミ「自分が変わっちゃってね(笑)」

2019.12.09 (Mon)
2013年2月17日放送のNHK-FMのラジオ番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』にて、電気グルーヴの石野卓球が、二十歳の伊集院光がNHK新人落語コンクールで「落語界を変えます」と宣言していたことに、「自分が変わっちゃってね(笑)」などとツッコんでいた。



ピエール瀧:伊集院は、業界デビュー的には、いくつの時なの?

伊集院光:それが分からなくなっちゃって。だから、落語の鞄持ち始めた、入門っていうのは、17歳。

ピエール瀧:うん、でもそれ、デビューとは言わないでしょ?

伊集院光:ちょっと言いづらいんだよね。でいて、その後も落語をすっぱりやめずに、副業としてラジオを始める、みたいな。これ、面倒くさくなんだよね。

ピエール瀧:ああ、なるほど。

伊集院光:師匠に内緒でやってるから。師匠には「落語の修業してる」って言って、ラジオを始めちゃったから。

ピエール瀧:ああ。

伊集院光:オールナイトニッポンは20歳。

ピエール瀧:落語で高座に上がったこともあるの?

伊集院光:いっぱいあるよ。俺、NHKの新人落語コンクール、テレビ出てるもん。

ピエール瀧:あ、へぇ。

伊集院光:新人演芸コンクールの落語部門っていうのの、俺、決勝戦でてるの。

ピエール瀧:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

ピエール瀧、石野卓球との出会いから電気グルーヴの結成・活動という意外な展開を振り返り「思い通りにはならないよ、人生」

2019.12.04 (Wed)
TBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 日曜日の秘密基地』にて、電気グルーヴ・ピエール瀧が出演し、石野卓球との出会いから、電気グルーヴの結成・活動という意外な展開を振り返り、「思い通りにはならないよ、人生」などと語っていた。



伊集院光:電気グルーヴの石野卓球さんとは、どれぐらいの付き合いなの?なに以来?

ピエール瀧:もう初めて会ったのは、16の時。高1の時だから、もう23年ぐらいになるよね。

伊集院光:23年って、凄い年月だね。

ピエール瀧:凄い年月だね。

伊集院光:凄いですよね。自分の人生の半分よりでしょ?

ピエール瀧:そうだね。

伊集院光:どんな関係?

ピエール瀧:分かんない(笑)

伊集院光:不思議でしょ?

ピエール瀧:不思議だね。最初に出会った高校生の時とか、一緒に他の仲間もいて、ワイワイ家に集まってダベったりして遊んでたけど、その中のメンツから、今、たとえばクイズを出して、当時の自分にね。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 日曜日の秘密基地

ザキヤマ、相方・柴田復帰後に『シカゴマンゴ』最終回放送をリスナーに約束「絶対、最終回の方やらせていただきますんで、またどこかでお会いしましょう」

2019.12.03 (Tue)
2010年4月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也(ザキヤマ)が、相方・柴田復帰後に同番組の最終回を放送するとリスナーに約束して、「絶対、最終回の方やらせていただきますんで、またどこかでお会いしましょう」などと語っていた。



リスナーメール:山崎さんこんばんは。『シカマン』とうとう終わってしまうのですね。なんか消化不良な感じで番組が終わるのはとても残念です。

せめて柴田さんが復帰した後、特番でもいいので本当の最終回を放送して欲しいです。

山崎弘也:まぁたしかにね、『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』っつってますんで。

カンニング竹山:うん。

山崎弘也:僕一人だと、まぁ消化不良みたいな感じなんで。

カンニング竹山:そうですよね。

山崎弘也:これ、リアルにウチの相方復帰した時に、山ちゃんもラジオ続けるっていうことなんで。

山里亮太:はい。

山崎弘也:もし、そのお力添えがありましたら(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

山崎弘也:僕らのコーナーを。だから、たとえばそういうので。

山里亮太:いやいやいや!

山崎弘也:『シカマン』の本当の最終回を。そういう場をお借りしてやるのか、またはイベントで皆さんをね、リスナー、聴いてくれた方を招待して。

山里亮太:うん。

山崎弘也:それはね、どういう形か分かりませんけども。でも、イベントでやる場合はね、招待したい。

カンニング竹山:ああ、リスナーをね。

山里亮太:素晴らしい、いいと思います。

山崎弘也:送ってくれてるみんな、覚えてるから。なんかお知らせをね、「やりまっせ」みたいな。

山里亮太:うん。

山崎弘也:それで告知で山ちゃんのところへ行って。

山里亮太:もちろんです、お待ちしてます。

山崎弘也:で、もしかしたらまたこのメンバーでまた来てもらうかもしれない(笑)

山里亮太:それはもう、もちろんですよ。

山崎弘也:で、児嶋(一哉)さんを本当に嫌いだったのは、ウチの相方だから(笑)

カンニング竹山:解決しなきゃ(笑)

児嶋一哉:初耳だよ。

山崎弘也:俺はパンチだけなんだけど、柴田さんは付き合い長いから、根が深いのよ。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

山崎弘也:色んな話が出てきちゃうから(笑)

カンニング竹山:それ解決しよう、ちゃんと。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

ザキヤマ、『シカゴマンゴ』最終回で番組打ち切りを告げられた瞬間について語る「最終回の報告だけは、リアルだなって思いました(笑)」

2019.12.03 (Tue)
2010年4月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也(ザキヤマ)が、同番組のち切りを告げられた瞬間について語っていた。



山崎弘也:アンタッチャブルのザキヤマです!ということで、ついにですね最終回を迎えてしまいました(笑)この日が来るとはね。

正直ね、やっぱ芸人とかやってるとなんでしょうね。どうも最終回ということに、なんか「ドッキリなんじゃないか」っていうね(笑)最後まで思っちゃう。

なんかやっぱりこの番組ではね、色んなドッキリにハメられてるというか。プロデューサー、ディレクターの言葉をいまいち信用できないっていうね、感じはあったんですけども。

やっぱり最終回の報告だけはね、リアルだなって思いましたね(笑)アレですね、人って本当のことを言う時っていうのは、真面目な顔をしてるっていう(笑)なんかね、今から比べればね、今、考えてみれば、その前のそういう色々騙されている時の顔っていうのはね、どっか笑ってたっていうかね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

ビートたけし、立川談志に映画を「なんでテメェで撮らねぇんだ」と言われて「俺が?撮れないですよ」と言っていた過去

2019.12.03 (Tue)
ニッポン放送系のラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』にて、落語家・立川談志がゲスト出演し、談志に映画を「なんでテメェで撮らねぇんだ」と言われ、ビートたけしは「俺が?撮れないですよ」と応じていた。



立川談志:なんであんな映画出てんだ、(大島)渚みたいな。

ビートたけし:ふふ(笑)

立川談志:あんなね、映画監督が映画を撮るだけでもって話題になるって大馬鹿野郎が。

ビートたけし:ふふ(笑)

立川談志:冗談じゃないよ。映画監督が映画撮るって、それでもって話題になりやがんだ。

ビートたけし:結構、そういう文化じゃないですか。

立川談志:いい加減なこと言うな。それ出てね、喜んで『戦場のメリークリスマス』の宣伝するよ。なんでテメェで撮らねぇんだ。




ビートたけし:俺が?

立川談志:当たり前じゃねぇか。

ビートたけし:撮れないですよ、映画。

立川談志:…山田洋次は20本も撮って。だから、彼は芸術家じゃない。彼は彼の生活があって、彼は職人。いい意味での職人じゃないよ、悪い意味での職人。つまり、これが仕事なの。

ビートたけし:うん。

立川談志:寅さんを撮るのが仕事なの。で、俺は言っちゃ悪いけど、落語っていうのは仕事じゃないから。人生懸けてるからね。

ビートたけし:うん。

立川談志:あなたのこの会話ってのは、人生懸けてる自分としての生き様でしょ?

ビートたけし:うん。

立川談志:違うのかい?

ビートたけし:生き様ってほどでもないけど。

立川談志:まぁ、照れるからそう言ってるだけで。まぁ、生き様の一つですわな。

ビートたけし:うん。

立川談志:だからね、何が言いたいかって言うと、自分の可能性があるわけじゃないか、本も書けた。色々やってるんだから、俺は映画撮るかね…映画撮るべきだな。

ビートたけし:うん。

立川談志:小説ってのは無理、文章が要る。でも、映画は撮れる。俺も撮れると思う。撮ってみようと思うよ。

ビートたけし:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ビートたけしのオールナイトニッポン