爆笑問題・太田、「落語が1人喋りであることは怠慢」と批判したお笑い評論家・高橋維新に反論「お前に感受性がないんだ」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、「落語が1人喋りであることは怠慢」と批判したお笑い評論家・高橋維新に対し、「お前に感受性がないんだ」と反論を行っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:(高橋維新の批判で)「落語を1人で演じるのは、誰が誰だか分からなくなる」と。「あれは経費削減なんじゃないか」って書いてるの。

田中裕二:面白い。

太田光:演劇をするのに、キャスティングが必要だから。演出するのに。

田中裕二:うん。

太田光:「それは、演者の努力不足だ。怠惰だ」と。でも、よく考えてくれ。怠惰っていうのは、「お前の怠惰だ」って思うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:これは芸人が強要するわけじゃないけれども、柳田国男の話から始まってね、要するに1人の語り部がずーっと語り継いできた中で、ふっと祠で蝋石を見た時に、真っ青な空に、星空がバーッと浮かんだことのある感受性。

田中裕二:うん。

太田光:その感受性がなければ、民俗学なんかできませんよっていうのは、落語家もそうなんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:つまり、その感受性がないと、落語なんてものは語れないし、落語を見るにあたっては、その感受性がなければ落語は見れません。

田中裕二:うん。

太田光:僕は、その経験をしてます。はっきり言って。立川談志を見てて、談志がいなくなった経験をしてます。

田中裕二:うん。

太田光:落語っていうのは、そういう意味では、究極の芸術なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:たった1人で、時間も超え、場所も超え、人も超え。何も超え、誰がどうとか、上下(かみしも)がどうとかへったくれもなんともない。全ての世界がたった1人で表現できるジャンルなんですよ。それを、『ENGEIグランドスラム』でそこまで到達できてるとは言いません。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、『ENGEIグランドスラム』で三遊亭円楽が大トリを務めたことへの批判に反論「一つの挑戦です」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、17日放送のフジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、三遊亭円楽が大トリを務め『猫の皿』を披露したことへの批判に対し、反論を行っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


前の記事からの続き:爆笑問題・太田、落語は観客に感受性を求めるものであると語る「感受性がなければ、落語に魂を感じられない」

太田光:「もし演芸を語るならね、その感受性を持て」って俺は思う。親父(高橋秀樹)の方はね…

田中裕二:久々に登場ですよ。長い…大体、そうだと思ったけど。

太田光:親父の方はね、「なんでトリを円楽師匠にしたのか」と言ってますよ。

田中裕二:うん。

太田光:『猫の皿』、見事なネタでしたよ。なのに、「アレだったらもっとくすぐりを入れてやるべきだった」みたいなことを言ってますよ。「アレは、スポンサーに失礼だ」って親父が言うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:っていうのは、「CM入った時に、次も観たくなるように、画面にひきつけておかなきゃいけないから、あんな作りはスポンサーに失礼だ」って。お前ね…お前って言っちゃいけない。大先生。

田中裕二:お父さんの方ね。

太田光:落語もかなり造詣が深いと思いますよ。俺らのことはどうでもいい。でも、落語っていうのは伝統があるんですよ。芸人はそうやって、ずーっと磨いてきたものがあります。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、落語は観客に感受性を求めるものであると語る「感受性がなければ、落語に魂を感じられない」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、落語は観客に感受性を求めるものであると語っていた。

三遊亭円朝全集 Kindle版


太田光:今の落語を作った、最初の人っていうのは、明治時代の三遊亭圓朝って人がいて。

田中裕二:うん。

太田光:この人は、僕は伝記を読んで。どこまで正しいかは分からないですけども。

田中裕二:うん。

太田光:この人、もちろん天才ですよ。今の落語の古典と呼ばれてるものは、圓朝の新作ですからね。

田中裕二:うん。

太田光:新作が今、ほとんど古典落語になってるんですけど。

田中裕二:うん。

太田光:やっぱ、もっと昔から落語はあったんだけれども、圓朝が始めた時代っていうのは、芝居落語というか。

田中裕二:うん。

太田光:カキワリ使ったりね。

田中裕二:ああ、そうなんだ。

太田光:鳴り物を入れたりなんかしてね。

田中裕二:そうなんだ。一人舞台みたいな。

太田光:一人舞台なんですよ。それで、客の目を引いて。

田中裕二:うん。

太田光:それが、めちゃくちゃ上手かったんだって。圓朝って人は。

田中裕二:うん。

太田光:だけど、師匠に三遊亭圓生って人がいたのかな。その人が意地悪で、先にやっちゃうんだって、そのネタを。圓朝より先に(笑)

田中裕二:ああ。

太田光:そうするとね、もうやるネタなくて。それで新作。

田中裕二:しょうがないから作ったんだ。

太田光:作った。それがまた大ウケするわけですよ。ところが圓朝って人は、やっぱり悩むんですね。

田中裕二:うん。

太田光:「俺の落語はいやらしい」って思うわけ。

田中裕二:ほう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

山里亮太、ゲス乙女・川谷絵音が19歳ほのかりんと熱愛報道があったことに言及「結局、モテんだよ」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ゲスの極み乙女・川谷絵音が19歳のタレント・ほのかりんと熱愛報道があったことに言及し、「結局、モテんだよ。良い女とヤリまくれんだよ、バンドって」などと語っていた。

たりないふたり


リスナーメール:(「NASAの驚くべき発表ってなに?」とのお題に)川谷絵音だって、話してみたら悪いヤツじゃない。

山里亮太:NASAがそんな、ゴシップを追求しなくていいんじゃない?どこでそう思ったんだろうね、NASAはね(笑)

でも、(川谷絵音は)芸人のこと、凄いリスペクトしてるんでしょ?実はね。だって、「ゲスの極み乙女」って、アレ、ハマカーンからもらったんでしょ?ハマカーンが先なんだよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、『君の名は。』が面白くないと批判する点が理解できないと発言「俺はあんまよく分かんない」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画『君の名は。』が面白くないとする人のポイントがよく理解できない、と発言していた。

たりないふたり


山里亮太:『君の名は。』、二回目観に行った。やっぱり二回目観に行ったら、超面白い。「おいっ、伏線!ここは…そうじゃん!」ってなる(笑)下手、感想(笑)

まだ観てない人いるかもしれないからね。今、面白いって人と、「浅い」って怒る人もいるんでしょ?もう、分かんない。俺は浅いからしょうがない。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、Bリーグのブースターとして中村雅俊が起用されたことに疑問「なんで中村雅俊さんなのかな」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、Bリーグの「開幕戦中継スペシャルブースター顧問」として俳優・中村雅俊が起用されたことに疑問を呈していた。

たりないふたり


ネタメール:やーい、ずっとバスケ部だったのに、Bリーグ関係の仕事、全然来ねぇでやんの、やーい。

山里亮太:フジテレビが全面的に推してくんでしょ?Bリーグ。NHKさんはくれるんだけどね、車椅子バスケの話とか。フジさんはくれない。

全然、文句とかでもなんでもないよ。シンプルな疑問ね。俺はダメだった。俺はバスケ下手だったし、10年間やってたけど、バスケの話もあんましてない。でも、麒麟の田村さんって、めっちゃバスケの話してるじゃん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、彦麻呂が心配するほど太り過ぎていてコメントが頭に入ってこないと指摘「大丈夫なのかな?体は」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、タレント・彦麻呂が心配するほど太り過ぎていて、コメントが頭に入ってこないと指摘していた。

たりないふたり

山里亮太:彦麻呂さんさぁ、今朝だっけかな…昨日か。『スッキリ!!』でグルメコーナーやってたの。

で、道の駅フェスタみたいなのやってて、全国から道の駅がきてて、27店舗くらい出してるんだけど。

それを彦麻呂さんが自分で食べて、独自にランキングを出すってヤツなんだけど。彦麻呂さん、もう太り過ぎてて。しかも太り方が、「え?え?大丈夫?」っていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、オードリー若林に服装をこき下ろされたと告白「スティーブ・ジョブズに憧れてるペラペラな人間だな」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭に服装をこき下ろされ、「スティーブ・ジョブズに憧れてるペラペラな人間だな」と表現されたと明かしていた。

たりないふたり


リスナーメール:オードリーのネタライブ、行きました。サプライズの南海キャンディーズ参加で、めちゃくちゃ笑って、興奮しっぱなしでした。

ただ、帰りに裏の出口から出てくる、「シンプル・イズ・ベスト」みてぇなスカした格好した山里さんを見かけ、今までの興奮が落ち着きました。お陰で安全に家に帰れました。ありがとございました。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、オードリー若林が南キャンのサプライズ登場をわざと邪魔した理由に感動「当初の形のネタが見たいから」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、25日に開催されたケイダッシュステージのネタライブに、南海キャンディーズとしてサプライズ登場する予定であったが、オードリー・若林正恭がそのサプライズをわざと邪魔した理由に感動したと語っていた。

たりないふたり


山里亮太:第二ブロックが終わって、最終ブロックになって。(MCである)オードリーが、「さぁ、残るは最終ブロックでございます。最終ブロックは、まずTHE GEESE!」って言って。

それで、俺らも舞台袖くらいに降りてって、相方と準備しながら聞いてるわけですよ。それで、「続いては、シークレットゲストです」って若林が言う。オーッ!ってザワザワなる。

「いい感じじゃない、若ちゃん」って思ってたら、「シークレットゲストはね、南海キャンディーズなんですけどね」って。俺も、「ええ~っ!?」って。

ウチの相方も珍しく、「いや、独特なタイミングやなぁ」って(笑)俺も思ったよ。「ちょっと、違うだろ」って(笑)

俺たちが登場する時の、「おおっ!」を、使っちゃってんのよ。「若林、この野郎!」って思って。それで、「最後は我々、オードリーがやらせてもらいます。それでは3組続けてどうぞ」って。

それで、袖で若ちゃんに「お前、どういうつもりだよ。サプライズになんねぇだろ!」って言ったら、「山ちゃん、俺もまだまだ勉強っす」って。「うるせぇな、お前!お前、わざとだろ!」っつって。

ギースが、むちゃくちゃウケるの。俺たちの緊張も増すよ。だって、俺らサプライズっていう最高のつかみで、ネタ一個、追い風で始められると思ったのに、奪われたからさ。

しずちゃんにも、「最初、サプライズだから、それ使ったつかみでやるわ」って言ってて。でも、若林が言った瞬間に、「しずちゃん、ごめん。通常に戻そう。ネタも決めた通りのネタで行こう」「ああ、そうやなぁ」って。

ギースがめっちゃウケる。「さぁ、いよいよ登場です」って。映像作った人も可哀想だよ。足元で溜めてんだから、恥ずかしい。「バーン、南海キャンディーズ!」って言ったら、お客さんも「そりゃそうだ」って顔してんの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、しずちゃんがライブ直前に恋愛話をしているくじらに舌打ちしていたと暴露「ガッチリ舌打ちしてた」

2016.09.29 (Thu)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、25日に開催されたケイダッシュステージのネタライブに南海キャンディーズとしてサプライズ登場したと語っていた。

直前に、くじらが彼女の話をしており、それにイライラしたしずちゃんは、「ガッチリ舌打ちしてた」と山里は暴露していた。



山里亮太:(オードリーの出演するネタライブに)そこにアウェイで行く。でも、若ちゃん(若林正恭)が「サプライズで出したいんで、言わないでください」と。

で、サプライズで出て、サプライズなのに、あんまり沸かなかったら、それもまた、俺達に逆サプライズになるのは怖いな、と。でも、南海キャンディーズが出るサプライズだったら、喜んでいただけるだろう、と。

いざ本番が近づいていって。前日、(オードリー)春日に「明日、よろしくね」って言ったら、「何がですか?」って。「ネタライブ」「あ、ネタライブあること、よく知ってますね」「明日、出るから」って言ったら、「え?!」って言ってましたけど(笑)「コイツ、本当になんも知んねぇんだな」って思って(笑)

当日になって。当日も、「絶対にお客さんにバレちゃいけない」って言われてるから。作家の、どきどきキャンプのサトミツ君とかがね。「サプライズで、演出方法としては、最終ブロック三組で、ギース、シークレットゲスト、オードリーっていう形になります」と。

ネタ前にVTRがあるのね。映画をモチーフにしたVTRで。映画のキャラクターに合わせて、足元からパンアップして、絵がグイーッと動いて、「南海キャンディーズ!」って。「え?南海キャンディーズ、出るんだ?」ってなって、ギャー、そのギャーの中で登場、っていうことになってるんで、「絶対に他のお客さんにバレないようにしてください」って。

入り時間も、相方と10分くらいズラして。よみうりホールって、キャパ1,000人ぐらいのところで。もう、パンパン。当日券も出ないくらいで。入り口、お客さんと全然違う。不思議な入り口なの。壁に、忍者屋敷みたいに真っ青な壁によく見るとドア、みたいなのがあって。それをガチャンって開けると、直でエレベーター繋がってんの。

エレベーターって、当たり前のように四角いイメージでしょ?人2人乗ったらパンパンくらいの、台形のエレベーターがあるの。よみうりホールのある、ビックカメラの壁沿いに。「トントン」ってやって壁に開けると、すぐエレベーターのドアがあって。2人分くらい入れる台形のがあって。それで行くと、舞台袖に着くっていうエレベーターで。それでわざわざ隠れて行ってね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論