バナナマン・設楽が語る「努力する方向性の重要さ」

2012.09.08 (Sat)
2012年09月07日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、努力を行う方向性の重要さについて語っていた。

設楽「埼玉とはいえ、東京じゃないから、どうしたら芸人になるのか知らなくて」

日村「知らないよ」

設楽「お笑いをやりたいって思っててもね。このラジオを聞いている人で、将来お笑いをやりたいって人がいたとする。それで、田舎に住んでる人ととかって、今は情報を探れば分かるとはいえ、それでもそんなには知られてないと思う」

日村「そうだね」

設楽「俺も知らなかったし。俺の時代なんて、インターネットなんてないし」

日村「ないね」

設楽「ホントに、分かんないの。どうすれば良いのかって。そしたら、ライブとかがあるって初めて知ったからね」

日村「知らないね。寄席とかはあるってイメージだけど」

設楽「うん」

日村「知らなかったね」

設楽「今でこそ、結構、各事務所で養成所とかあるけど、俺らと同じくらいの期の人たちが、東京NSC1期生とかでしょ?」

日村「そう」

設楽「もっと下かな。だから、無かったんですよね(注:東京NSCは1995年創立、バナナマン結成時は1993年結成)」

日村「無かったんですよね」

設楽「大阪では、吉本NSCあったけど、やっとこそうなってきたんですよね。各事務所も新人をとるとかなっていったから」

日村「そうだね」

設楽「だから無かったんですよね」

日村「設楽さんは、何で知ったの?ラ・ママとか」

設楽「俺は渡辺正行の付き人をやって、初めてライブがあるんだって知ったの」

日村「あぁ、そうか。それまでは芸能界に入るために付き人やってたんだよね」

設楽「分かんなくって。それで、デビューとか読んでて。変なところ行っちゃって、金だけとられて」

日村「あぁ、そういうレッスン場というか」

設楽「そう。雑誌をけなすわけじゃないし、そこから這い上がって来る人もいるけど、俺はそう思ったの。だって、入学金っていって週に1日、発声練習するから〇〇に集合っていって、今考えると、毎回、その場所が違うの。公民館とか、そういうところを押さえて、まぁまぁそれなりの講師の人なのか分からないけど、日曜日に1時間とか」

日村「うん」

設楽「良い人がどんどん、上のクラスに上がりますっていうけど、俺行ってるときから『ウソつけ』って思ってたからね(笑)」

日村「はっはっはっ(笑)」

設楽「でも、そこで友達とかできたけどね。すぐに行かなくなっちゃったけど」

日村「いやぁ、そうでしょ。当時、『ウソつけ』なんて思えないよね。頑張ろう、ここで頑張ればスターになれる、って思ってなかった?」

設楽「俺、思わなかった」

日村「思わない人の方が、稀だと思うよ。みんな、結構、分かんないからお金払っちゃってたと思うよ」

設楽「うん…でも、そこで俺の場合はラッキーだったよ。そこでリーダー(渡辺正行)の付き人って親父の知人とかを介して知り合えたから良いけど、それなかったら分からないままだったよ」

日村「分かんないよね。俺だって、友達が雑誌にあったのを見つけてくれたんだもん。ラ・ママってあるのを」

設楽「うん」

日村「ラ・ママっていうライブが、東京でありますって」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

ナイナイが語る「満身創痍の芸人・出川哲朗」

2012.09.08 (Sat)
2012年09月06日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」にて、満身創痍の芸人・出川哲朗について語っていた。

岡村「風貌もあると思う。声だけじゃないのよ、嫌われてるのは」

矢部「うん(笑)」

岡村「声はエエ通る声なのかも知れへんけど、やっぱ佇まいとか」

矢部「佇まい(笑)出川哲朗の佇まい?(笑)」

岡村「いやホンマ、旅猿とかでロケ行くやん?それであの人、パン一でメガネかけてるのよ。もうただのジジイよ」

矢部「うん」

岡村「あれはあんま見せへんねんって。テレビでは」

矢部「うん」

岡村「朝起きたときのヒゲ周りと、メガネかけてて、ソフトモヒカンが潰れてるのよ。ただのジジイや」

矢部「オイちゃんやなぁ。オイちゃん」

岡村「声がヘルツ的にはエェのかもしれへんけど、やっぱり佇まいやと思う」

矢部「ビックリしたことがあって。旅猿に一回行ったとき、韓国か。それで俺と東野さんが寝てたら、コソっと起きるのよ。でも、そのコソっとも、コソっじゃないねん。ガサガサって。本人は多分、気使ってるつもりやと思うけど、オジサンやから」

岡村「ヤバイな」

矢部「ホンで、腰痛でヘルニアやってたって言うてたよね」

岡村「そうそう」

矢部「で、しばらく牛さんのポーズでジーってしてんの。腰が痛いから。すぐ立たれへんねんって(笑)そっから、壁伝いに立ちだして。もう、壁無いと立たれへんねんって」

岡村「それやったら良いけど、何時間に一回くらい、数分間、腰を叩きよる」

矢部「あぁ、はっはっはっ(笑)あった、あった。痛いから(笑)」

岡村「もう、それ止めろやって。眠れへんって。それで、自分寝たら、アホほどイビキかくから。寝るときくらい、黙ってられへんのかって」

矢部「治されへんよ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

南キャン・山里「自分のアンチへの反論」

2012.09.07 (Fri)
2012年09月05日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、自分へのアンチについて語っていた。

山里亮太「(リスナーからのメール)『次は、TIGER & BUNNY(タイガーアンドバニー)?アイドルにアニメ?よっぴーを目指してるの?』って…いや、よっぴーって、吉田秀彦さんのことですか?(笑)それなら目指してますよ、強くなりたいから」

「TIGER & BUNNYね、これはやるのよ。特番を東野さんと中田敦彦くんと一緒に。あのですねぇ…たしかに便乗って怒られたんですよ。たしかに言ってなかったよ。でもね、タイガー役の平田広明さんとお友達になりまして。『山ちゃん、TIGER & BUNNYね、面白いけどもっとみんなに観て欲しいんだよね。山ちゃんのサイドからみんなに言ってよ』って言われて」

「『あぁ、是非。俺も観てますし』って言って。そしたら番組にもなって。『平田さん、ありがとうございます』って。そしたら『いや、一緒にタイバニ盛りあげていこうね』って話をして、乗っかってんのよ…乗っかってるっつちゃったけど。でも、普通に観てホント面白かった」

「なんて言うんだろうかさぁ…テレビで言ってること同じこと言っても仕方ないけどさ、ホントに、色んな2本の漫画の良さと、海外のドラマのような設定・展開とか話の感じとか、キャラクターの立ち方とかさ。あと、単純なヒーロー物じゃない、複雑なストーリーが面白いのよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

伊集院光「家電量販店での価格にまつわる不思議」

2012.09.05 (Wed)
2012年09月04日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、家電量販店での価格にまつわる不思議について語っていた。

伊集院光「自分の番組の作成に使う、あると便利だなっていうビデオカメラがあって。業務用のカメラで撮ってもらうけど、使うか使わないか分からないけど、あったら良いかなっていうビデオカメラがあって。予算がないのは重々承知だから、使うか使わないか分からないのに、『借りてほしい』って言うのもどうかなってくらいの必要度なんですよ」

「手ブレ防止機能がついているハンディカムが欲しくて、しかも、今回発売になったソニーのハンディカムの手ブレ防止機能が相当すごいって話を聞きまして、そのハンディカムが欲しいわけですよ。それで、欲しいんだけど、この夏、ほんとに『お金遣っちゃったな』って意識が強くて。車の買い替えもあったし、絵を買っちゃったりしてるから。もう、これ以上の無駄遣いはヤバイんじゃないかなって思ったり。でも、無駄じゃないって思ったり」

「自分の撮りたいビデオ映像に必要なものを躊躇するほうがカッコ悪いんじゃないかなって。色んなせめぎ合いがあるんです。『伊集院、金持ちですこと。ハンディカムをそんな感じで買うんですか』って言われるかもしれないし。それと、『若手と飲んで傷を舐め合ったりするのに、なんだかんだで連れていくと万単位かかるのは払うくせに、撮影機材を出し惜しみするのか』って。この悪口言ってるの、ビックリすることに俺ですけどね。俺の中にいる被害妄想が創りだしたものですよ(笑)」

「買うってことについて悪口を言ってるのが透明の黄色っぽい俺です。買わないことに対して悪口言ってるのが水色のヤツで、名前はついてません(笑)それが俺を罵る中で。どうしようかな、買おうか買うまいかって思ってて」

「ソニーの新製品…10万円超えたりするのかな…それはキツイなぁって思いながら価格.comみてたら、7万円くらいって書いてあるの。ただ、価格.comは分からないからね。実際は品切れなのに書いてあることもあるから。もろもろある。取り寄せて、いつになるのか分からないけどその値段ってこともあるから」

「じゃあ、ちょっと家電量販店に寄って値段を見てみようか、と。価格.comまではいかなくても、ポイントを引いてそれに近ければいいかぁって思いながら、迷いながら、その家電量販店のハンディカム売り場に行ったわけです。9万9千800円の、ポイント10%ってなってて。高いなぁって思って」

「しかも、そういうことってあるの?って思うことなんだけど、宙ぶらりんの俺の感じ。買うべきか、買うまいかって感じのところに、値段としての後押しはないんです。9万9千800円の10%。黄色と赤の札で、〇〇特価って書いてあるんです。1軒目は、9万9千800円で値段はきつかったんだけど、『ウチの店は在庫があって、持って帰れます』って強調して書いてあったから、『売れてるんだ。売れてるんなら買っちゃおっかな』って思って。残り1個ってノリと、9万9千800円ってビビリ。この押し合いの中で、俺の欲しい手ブレ防止機能のついてる、今、CMでやってるシリーズは2つあって」

「ハンディカムの本体にプロジェクターがついているっていう、ソニーはそれを推してるんだけどね。それで付いてるのと付いてないバージョンがあるんだけど、僕は自分の使わない機能が付いている機械が大嫌いなんです。だから、プロジェクターがついているのは俺の中で全然必要ないのに、変な現象が起きてて、このハンディカムのシリーズすごい売れてるらしくて、付いてないやつが9万9千800円で、他の機能は同じでプロジェクターがついてる方が、9万5千800円なの。それで最初の店では頭が痛くなっちゃって(笑)どうしていいか分かんなくなっちゃって買ってないの」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「最近のスパムメール事情」

2012.09.05 (Wed)
2012年09月04日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、最近のスパムメールについて語られていた。

伊集院光「迷惑メールあるじゃないですか。迷惑メールだと、普通のスパムメールみたいなのも入ってきちゃうけど、それをクリックすることで俺に法外な金を要求しようとしてるヤツあるじゃないですか」

「一時期、俺のところにきてたのは、Yahoo!のアドレスに、『未亡人です。1回3万円で、私とHしてください』みたいのだったんですけどね。それだけでもバカバカしいですけど、最近、大丈夫か?みたいなのがやってきてて」

「それは、『世界的な財閥、西園寺家の秘書、西園寺〇〇でございます』みたいなヤツなんだけど(笑)『もう、お金が遣いきれません。だから、お金を遣っていただきたい。とともに、世間を知らない西園寺家の一人娘とHして欲しい』みたいな。なんなのそのレベルっていうのがくるんですけどね(笑)」

「まぁこの西園寺が拒否っても拒否っても俺に金を遣って欲しいらしくって、スゲェくるんだけど。あまりに馬鹿馬鹿しくて、ちょっと中を見てみたいってなるわけですよ。あぁ、そういう戦法なのかなって。だってさ、引っかかるか?だって、そのメールを受け取るって人はですよ、Yahoo!メールを登録できるくらいの脳ミソはあるんですよ?その人間が『マジで?』って思うか?」

「あと、『あの西園寺グループの』ってなんだよって思うんだけどね(笑)それを一生懸命考えてるのもバカだしって思うんですけどね。そんな中、俺のiPhoneに最近、iPhoneのいわゆるショートメールに迷惑メールがくるようになって、困ってたんだけどね。西園寺家からもくるんだけどね(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

オードリー・若林×あるあるの求道者・レイザーラモンRG

2012.09.03 (Mon)
2012年09月01日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」にて、レイザーラモンRGがゲスト出演していた。

若林「あるあるを勉強してきたんですけど」

レイザーラモンRG「はい」

若林「あるあるに対しては、RGさんはどのように見てるんですか?」

RG「ここは真面目な話をしますけど」

若林「はい」

RG「あるあるっていって構えると思うんですけど、万物にあるあるは存在してるんですよ」

若林「今、真面目な話をしてるんですよね?(笑)」

RG「万物にあるあるは存在している、というのが僕のテーマなんです」

若林「え?では、何にでもあるんですか?」

RG「何にでもあります」

若林「たとえば、パソコンにも?」

RG「パソコンにもありますし、マイクだろうが机だろうが。全てにあります」

若林「はい」

RG「でも、すでにお二人は色んな漫才でウケたりしている。ウケてるってことは、共感を得てるってことなんです。要は、そこにあるあるが存在しているんです」

若林「ふふっ(笑)」

春日「あぁ~」

RG「分かります?オードリーと観客の間に、あるあるが存在しているんです」

若林「じゃあ、たとえば春日のトゥースなんてものは…でも、それはウケないから共感がないのか」

RG「ウケてる時はあったんですよね。トゥースは、それが面白いってことに関して、それを分析していくと…」

若林「今、RGさんの指が2本になってますね。これは、あまりトゥースを知らない人あるあるですかね(笑)」

RG「あぁ、そうなんですか」

春日「そうなんですよ。田舎のオジサンとかが遠くからやるトゥースなんです(笑)」

若林「でも、ここにもあるあるがあるんですよね」

RG「そうなんです」

春日「切り返すなぁ(笑)はっはっはっ(笑)」

RG「トゥースというものを世に出すことによって、トゥースあるあるはできていくんです」

若林「RGさん、スピンを思いっきりしてるけど、そのまま走って行きましたね(笑)」

RG「はっはっはっ(笑)」

若林「正面向いたことをいいことに(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN