雨上がり決死隊「人気の無さを誤魔化すためにしていること」

2011.10.22 (Sat)
2011年10月20日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、雨上がり決死隊・宮迫博之、蛍原徹がゲスト出演していた。そこで、若手芸人に比べて人気がないことを隠すため、その誤魔化し方法について語っていた。

宮迫「ライセンスとか、二人ともまぁまぁ男前なんですよ」

蛍原「そうですよ。だから、ライブチケットとか売れるんです。だって、見てるだけで良いんだから」

宮迫「蛍原さんは、テレビ収録の時とか、出方を考えてるんでしょ?『蛍原さんです~』って呼ばれて、出て行くとき」

蛍原「うん?」

宮迫「この前、言ってたでしょ。何かに挟まって出てくるって」

蛍原「ふふっ(笑)よくね、スタッフの人とか前説をしている子が、紹介してくれるやん。『まずは、ゲストのおぎやはぎさんです。続いて○○さんです。最後は、MCの○○さんです』って紹介していくでしょ」

矢作「はいはい」

蛍原「そんなんもう、ハッキリ出るやん。お客さんの反応が」

宮迫「出ます、出ます。『キャー~~~!』『はぁー~…』って違いよ」

小木「あります、あります」

宮迫「ハッキリ、人気・不人気が分かってしまうから」

蛍原「今やったら、もうそんなん『蛍原さんです!』って言ったら、『フワァ~』ってなるの分かってるから、『ピースの綾部さんです!』って言うときに、一緒に出て行くのよ」

宮迫 & 矢作「はっはっは(笑)」

蛍原「綾部の後ろにパァーって出て行くの。いっつも」

矢作「それ、良いですね(笑)」

蛍原「俺、こんなに歓声あんねやって思えるから」

矢作「でも、それ分かるなぁ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ナイナイ・森脇健児が語る「夢がMORIMORIをやっていた頃」

2011.10.22 (Sat)
2011年10月20日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、森脇健児がゲスト出演していた。そこで、ナインティナイン、SMAPと共演していた『夢がMORIMORI』時代について語っていた。

岡村「森脇さんとは、夢がMORIMORIで一緒にコントもやらさせていただいて」

矢部「夢がMORIMORIでね」

岡村「あのとき、SMAPもまだ、荒井さん(総合演出)にメチャクチャキレられてましたもんね」

森脇「あのとき、ナイナイは売れるオーラあったもんね」

岡村「いやぁ」

矢部「とんでもないですよ」

森脇「メチャクチャ力入れられてたもんね、SMAPとナインティナインっていうのは。その時、『この二人は絶対に売れるんだ』って思ってた」

矢部「キックベースとかやってましたね」

森脇「キックベースやってる時も、俺は『早よ…いつ、京都に帰ろうかな』ってずっと思ってたもんね」

矢部「マジっすか?」

森脇「マジで。ピークやと思ってたから。『これ以上のことは無い』って思ってたから」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

有吉弘行「ピースの番組はお誕生日会ノリ」

2011.10.21 (Fri)
2011年10月18日放送の「ロンドンハーツ」にて、『格付けしあう売れっ子たち』という企画で、『この男と付き合ってもつまらなそう』という格付けが行われていた。

そこで、ピース・綾部祐二が有吉弘行を3位に予想し、理由を述べて噛みついたところ、手痛いしっぺ返しをされていた。

ピース・綾部「有吉さんは、格付けでもグランプリでも好感度は良いし、上位だと思います。でも、付き合ってもつまらなそうっていうことだと、女性と誕生日を過ごして盛り上がったり、出かけようってことが見えないんですよね」

ロンブー・田村淳「誕生日会とか、嫌いそうだもんね」

有吉「『誕生日だ~』って騒いだりするの、お前らのやってる番組と盛り上がり方が一緒だもんな」

ピース・綾部「これは…ちょっと!」

有吉「そんなの、女もつまんないと思うわ」

ピース・綾部「どの番組のことを言ってるんですか!」

有吉「どの番組か分かるだろ。自分の心に訊いてみな」

ピース・綾部「これ…ちょっと収録止めて、やり合いましょうよ」

有吉「誕生日みたいな盛り上がり方してる番組のことを、考えてみろよ」

ピース・綾部「あの人、頭オカシイよ…なんで芸能界に戻ってきたんだよ。アンタが戻ってこなかったら、もっと若手が伸び伸びやれるんだよ!」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ロンドンハーツ

ロバート・秋山竜次が語る「コント『忍者ショー』の元ネタ」

2011.10.20 (Thu)
2011年10月18日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、ロバートがゲスト出演していた。そこで、キングオブコント2011の1本目のネタである『忍者ショー』の元ネタについて語っていた。

田中「1本目は、好きだね、俺。あれ面白いね」

秋山「あれ、実際にいたんですよ。ホントに。吉本新喜劇とか見てると」

太田「あぁ、ずーっと話しているんだな」

秋山「地方に行くと、僕らネタと新喜劇がセットになってて。徳島とか行ったときに、チャーリー浜師匠が、出番前にうろちょろしてたんですよ」

田中「うん」

秋山「それで、始まってて、大丈夫かなって思ったら、警官の服でギリギリまで喋ってて、いきなり話の途中でスッと出て行って」

田中「はっはっは(笑)」

秋山「『行った、行った』って思って。それで、出て行って30秒くらい『ごめんくさい、これまたくさい』でドッカンドッカン笑いをとって」

馬場「笑いはとってるんですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

ロバート・秋山竜次の父親がやっている不思議な商売

2011.10.20 (Thu)
2011年10月18日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、ロバート・秋山竜次の父親がやっている、商売について語られていた。

秋山「親父が結構変わった人で」

太田「インチキなの?」

秋山「インチキではないんですけど、色々輸入して、外に出すってことをやってて…」

田中「ザックリしすぎてて。輸入して外に出すって、別に普通なことだからね」

太田「はっはっは(笑)」

秋山「軽トラックを…」

山本「聞いたら怪しいんですけど、軽トラックを買いあさって…」

秋山「買い漁ってって、人聞きの悪い!」

田中「普通に『買って』で良いでしょう。買い漁って、だと人聞き悪いから」

山本「『忍』って漢字を書いただけでそのままアメリカに売るんですって。そうすると、買ってくれるんですって」

太田「はっはっは(笑)」

山本「今、忍者ブームで」

秋山「使わなくなった軽トラックなんで、処分に困ってるのを親父が集めてるんです。ちゃんと修理して、迷彩に塗ったり、真っ黒に塗って、最後に『侍』とか、『刀』とか漢字を一文字入れると、アメリカの方が、敷地内とか芝生の上を乗るのにちょうど良いんですって」

馬場「カート感覚でね」

太田「へぇ」

秋山「俺にも送ってくれ、俺にも送ってくれってことで」

太田「怪しい(笑)」

秋山「それでビックリしたのが、吉本の劇場にグッズ売り場があるんですよ。売店みたいなのが。そこに、それぞれの芸人のステッカーが売ってて、ロバートならロバートのシールがあるんです」

太田「へぇ」

秋山「それを、毎月『50枚くらい送ってくれ』って言うんですよ。親戚に送るもんだと思って、売店で買い取って送ってたんですよ」

田中「うん、うん」

秋山「ただ、そのペースが凄くて。月100枚くらいのペースになって、吉本の人も『なんでこんなロバートのシール売れるんだ』ってことになって。僕が買い取ってるっても思ってないでしょうし。それを実家の九州に送ってて」

田中「うん、うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光が語る「iPhone 4s発売日の行列はオカシイ」

2011.10.18 (Tue)
2011年10月17日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、10月14日に発売されたiPhone 4sの行列について語っていた。

伊集院光「朝から発売日に、人がスゴイ並んでるじゃないですか。並んでるのを、『何なの?CMなの?』ってくらい、イヤってほどやるじゃないですか。どこどこのアップルストアの前に人がいっぱい並んでますよ、みたいな」

「でも、そのときにこれが宣伝じゃなくて、フラットなニュースだったら、『なんで予約しないんですか?』って言うべきだよ。見てる側の疑問としては、並ぶ理由が分からないワケ」

「そこで、『なんで並ぶの?』ってことに関して、ちゃんと訊かないとオカシイよ。もっと言うと、そこに来る人たちは、『スティーブ・ジョブズにスゴイ感謝してる。そのことを、並ぶことで表したかった』みたいなことを言う人がいるのよ」

「それを逆に、おもしろい、興味深いとも言えるね。でも、こういうデジタル機器が無くしたいものは、そういう行列とかじゃないですか、と。そういうデジタルギアみたいなものが発展すると、世の中からどういうものが無くなって効率的になっていくかというと、"行列"なんじゃないですか?ってことですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「巨人・澤村投手と森アナの婚約発表」

2011.10.18 (Tue)
2011年10月17日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、巨人・澤村拓一投手と森麻季アナウンサーの婚約発表について語っていた。

話の発端は、リスナーからの質問メールで、『巨人・澤村投手と森麻季アナウンサーの、破局報道からの婚約報道をどう思いますか?』というものだった。

伊集院光「澤村投手の破局報道からの結婚報道…スゴイよね。なんなんだろう。なんでそう思ったのか、書く義務があるよね」

「自分たちが何のソースから、どういうか。報道の人たちが、命を守ったりするために、ニュースソースを明かさないってルールや、有益な情報が出なくなっちゃうってことは分かりますけど、ここまであからさまにヒドイ場合は、何故、こういう報道をしてしまったのかってことは、言わなきゃダメでしょ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光「『草食系男子』などと言い出す女がブスなワケ」

2011.10.18 (Tue)
2011年10月17日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『草食系男子』などと男性のことを言い表す女性が、ブスなワケについて語っていた。

伊集院光「僕、いつも閃いちゃって、テレビで言いたくなって、結局、そこを我慢してるんですけどね。それで、木のウロかラジオで喋るんですけどもね…木のウロだったら、中の小虫とかしか聞いてないんですけど、ここだと色々な人が聞けちゃうんで、アレなんですが(笑)」

「よく、したり顔の、俺のイメージだと最近の流行に詳しい女性ライターの○○さんって囲みで出てると思うんですけど、草食男子、なんて言葉を作っちゃったりするでしょ。こういう人は。『草食男子って、こうですよね』って言う人って、そういう人なんですよ。僕の中のイメージでは」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

南キャン・山里「NEWS・山下智久の脱退で怒られる」

2011.10.16 (Sun)
2011年10月12日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、NEWSから山下智久と錦戸亮が脱退した件で、twitter上で怒られていたことについて語っていた。

話の発端は、子供たちを責めないでのコーナーで、『不毛な議論の山Pは脱退しないの?』というネタが投稿されていたことだった。

山里亮太「『不毛な議論の山Pは脱退しないの?』って、この山ちゃんと山Pを掛ける感じ、これに対してですね、twitter上でやや問題が起きたんですね」

「あの…twitterをやってて、面白い人がいてね。『山P、NEWS脱退するんですか?』って俺の方にツイートが来たのよ。俺は、返しとしてね、『いえいえ…そのグループに居た記憶は無いんですけど、ひょっとしたら僕の本当の姿って…』みたいな」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

南キャン・山里「オードリー・若林はクズだ」

2011.10.16 (Sun)
2011年10月12日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、オードリー・若若林正恭について語られていた。

山里亮太「11月12日から公演ラッシュで。ライブ・140っていって、僕のソロライブ。劇団ひとりさんをMCとした、共感百景があって。その後に、『たりないふたり』ってライブをやるの。この『たりないふたり』っていうのは、僕のユニットなんだけど、これはオードリー若林くんと、僕のユニットなの」

「このユニットは、もともと潜在異色ってイベントが発端で、若林くん、心のセコムしてますか、でお馴染みの若林くんが、珍しくすごく僕に喋り掛けてくれて、心を開いてくれて。『実は、漫才を山里さんとやってみたいんです』って言ってくれて。実は、俺もそう思ってたんだ、って言って。同じ猛獣使いタイプの芸人だから、その猛獣使い同士が漫才、つまりツッコミ同士が組んだらどうなるんだろう、ボケの無い漫才、ツッコミだけでどれくらいできるかって一回、やってみようかってことで始まって」

「そのネタ作りが楽しくてさ。それぞれのコンビがどうだって話じゃないよ。それが楽しくてさ、バカって単語に対して、どういう言い方をするか、とか会議したりするの、二人で。そういうのを積み重ねたライブをやろうってことになって」

「まぁね、若林くんが好きだね、漫才が。ずっと漫才のことを喋ってて。俺らのテーマが、心の闇だから、闇のある者同士、人見知りだから、苦手なタイプとかあるの。苦手なタイプを、面白オカシく漫才に昇華していこう、ていうのがテーマになってるの。だから、苦手なタイプの出し合いになるわけ。どういうときに、こういうことしてる人間が苦手だ、とか」

「そういうのをやり取りして、若林くんのブレーンであるどきどきキャンプの佐藤くんがメモってくれるんだけど、そのホワイトボードを終わって見たら、ゾッとしたね。色んな角度からの悪口でビッシリになってるの。それで、僕と若林くんでケタケタケタって笑って。最悪の打ち合わせしてるんだけどね」

「その若林くんが、ホントにこのライブを大切にしたいって言っててくれて。『不慣れなんですけど、twitterってものを、"たりないふたり"でやって、皆さんに興味をもってもらって、ライブに来てもらおうと思ってるんですよ。オードリー、南海キャンディーズのファン以外の人たちにもライブを知ってもらいたくて。だから、二人でやりませんか?』って言われて、始めたの」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論