伊集院光が語る「巨人・渡辺恒雄オーナーによる清武GM解任騒動」

2011.11.22 (Tue)
2011年11月21日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、巨人の渡辺恒雄球団会長を批判して、球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)を解任された清武英利の騒動について語っていた。

伊集院光「清武GMと渡辺恒雄、渡辺恒雄ことクソジジィね(笑)どうかってことですけど、僕の個人的な見解なんですけど、僕はあのクソジジィが嫌いなんで(笑)」

「あのクソジジィがすごいキライなので、どんな奴が何をしても良いので、あのクソジジィに迷惑が掛かれば良いのにって思ったりとか、上手くいったら、あのクシジジィが辞めてくれたら良いのにって思うワケですよ、いつも。野球というものからね」

「今年、暗いニュースばっかりあって、シーズンの途中で、ふてくされたナベツネが、『俺が自殺したって書いていいぜ、新聞に』って言ったことあったの。ブラックユーモアなのか、分かりませんけど。そのニュースが、一番良いニュースでした。今年の中で」

「『俺は死んだって書いて良いよ』ってギャグを急に言い出したんです。その時に、ホントにこんなに渡辺恒雄さんが、沈んでる僕らにウソでもこんな素敵なニュースをくださったって思って喜んだくらいですから」

「だから、清武GMが難癖ふっかけた時には、『おお?』って思ったんですけど、聞いてみると、『日本シリーズの時に、そういう話しなくても良くない?』ってのと、もう最初から言っておけば、清武GM自体が好きなワケでもないからね。もう、毒をもって毒を制すじゃないけど、上手く二人とも抱き合ったまま崖から落ちちゃえば良いって思ったワケ。僕的には」

「だけど、最悪だったな、結果って。このあと、清武GMが切り札として何を持ってるか知りませんけれど、日本シリーズの時期に、ああいうややこしい、『コンプライアンスのことで、重大な発表がありますから』って言って、文部科学省の記者会見場で記者会見をするっていうときに、俺らはプロ野球が揺らいじゃうようなことが何か起こるんじゃないかって思ったんだけどね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

有吉弘行が語る「柔道家・木村政彦の評伝の凄さ」

2011.11.21 (Mon)
2011年11月21日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、柔道家・木村政彦の生涯を辿る評伝の読後感想について語っていた。

有吉「仕事仕事って、忙しさにかまけて、ちょっと暇あれば酒飲んでみたりしてたからさ、これじゃちょっといけないなって思って、それでDVDを観てみようかって思って、園子温監督作品と、思いがけず出会ったわけ」

アルコ&ピース・平子「はい」

有吉「やっぱ、観てみるもんだなって思って。本も最近、全然読んでなかったから、ちょっとみんなが良い、良いって勧めるから、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』っていう、超分厚い700ページくらいの本なんだけど、読んでみようかって思って」

平子「へぇ」

有吉「やっぱり、人生観変わったね」

平子「へぇ、そういう話なんですね」

有吉「木村政彦、柔道の鬼って呼ばれてる人なんだけど、柔道の練習が1日10時間なんだって」

平子「へぇ…」

有吉「それで、後輩たちがそれをマネしてやってみたら、体が全身痙攣で死にかけたりしたんだって」

平子「うわぁ…」

有吉「それを、何年もやってるんだって。1日10時間」

平子「ふははは(笑)」

有吉「大木に帯を巻き付けて、打ち込みするわけでしょ」

平子「はい」

有吉「やってると、背中が擦れてきたりしていくじゃん。それで、血が出るのも構わず、ずっとやってたら、背中が、踵みたいな固さになるんだって(笑)」

平子「はっはっは(笑)」

有吉「スゲェだろ?(笑)俺もう、ちょっとさ、これが努力だって思って(笑)」

平子「はい」

有吉「色んな人が『努力してます』って言うけどさ、マネしたら死んじゃうくらいって(笑)」

平子「芸人の努力に置き換えたら、ゾッとしますよね。唇が踵の硬さになるまで喋り続ける、とかそういう話ですもんね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

ナイナイ・岡村「吉本興業の給料不払い問題」

2011.11.19 (Sat)
2011年11月17日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、よしもとクリエイティブエージェンシー(吉本興業)の給料不払い問題について語っていた。

岡村「DVD(ハイキングウォーキング 単独ライブ 根斗百烈拳3)売れたかて、お金入ってけぇへんで」

ハイキングウォーキング・松田「はっはっは(笑)でも、結構、収入には…」

矢部「最近のお給料、どう?」

松田「それは…言っても良いんですか?」

岡村「だって、働いた分、お金貰えなければ、目が輝けへんやん。頑張っていかれへんやん」

松田「あの…入ってないです」

岡村&矢部「はっはっは(笑)」

矢部「ほら!」

松田「入ってないんですよね」

矢部「ここ最近?」

松田「ここ最近、やたらと増えましたね」

岡村「そうなんや」

矢部「よう聞く」

松田「仕事量は、ほとんど変わってないんですけど、なぜか収入だけ減っていってるんですよね。反比例が…」

矢部「おかしいな」

松田「おかしいんですよね」

岡村「言うても、『確認します』って言うだけやん。確認、しようがないのよ」

松田「はあ」

岡村「DVDを告知したところで、収入、入ってけぇへんで。俺んところ、入ってけぇへんもん」

松田「マジですか?映画、出演されてましたよね。あれも入ってないんですか?」

岡村「映画はね、これシビアな話になるけど、最初にドンって入るの」

松田「そうなんですか」

岡村「それっきり。だから、DVDが出たとか、関係無い。それ込みで、最初にお金貰ってるの」

松田「そうなんですか」

岡村「旅猿あるやん、DVD。旅猿、累計10万枚突破してるって聞いたけど、そんな入ってないのよ」

鈴木Q太郎「えぇ?でも、どっかには入ってますよね」

岡村「それは、どっか入ってるよ。組織には入ってるよ。組織には入ってるよ」

松田「入ってますよね」

岡村「どうなってるのかって話ですよ…ハイキングウォーキングも、漏れてるみたいですよ」

松田「1個、不思議な話なんですけど」

岡村「ハイキングウォーキングの不思議な話(笑)」

松田「僕ら、4月からラジオのレギュラーがもてるようになりまして」

岡村「うん」

松田「生放送の2時間半で」

岡村「やったじゃん」

松田「毎週水曜にやらせていただいてるんですけど、月に、4~5回必ずあるじゃないですか」

岡村「うん」

松田「給料明細見たところ、3回分しか入ってないんです。月に1回、抜いてるのかなって」

矢部「はっはっは(笑)これは、バレたんちゃうかな(笑)」

岡村「その金でスニーカー買ってるな、大谷(マネージャー)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

山里亮太が語る「ももクロファンにtwitterで叩かれた真相」

2011.11.18 (Fri)
2011年11月16日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山里がももいろクローバーZの「労働讃歌」の作詞者を大槻ケンヂではなく、ヒャダインと間違えた件で、ファンから叩かれた件について語っていた。

山里亮太「僕がスッキリのナレーションをやってますけど、そこでももいろクローバーZの『労働讃歌』のニュースが入るワケですよ。そして、その中でテリーさんが言うワケですよ。『この曲って、オーケンさんが作詞やってんだよね』と」

「それを山里が、テリーさんがももいろクローバーZをそこまで知ってるって認識してなかったから、『あれ?テリーさん、なんか言ったな。曲のこと言ったな…』と思って、『ヒャダインさんが良いんですよね~』って言って、変な空気になったの」

「『あれ?変な空気になったなぁ』って思ってたら、その場を終わって、山里がケータイを見ると、『あれ?燃えてるね』って言って。『燃えた?』って、髪切った?くらいのテンションで、『燃えてるねぇ』って言って(笑)」

「その内容を見ると、テリーさんがまぁドンピシャなことを言っててくれて、『労働讃歌』って曲の作詞が大槻ケンヂさんなわけですよ。それって、大きな売りじゃないですか。『それを知らずに、何がももいろクローバーZファンだ』と。『"芸能界でも、ももいろクローバーZを一押してます"だと?ふざけるな!』っていうのが、たくさん来るワケですよ」

「あと、『サンタさん』の作詞作曲をしてるヒャダインさんが、ウチに来てくれたじゃない?前山田健一さんにまで、ちょっと気を遣わせちゃって。つぶやいてるのよ。ヒャダインさんが。『ももクロファンは、懐が深いことを知ってますので、どうか、山ちゃんをそんな責めないであげてください』って」

「その防御壁があったのか、収まりましたけど。…怒られたけど、自分でショックで。こんなミス…ミスというより、何も知らないんだなって。凹んじゃって。それで、つぶやきもしばらく出来なくなって。これは謝らなきゃいけないって思ったんだ」


さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

有吉弘行「和田アキ子を泣かせた、笑福亭鶴瓶の凄さ」

2011.11.16 (Wed)
2011年11月13日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴に出席した感想について語っていた。

有吉「二次会、結婚式の二次会に出るか迷ってたの」

アルコ&ピース・平子「はい」

有吉「俺らの席の芸人も迷ってて」

平子「はい」

有吉「式中に、ノリタケさんが『この後、二次会が怖いんですよね~アッコさんが結構、暴れそうで』って言うのがあったから、『あぁ、そうだ。アッコさん二次会にくるんだ…怖いな』って思って、俺、250人の出席者の中で、一番に式を抜け出したの。式を終わると同時に抜け出したんだけど、案の定、二次会があったみたいで」

平子「ええ」

有吉「結局、鶴瓶さんだけアッコさんちに連れて行かれて」

平子「はい」

有吉「アッコさんと、アッコさんの旦那さんと、マネージャーの前で、落語を本意気でさせられたんだって(笑)」

平子「う~わぁ~」

酒井「すげぇ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

有吉弘行「さまぁ~ず・三村、相方の結婚式でクソ漏らしていた」

2011.11.16 (Wed)
2011年11月13日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴に出席した感想について語っていた。

有吉「三村さんが、ベロベロで」

アルコ&ピース・平子「はい」

有吉「スゲェ、ベロベロで」

酒井「はい」

有吉「飲み過ぎて、式の途中でクソ漏らしてた」

平子「はっはっは(笑)」

有吉「式の途中で抜けて、ズボンを洗ったりしてたから(笑)」

平子「ふふっ(笑)」

有吉「だから、式の途中、当分居なかった」

酒井「えぇ~(笑)うわぁ、凄いなそれ」

有吉「あと…三村さんは、通風がヒドイので、フォアグラが出て来たんだけど、奥さんに取り上げられてた」

平子「はっはっは(笑)」

有吉「それで、ちょっと揉めてた(笑)」

平子「ご本人は、『これくらい良いじゃないか』って言って?(笑)」

有吉「はっはっは(笑)」

平子「可哀想(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

バナナマンが語る「さまぁ~ず・大竹、中村仁美アナの結婚披露宴」

2011.11.13 (Sun)
2011年11月11日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴MCを務めた感想について語っていた。

設楽「緊張したよ!めちゃくちゃスゲェメンバーばっかりで」

日村「大物もいて、300人くらいいるんだよね。大会場で」

設楽「蒼々たるメンバーですよ」

日村「そうですよ」

設楽「もうそれこそ、アッコさんから鶴瓶師匠もいて、芸人もいっぱいいるわ、芸能人もいっぱいいたし」

日村「そう。もう、何かスゴイ特番みたいな感じだったね」

設楽「まぁ、すごい特番2本くらい作れるんじゃないですか。それから、各局のエライ人がいて」

日村「トップがいっぱいいる感じ」

設楽「まぁ、ガチガチで。佐々木恭子さんって女子アナの方と」

日村「それと我々とMCをやって」

設楽「総合司会を。『お待たせしました、ただいまより…』って言って始まるワケ」

日村「そう」

設楽「『大竹家、中村家の結婚披露宴パーティーを…』って言ってね」

日村「そう」

設楽「まぁ、緊張したよ。台本あるから、その通りにやれば良いんだけど…単純にその前で喋るとか、それは佐々木さんと上手くやるから良いんだけど…でも、もう今年一番、MAXに緊張してた」

日村「設楽さん、緊張してたね。あまり緊張を面に出さない設楽統が」

設楽「ガチガチですよ。だって、なんかさ、バラエティだったらもしミスしても、『もう一回行きましょう』とか録り直しあとでできるけど、もちろん、テレビ中継とか無いけど、でも、一生に一度のものだし、何かあったら…ちゃんと出来て当たり前、もちろん、全部の仕事はそうなんだけど」

日村「うん」

設楽「ただ、ここで何かあって…粗相があって、一生それが残ったりしたらね」

日村「そうだね」

設楽「来てる人に対して…もちろん、テレビ番組で司会をやってる人たちが、もうポコポコいるわけですよ」

日村「それだよね。メイン司会者がいっぱい居る中で、なに俺らが司会をやってんだって話だけどね」

設楽「普段、バラエティで司会をやってる先輩や同じくらいの人たちがいるし。まぁ、緊張したね。日村さんは慣れてるからね、ああいう会場に」

日村「違うのよ(笑)」

設楽「結婚式の司会とかも初めてですからね。2次会ではあるけど。でも、日村さんはやってるから」

日村「やってるワケないよ(笑)」

設楽「なんなら、俺に『大丈夫だから』って感じだからね」

日村「もちろん、俺も緊張したよ。緊張したけど、設楽さんほどじゃなかったね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

おぎやはぎが語る「さまぁ~ず・三村の大竹に対する愛情」

2011.11.12 (Sat)
2011年11月10日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴に出席した感想について語っていた。

矢作「俺が印象に残ってるのは、三村さんだね。酔っぱらって、フラフラしてて」

小木「うん」

矢作「ちょこちょこ、俺らのテーブルに来て、太田さんの頭叩いてたけど」

小木「そうね」

矢作「『お前、頭オカシイだろ』って言って」

小木「そうね(笑)何度か、叱りに来たね」

矢作「結果的に、一番酔っぱらってるのは、三村さんで」

小木「うん」

矢作「最後の挨拶で、オオトリになって、三村さんの挨拶ってことになって。大竹さんが挨拶することになって」

小木「オオトリだったっけか」

矢作「千鳥足になって、出て来て。ホントに、酔っぱらった親戚のオジサン、みたいに出て来て」

小木「うん」

矢作「ずっとグダグダなんだけどさ、俺が笑ったのは…色々聞いてた、と。付き合いだしたときのことを、みたいなのを話し出して」

小木「うん」

矢作「『中村アナの家庭は、お固い家庭なんだからさ』って、両親いるのに、そんなことを言い出して」

小木「はっはっは(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎが語る「さまぁ~ず・大竹、中村仁美アナの結婚披露宴」

2011.11.12 (Sat)
2011年11月10日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴に出席した感想について語っていた。

矢作「今週は、大竹さんの結婚式になっちゃうかな、メインイベントは」

小木「そうでしょう」

矢作「ええ。まぁ、良かったね(笑)」

小木「素晴らしいですよ」

矢作「日曜日にありまして。火曜日に爆笑さんもラジオやってるから、その話したかもしれないけど」

小木「したでしょう」

矢作「一番の問題児だったんだけどね。爆笑の太田さんは」

小木「どういう話するんだろうね、自分では」

矢作「たしかに(笑)同じテーブルにいてね。爆笑問題、土田さん、ザキヤマ、有吉くん、品川くん、上地雄輔」

小木「うん、同じテーブルだったね」

矢作「まぁ、初っぱなから飛ばしてるからね。太田さんが」

小木「びっくりするんだよな、ホントに」

矢作「前に、北陽の結婚式とかでは、わざと塚っちゃんを酔っぱらわせて、酔っぱらった親戚のおじさんみたいなことをやらせたことはあったけどね」

小木「うん」

矢作「そういうことができる空気じゃなかったんだよね、大物が多すぎて」

小木「そう。大御所がね」

矢作「芸能人の大御所もいれば、各テレビ局のお偉いさんもきてるし。ふざけるって、ムリなんだよ」

小木「まぁ、そういう空気じゃないもんね」

矢作「面白いヤジくらいだったら良いけど、空気悪くするようなことをわざとやることもあるよ、芸人って。でも、そういうことをやる空気じゃないんだよね」

小木「絶対にできない」

矢作「太田さんは違うね、ハートが。ハートなのか、頭がおかしいのか分からないけど(笑)」

小木「頭オカシイでしょ。完全におかしいでしょ。一緒に居たくなかったもん」

矢作「はっはっは(笑)たしかにさ」

小木「俺らのテーブルが悪ふざけしているかのような感じだったもん」

矢作「分かる。友達だと思われたくないヤツだよね、いわゆる。太田さんが空気悪くなるようなことを言うから」

小木「そう」

矢作「パっと見られるたびに、俺ら下向いてたからね。本来ならハシャギたいところ、太田さんがもうヤバイから」

小木「太田さんが、バンバンいくじゃん。誰も相手しないのね。バナナマンもMCをやってるけど、なんもシカトして。先輩がヤジ入れてるのに無視だからね」

矢作「隣に、田中さんと土田さんで、太田さんを操るの上手い二人だよね。そこも無視ね(笑)」

小木「無視だよ」

矢作「そこに入っていったら、仲間だと思われるから、ツッコミすらしないっていう(笑)」

小木「太田さんが勝手に言ってるって感じになってるけど、それでもめげずに、ガンガンいくからね」

矢作「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

爆笑問題が語る「さまぁ~ず・大竹、中村仁美アナの結婚披露宴」

2011.11.09 (Wed)
2011年11月08日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、さまぁ~ず・大竹一樹とフジテレビ・中村仁美アナの結婚披露宴に出席した感想について語っていた。

田中「大竹の結婚式ありまして」

太田「大竹の結婚式ね。盛大な結婚式でね」

田中「いやぁ、凄かったね」

太田「俺はひんしゅくを買いに行っただけですけど」

田中「太田さんはね」

太田「ホントにみんなムっとしてましたね。なんでコイツを呼んだんだって」

田中「意味が分からない」

太田「ただ、奇声を発して、邪魔をしているだけというね」

田中「そうなんですよ」

太田「ご迷惑をお掛けしちゃいました。すみません」

田中「思ってないでしょ、全然(笑)」

太田「ざまぁみやがれって思ってますけどね」

田中「はっはっは(笑)」

太田「そうは、させるかって」

田中「いいじゃない、式をやって(笑)」

太田「妊娠が発表されてね。ビックリしちゃった」

田中「妊娠は、発表の仕方がね」

太田「全員知らなかったらしいね。CXのお偉方も」

田中「もちろん、そうだし」

太田「ホリプロの上の方も」

田中「みんな知らなくって。司会のバナナマンも知らなかったらしいね」

太田「バナナマン知ってたら、怒るわ」

田中「司会だから、知っててもおかしくはないけどね(笑)スタッフで、VTRを作った人くらいしか知らなかったんだろうね。三村は…どうなんだろう?」

太田「おかしいと思ったんだよ、大竹が急に結婚するっていうから」

田中「何もおかしくないじゃない(笑)」

太田「だから、みんなで握手するところで『だからおかしいと思ったんだよ、大竹!』って言って。そしたら、小声で『あとで、あとで』って言ってて(笑)」

田中「はっはっは(笑)」

太田「隣で太田仁美が『あぁ、太田さん』とかって言ってるけど、構わず『おかしいと思ったんだよ、大竹!やっぱりな』って。そしたら『あとで、あとで』って」

田中「笑福亭鶴瓶師匠から、アッコさんから、郁恵ちゃん、山瀬まみちゃんとかも来てるし」

太田「感謝祭かと思ったよな。スターがいっぱいいて」

田中「まぁ、司会の人はいないけどね(笑)当然ね」

太田「なんでお前、そんなこと言うんだよ」

田中「それは、良いじゃん」

太田「ダメだよ」

田中「あぁ、そう」

太田「なんで俺がわざわざ感謝祭って言って止めてるのに、わざわざ司会の人って言っちゃうんだよ」

田中「それは…」

太田「ダメなんだっていうの。おめでたい席なんだから」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ