ミッツ・マングローブ「慶應義塾高等学校の凄すぎる修学旅行」

2013.11.28 (Thu)
2013年11月27日放送の「小島慶子とミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD」にて、慶應義塾高等学校、慶応大学へと進学したミッツ・マングローブが修学旅行について語っていた。

若いってすばらしい
若いってすばらしい

ミッツ・マングローブ「修学旅行なら、どこに行っても一緒よね。一人旅行じゃないんだから」

小島慶子「みんなで枕投げて終わるんでしょ。あと、『女子更衣室、風呂のぞきに行こうぜ』みたいなこと言って帰ってくるんでしょ?」

ミッツ・マングローブ「ふふ(笑)修学旅行、どこに行きました?」

小島慶子「中学は、広島とか。高校は京都・奈良、伊勢神宮かな」

ミッツ・マングローブ「ふぅん」

小島慶子「『地主神社で恋占いした』とか、どうでも良いことばっかり言って。みんな失恋してしまえば良いと思って」

ミッツ・マングローブ「ウチなんか、男子校で受験が無いから、毎年、修学旅行に行くんだよ」

小島慶子「え?毎年行くの?」

ミッツ・マングローブ「1年生で東北、2年生で北陸、3年生で北海道って」

小島慶子「へぇ。全域行くのね」

ミッツ・マングローブ「北ばっかり行って」

小島慶子「3回行くんだ?」

ミッツ・マングローブ「面倒くさいのよ。中学校の時は面白かったけどね。女の子もいたし。でも、男子校で」

小島慶子「しおりとか、持ち物チェックとかあった?」

ミッツ・マングローブ「そんな可愛げのある高校じゃないの。修学旅行に行く前に、コン○ームの付け方とか教えて。もう、配る勢いよ

小島慶子「え?なんで?!」

ミッツ・マングローブ「止められないのよ」

小島慶子「修学旅行先で?」

ミッツ・マングローブ「もう、ガイドとか凄いじゃん。慶応の高校生来た、なんていったら北陸のガイドなんかウハーってくるのよ

小島慶子「ちょっとちょっと(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  小島慶子&ミッツ・マングローブのANN GOLD

南キャン・山里「石橋貴明に遭遇して鳥肌が立つ」

2013.11.28 (Thu)
2013年11月27日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、とんねるず・石橋貴明に遭遇したときのことについて語っていた。

とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 Season2 Vol.1 「デオデオデオデオ」
とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 Season2 Vol.1 「デオデオデオデオ」 [DVD]

山里亮太「TBSラジオに一回入って、ネタ選びさせてもらって、その後にこの番組の宮嵜プロデューサーと、たまむすびの池田プロデューサーと新宿花園神社の酉の市に行くことになったんですよ」

「それでエレベーターを降りたのよ。池田さんはデッカイ熊手を抱えて。俺は忘れ物しちゃったから、マネージャーさんが取りに行ってくれて、下で待ってたら、左肩の方がフッと鳥肌が立つような感じで」

「見たらタカさんがいて。『アレ?』って。それはそうなるよね。メガネのヒゲの痩せた男がドでかい熊手を持って立ってるし(笑)その先に、俺を見つけて。『あぁ、山ちゃん、何してんの?』って。『今から、酉の市に行って、熊手を…』って言ったら、『あぁ、ホント。これデッカイから、毎年大きくしていかなきゃいけないの、大変だね』って」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

南キャン・山里「江藤愛、田中みな実などのTBSアナは安い女」

2013.11.28 (Thu)
2013年11月27日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、江藤愛や田中みな実について語っていた。

TBS女子アナウンサーカレンダー2014
TBS女子アナウンサーカレンダー2014<FRESH>

山里亮太「(リスナーメール)『山ちゃんって、アナウンサーと毎年、トラブルを起こしてるよね』って。たしかに、そうだね」

「不毛な議論が始まった時には、あの方(青木裕子:南キャン・山里「青木裕子アナにされたヒドイ仕打ち」)。田中みな実と毎年、起こし…そして今年は、あのピンク(山里亮太「売名に使われまくった中島彩アナに激怒」)。本当だ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

南キャン・山里「EXILE・TAKAHIROからの誤発信メールがきた真相」

2013.11.27 (Wed)
2013年11月26日放送の「たまむすび」にて、EXILEのTAKAHIROがメンバーのMATSUに送ったとみられるメールが、間違って、南海キャンディーズの山里亮太のところに届いていたことについて語られていた。

EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~
EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (CD+DVD)

山里亮太「『山里、お前は芸能界的に地味な感じになってないか?』とおっしゃる方にお話したいんですけどね」

赤江珠緒「おっ!」

山里亮太「EXILEって知ってる?」

赤江珠緒「え?あのEXILE?」

山里亮太「そのEXILEからメール来ちゃってさ」

赤江珠緒「へ?」

山里亮太「急に来て。何がビックリしたって、アドレス知らないんだから」

赤江珠緒「え?」

山里亮太「見てよ。アドレスだって、exilefamilyから始まってるからね」

赤江珠緒「あら」

山里亮太「TAKAHIROくんからメール来ましてね。『そうだ、再来週なら土日平気なんでしたっけ?日曜ならMATSUさんも空いてるらしいので、再来週の日曜日に店、予約しておいてOKですか?』って」

赤江珠緒「えぇ?」

山里亮太「番組で喋ったことはあるけど、メルアドなんか交換してないのに、俺くらいスターになると当ててくるんだね」

赤江珠緒「凄いね」

山里亮太「いきなりお誘い」

赤江珠緒「山ちゃん、上戸彩ちゃんにも猛プッシュして、EXILEからしたら物凄い邪魔じゃない?」

山里亮太「たしかに、恋敵?」

赤江珠緒「恋敵っていうか、非常に目障りな、みたいな(笑)」

山里亮太「目障りなことないでしょ。自分たちのトップのカミさんのストーカー…じゃないか(笑)」

赤江珠緒「その立ち位置の人に」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

爆笑問題・太田「渡辺謙と比較されて恥をかく」

2013.11.27 (Wed)
2013年11月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、タクシーに乗っている時のハプニングについて語られていた。

誰?-WHO AM I?
誰?-WHO AM I?

太田「親父の病院への見舞いの行き帰りで、タクシーに乗るからね。ほとんど5~6人の運転手さんと顔なじみになって」

田中「うん」

太田「『行ってるらしいよ』みたいなことで。初めての人でも、『聞いてますよ』みたいな感じだったね」

田中「あぁ」

太田「1回、おばちゃんのタクシー運転手だったんだけど、『太田さんですよね』って言われて、色々話をしながら行ったんですけどね」

田中「うん」

太田「『珍しいですよね、女性』って言うと、『まだ何年かやってるだけなんですけどね』って言われて。『太田さん、おいくつになりました?』って訊かれて」

田中「うん」

太田「『良い年の取り方してるわぁ』って散々、おだてられて。『やっぱ若いもの。カッコイイもの』って(笑)『またまたぁ…オッパイ見せろ』って冗談言って」

田中「捕まるぞ(笑)」

太田「それで、乗りながらウトウトしてたら、『ちょっと!太田さん、見て見て』って言われて。なんだよって思ったら、『渡辺謙!渡辺謙!』って」

田中「え?(笑)」

太田「隣に、環八かな。渡辺謙の車が走ってて。『渡辺謙!凄い!』って、窓開けちゃって」

田中「はは(笑)」

太田「渡辺謙もニコニコしてたけど、隠れたもん、俺。カッコ悪いから」

田中「渡辺謙はスゲェよ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

宮﨑駿「千と千尋の神隠し」の意外なモデル

2013.11.26 (Tue)
2013年11月26日放送の「100秒博士アカデミー」にて、ジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫がゲスト出演していた。鈴木敏夫プロデューサーの仕事としては、主に宣伝戦略であり、予告映像、ポスター、新聞広告などの制作であるという。その仕事について語っていた。

千と千尋の神隠し
千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]

プロデューサーとしての仕事

鈴木敏夫「プロデューサーは同時に編集者でもあるわけだから、作家に作品を作ってもらうわけでしょ。それと同時に、初めての観客でもあるんです。だから、何らかの形で作家に意見を言った方が良い。そうするとね、大概の作家は機嫌悪くなって、意固地になる」

鈴木敏夫「それを本人に気づいてもらうっていうのかな(笑)作品成功のヒントを出すのも仕事かな」

「もののけ姫」は、宮﨑駿の意向を無視してタイトルを決めた

鈴木敏夫「実は、『もののけ姫』のタイトルなんですが、宮﨑駿が途中で変えようって言い出したんですよ。彼が言ってきたのが、『アシタカ耳記(せっき;"せっ"は、耳を3つ並べた宮﨑駿が作り出した漢字)』ってタイトルなんです」

鈴木敏夫「宮﨑駿は、漢字も自分で作ってしまうんですけど、耳記っていうのは、耳から耳へ伝えられた物語であると。でもね、僕は『もののけ姫』の方が良いと思ったんです。もののけ+姫という、大変インパクトのある名コピーであると思ったんですね」

鈴木敏夫「話し合いがあったんですけど、宮﨑駿さんはなんとか僕を説得しようとしたんですが、2人はにこやかに決裂しましてね。それで次回に話し合いは持ち越しになったんですが、テレビで予告編を放送しなければならなくなって。それで、僕は宮﨑駿に無断で『もののけ姫』とタイトルを入れて放送したんです。お陰様で、『もののけ姫』は大ヒットしました(笑)」

宮﨑駿は、ポスターなどに興味ない

鈴木敏夫「宮﨑駿監督は、ポスターその他、興味ないんですね」

松本人志「勝手にやってって感じなんですね」

鈴木敏夫「僕の方でラフを作っていって、持っていくんですが、だいたい30秒くらいで描いてくれますね」

浜田雅功「鈴木さんがポスターとかを変えたってことはあるんですか?」

鈴木敏夫「宣伝マンが作ってくれたものがあって。たとえば、魔女の宅急便で、空を飛んでるキキのポスターもあるんですが、"魔女"が空を飛ぶ。そして"宅急便"だから、荷物を運ぶ…当たり前じゃないですか。そこで、パン屋で店番をしている。そうした方が、単なるファンタジーではなく、1人の女の子の思春期を描いていると表せると思ったんです」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

バカリズム「セクシー女優・紗倉まなに恋をしたワケ」

2013.11.26 (Tue)
2013年11月25日放送の「バカリズムのオールナイトニッポン(ANN)GOLD」にて、紗倉まなと対談し、恋をしてしまった、と語っていた。

ゴッドタン キス我慢選手権ニューワールド
ゴッドタン キス我慢選手権ニューワールド

バカリズム「NOTTVっていって、スマホとかで観るコンテンツで、新番組を始めたんですよ。『もう!バカリズムさんのH!』っていう番組なんですけどね」

「初回は生放送で、杉作J太郎さんとケンドーコバヤシさんを迎えて、ゴリゴリのメンバーで(笑)20分くらいのVTRが途中で入って。それが『AVエピソード0』って企画で。AVのインタビューって、バックボーンを知れたりして、大事じゃないですか。それで、セクシー女優さんを迎えて、ただ対談するっていうコーナーなんです」

「どうしてセクシー女優さんになったのか、その半生を事細かく聞いていくって内容で。その人のバックボーンを掘り下げていくって企画で。それで1発目で迎えたのが、紗倉まなさんって方で。可愛らしい女の子ですよ」







「作品自体は1回観たか観ないかくらいで、お名前と顔は知ってるんですけどね。ただ、僕の好きなジャンルも特殊だったりするから、ガッツリ知ってたってほどじゃないんです」

「それで、あえて作品を観ずに対談しようと思って。そこで初めて会う紗倉まなさんとして見て、半生を知って、その人間を知った上で観たら物凄い興奮するんじゃないかって思って」

「それで実際に対談が始まったんですけど、物凄い良い子なんですね。凄いのが、色んな形で女優さんになると思うんですけど、本当に自分で志願してなった方なんですよ」

「というのも、きっかけがお父さんの書斎でたまたま見てしまったAVなんです。それが物凄い衝撃で。ただ、小さくて何がなんだか分からない時で、一番印象に残ってたのが、猛獣のように絡み合ってる女性の美しさだったんですって。その最初の印象が、『美しさ』だったんですよ。それが潜在的に残ってて、そこからは普通に恋をしたりとか、学校に行ったりするんだけど、いざどこに就職するかってなったときに、『あの職業に就きたい』って思ったんですって」

「それまで、他の作品を見てないんですよ。でも、そこまでずっと残ってて、志願してオーディションを受けて合格した、と。しかもその時に付き合っていた彼氏がいたんですけど、彼氏に内緒でオーディションを受けてるんですね。それは何故かというと、彼氏も反対するだろうし、後ろめたさがあるからかなって思ったら、違うんですよ」

「『なんで彼氏に言わなかったんですか?』って訊いたら、『オーディションを受けて、受かってもいないのに、"セクシー女優になります"って言って、落ちたら恥ずかしいからです』って。決まってから彼氏に伝えようと思ったっていうんです。物凄いピュアなんです」

「そしたら彼氏はあまり賛成してくれなくて、別れちゃったんです。でも、紗倉まなさんとしては、疚しさも感じてなくて、一つの職業として、素敵な仕事だと思ってなってるから。そのなり方って、男からすれば一番の理想的じゃないですか。それくらいピュアな良い子で」

「VTR尺が20分って聞いてたんですけど、個人的な興味で、気づいたら2時間喋ってたんです。2時間質問攻めで事細かく聞いてたんです。幼い頃、どんな子だったか、とか」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バカリズムのオールナイトニッポンGOLD

千原ジュニア「完璧すぎるタクシー運転手に出会う」

2013.11.26 (Tue)
2013年11月25日放送の「にけつッ!!」にて、千原ジュニアが遭遇したタクシードライバーについて語っていた。

人志松本のすべらない話 第24回大会完全版
人志松本のすべらない話 第24回大会完全版 [DVD]

千原ジュニア「前に、アルタを出てTMCスタジオに」

ケンドーコバヤシ「世田谷の」

千原ジュニア「そう。世田谷のTMCに30分で行かなアカンのですよ。1時半に出て、2時に着かなアカンってなって」

ケンドーコバヤシ「結構、厳しいですね」

千原ジュニア「結構、厳しくて、タクシー拾って『TMC分かりますか?』って訊いたら、『ちょっと…』って言われたんで、レモンスタジオです、砧スタジオです…って色んな言い方してみたけどダメで」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「それで『急いでますんで…』って言って、次に並んでたタクシーに乗ったんです。そしたら、マラソンのQちゃんが掛けてるようなサングラスしてて」

ケンドーコバヤシ「ほぅ」

千原ジュニア「『TMC分かりますか?』って訊いたら、すぐに分かって、『はい』って、バーってって行かはるんです」

ケンドーコバヤシ「うん、うん」

千原ジュニア「俺が『こういうルートだったら、ギリギリ間に合うかな』って道を、ずっと行ってくれるんですよ。コース取りも気持ちの良いコース取りで」

ケンドーコバヤシ「えぇ」

千原ジュニア「法定速度を守りながらも、バーって行くんです。そしたら、2時どころか1時55分くらいで着くなって思って」

ケンドーコバヤシ「それ凄いですね」

千原ジュニア「はい。20分間、一切喋ってないんです。『あと5分で着くな』って時に、『ジュニアさん』って声掛けられて。それでサングラスをパーンって助手席に投げ捨てて」

ケンドーコバヤシ「はい(笑)」

千原ジュニア「『よっちゃん、ご存知ですよね?』って。よっちゃんって、(兄)せいじの幼なじみなんです。『はい。知ってますよ。なんですか?』って訊いたら、『いや…よっちゃんの妹が、僕の嫁なんです』って」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「よっちゃんの親戚だったんです。『よっちゃんの親戚なんですか?』って言って。それですぐによっちゃんに連絡して。『今、よっちゃんの親戚の方に運転してもらってて』って話をして」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「『よっちゃんが宜しく言っておいてって言ってましたよ』『僕も、先日、お世話になりまして…』って言ってたら、キーって着いて。『ジュニアさん、お仕事頑張ってください』って言われて」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「よくよく考えたら、この人凄いなと。俺が乗ってきたの分かってたら、そのキーワード"よっちゃん"って持ってるんやから、まず『よっちゃん知ってますよね?』ってなるじゃないですか」

ケンドーコバヤシ「まずは仕事を全うして」

千原ジュニア「5分後に着くって分かって、サングラスを投げ、『ジュニアさん』って(笑)」

ケンドーコバヤシ「凄いですね(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!

かもめんたる・槙尾「女装趣味を告白」

2013.11.26 (Tue)
2013年11月16日放送の「芸人報道」に、キングオブコント2013優勝のかもめんたるがゲスト出演していた。そこで、槙尾ユースケは女装趣味を告白していた。

かもめんたる単独ライブ「メマトイとユスリカ」
かもめんたる単独ライブ「メマトイとユスリカ」 [DVD]

槙尾は、「きっかけは、コント。女性役をするために女装して、ハマった」と語っていた。

さらに、「電車に乗ることも」えるという。最近では、「女装が好きな男子の会、略して女子会というライブもやってます」という。熱の入れようだそうだ。そのライブのときには、奥さんがメイクを手伝っているそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  芸人報道

伊集院光「ドッキリ番組で好きになった菊地亜美」

2013.11.26 (Tue)
2013年11月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ドッキリの奥深さについて語っていた。

お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル 傑作選
お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル 傑作選 [DVD]

伊集院光「ドッキリカメラについてですけども…昨日、オンエアになってたんですが、『もしものドッキリで脳ミソを騙しちゃうぞSP』って特番があってさ。茂木健一郎さんが脳的な見地からドッキリを企画しました、みたいなヤツで」

「俺はスタジオでご意見番みたいなのでいたから、仕掛けたわけでも仕掛けられたわけでもないんだけど。俺はドッキリっていうものが、好きってストレートに言うと違うんだけど、ドッキリっていうものが、いつもとても興味深くて」

「笑うっていうより、哲学的というか変なところに入っていくわけ。たとえば、俺が昔、アンタッチャブルの山崎をここでドッキリに掛ける。俺が凄い怒ってて、山崎が凄い怯える。でも結局、ドッキリでしたっていうのをやるじゃん」

「その時に、恥をかいているのは騙されてる山崎なんだけど、もしくは山崎の素の部分が露呈するってことだけども。でも、俺が怒って、あんなに山崎が怯えるってことは、伊集院っていうのはどんなにテレビで笑っていたとしても、それを信じさせるだけの何かが日頃あるってことはそこに露呈するっていうの分かります?」

「そういうことに関して、ドッキリが無防備だったりするって面白さとか。騙すとか騙されるの関係が、騙す側の過剰な意識に現れる面白いこととかがあって」

「奈美悦子さんがオナラをするってドッキリがあって、奈美悦子さんは仕掛け人なの。それを目の前にいるツッコミ芸人は、それにツッコめるかってドッキリがあって」

「他愛もなくて面白いドッキリなんだけど、奈美さんは仕掛け人で、ちょうど奈美さんの座ってるちょうど下あたりに高性能なスピーカーがあって、結構リアルなオナラの音が出て。それを目の前にいる若手芸人が、言うに言えない、みたいな」

「奈美さんは、『つい笑ってしまいそうになるのが仕掛け人としてキツイ』と。奈美さん、どうしても笑いそうになっちゃうから、どうしようもなくて苦肉の策で、雑誌を顔の前において笑ってるのを隠すんだけど、これは奈美さんからしてみれば、ドッキリの仕掛け人としてヤバイって思ってるんだよね。だけど、この仕草こそが、オナラをしちゃった女の人の仕草なんだろうなって思って」

「失敗だと奈美さんは思ってても、そっちの方がリアルだったり。むしろ、本当にオナラをしてるのに、全然、眉一つ動かさない方が仕掛け人として違うんじゃないかって」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力