ナイナイ・岡村「27時間テレビでのバスケコーナーについて釈明」

2011.07.30 (Sat)
2011年07月28日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、27時間TVで岡村が出演者らにバスケットボールをぶつけられるというくだりで、同番組出演のバスケ選手のブログ炎上したことなどについて語られていた。

矢部「リスナーからメール来てまして」

岡村「メール来てますか」

矢部「『お二人の活躍、観させていただきました。面白かったです。とても感動しました。ただ、1ヶ所気になったところがあったので、是非、岡村さんに本当のところをお訊きしたく、メールしました。すぽると!のコーナーで、めちゃイケメンバーで岡村さんにバスケットボールをぶつけるくだりなのですが、まだ試合でパスが回ってこないくだりは納得できるのですが、その後、どうしても納得できません』」

岡村「えぇ、えぇ」

矢部「twitterやバスケット選手のブログなども炎上しています(笑)そうなの?」

岡村「あのぉ…それは、終わってすぐに入ってきた情報なんですが」

矢部「このようなメールが、多数きてるんやって」

岡村「だから、あのぉ…今、多分、福徳が一番可哀想な状態に陥っている、ということで」

矢部「そんなこと言うてたな」

岡村「恐れていたことが、ついに出たんですよ。すぽると!のところで、あそこの3on3、バスケットのお見合いのところ。卓上の(会議の上では面白い)27時間テレビが出てしまったんですよ」

矢部「ほう、ほう」

岡村「生放送ですから、何が起きるか分からないんです」

矢部「分からないですよ」

岡村「あそこは、コントですよ。言うてみたら。コントをやりたかったんでしょう」

矢部「うん」

岡村「そやけど、生放送で時間が無い。巻きが出る。それで、ディレクターはディレクターで卓上の(会議の上では面白い)27時間テレビになってますから、岡村にボールをぶつけなければってことに、頭が集中してしまって、フリが浅いんですよ」

矢部「うん」

岡村「しっかりフリができてなくて、でも、福徳に『岡村にボールぶつけて』みたいなカンペが出て。でも、福徳は福徳で、自分が頑張らなって思ってますから」

矢部「仕掛けやからな、福徳が」

岡村「そうそう。自分筆頭に、仕掛けていかなければって思ってて。フリは浅い。それは福徳も分かってる。俺もコントっていうことも分かってる。わかってるけど、一番恐れていた卓上の(会議の上では面白い)27時間テレビが出てもうたんですよ」

矢部「それは、もう時間がないから、フリがじっくりできなかったんですか」

岡村「あそこ、2パターンあるんですよ。2回目の3on3やるところもあるから、1つめのところではボールも当てなくて良いし、一つ振っておけばいいんですよ。『岡村さん、うるさいですよ』とか」

矢部「うん」

岡村「『えぇカッコするな!』『岡村、何、格好つけとんねん』ってことで、みんなをイライラさせないといけないかった」

矢部「そうね」

岡村「ところがどっこい、『岡村にボールを当てなければダメなんだ』と。『岡村にボールを当てないと、笑いが起きないんだ』という風に、ディレクターさんが思ってしまったんです」

矢部「うん」

岡村「そういうことで、『福徳!ボールを岡村さんに当てろ!』って指示が出て」

矢部「焦ったんや」

岡村「そこには、福徳しか居ない。だから、『お前やろ?』って。すぐに犯人が分かってしまう」

矢部「簡単にみつけられるね」

岡村「あそこ、恥ずかしかった。ホンマは。誰や?っていうの恥ずかしい。もっと、めちゃイケメンバーが居て、誰が投げたのかわからないって状況ならね。『福徳ちゃうんか?』『いや、僕ちゃいます』って言ってるうちに、またどっかからボールが飛んでくる…そういうことなんですけどね」

矢部「うん」

岡村「あそこの仕切りは、すぽると!のディレクションではなく、めちゃイケのディレクションしたから、心から恥じます」

矢部「はっはっは(笑)ホームやったから」

岡村「ホームでしたから。すぽると!の演出ではないってことを分かって欲しいですね」

矢部「そうね、そうね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

爆笑問題・太田「BOOMER・伊勢のブログを楽しみにしてる」

2011.07.29 (Fri)
2011年07月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題・太田光が、BOOMER・伊勢浩二のブログ(BOOMER伊勢浩二オフィシャルブログ「Shall 伊勢 Dance」)を楽しみにしていることを語っていた。

太田「伊勢のブログはね、結構、面白いんですよね」

田中「あぁ、そう」

太田「『思いつきで書いてます』っていうね、シリーズがあるんです。伊勢の」

田中「うん」

太田「アイツ、絵が上手いですから。自分の冴えない話をですね、パチンコでいくら負けたとか、店員のお姉ちゃんが優しくしてくれて嬉しかったとか。それを連載風に、本当に思いついた時に、ポツリポツリと書いてるんです」

田中「ふぅん」

太田「それがね、面白いんですよ、結構」

田中「あぁ」

太田「だから、それをちゃんとさ、書いて欲しいの。それが、3ヶ月くらい更新されないこともあって」

田中「あぁ」

太田「だから、『お前、やるんならやるで、キチンと最後まで書け。途中で止めるなよ』と」

田中「うん、うん」

太田「それで伊勢が『あぁ、分かった』って言うんだけど、一向にやらないから、ウチの若手芸人に、まとめさせて、全部紙にしたの」

田中「うん」

太田「まとめて、一冊みたいにして。それで、ポンって渡して。『今までの分、忘れちゃったから』って言うから、まとめてやったんですよ」

田中「うん」

太田「それで伊勢が『そんなことしてくれたんだ』って。その時は感激してさ」

田中「うん」

太田「その日は更新されるんだけど、また1ヶ月くらい更新されなくて。それで、タイタンライブで会った時に、『お前さ、俺は忙しいんだよ。俺がそこまでやってやってさ』って言って」

田中「あぁ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光「女子サッカーがブームで終わらないために必要なこと」

2011.07.29 (Fri)
2011年07月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、日本代表がサッカー女子ワールドカップで優勝したことについて語られていた。話の発端は、空脳のコーナーで、澤穂稀の名前が出た時のことだった。

伊集院「今、なでしこフィーバーじゃないですか。撫でてシコって大フィーバーですよ(笑)そこでふと思うんだけど、なでしこフィーバーを、なでしこリーグの人気に繋いでいきたいし、繋げていくべきだと思うんですよ」

「そのために今、何でもかんでもテレビの取材を受けるよりは、テレビの取材を受ける代わりに、年間パスプレゼントなんかをやって、結果、手元にみんな忘れた頃にでも、『ちょっと行ってみようかな』っていうものを残していくような手立てをしていかないとね」

「そういう手立てが無いと、(ファンの固定・維持に)繋がらないし、すぐにブームで忘れられちゃうんじゃないの?って勝手な想像をしてるんですけどね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「地デジ移行に関するテレビ局の誤った対応」

2011.07.26 (Tue)
2011年07月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、7月24日に44都道府県でアナログ放送から地デジへ移行が行われたことについて、そのテレビ局の対応がおかしい、と語られていた。

伊集院「今週は、テンション低い週で、テレビを観ていても負の方向にしか何も気づかなかったですけど(笑)地デジ、地デジって騒いでたじゃないですか。『地デジ、おめでとう』じゃないよね。別に地デジなんか5年も前から始まってるから、『こっから地デジだから綺麗になりました』みたいな、ワケ分かんないよね、あの感じ」

「単に、アナログのお葬式だよね(笑)本来は、アナログのお葬式として、『ずっとお世話になってたアナログですけど、今、死にました』が正しいよね。だから、みんな黒い服で出るべきだよね、アレはね」

「ホントさ、誰に向けての放送なのか分かんないんだけど、12時寸前くらいに、アナログの画面を置いて、デジタルの画面を置いて、『アナログの方は文句があるんなら、ここに電話してこい!』みたいな(笑)コールセンターの画面に切り替わるじゃないですか。それで、アレをデジタルの放送の中で、『ああなっちゃってるよ!』みたいに言うのは、何の意味があるんだろうか?」

「だって、アナログでずっと観てた人しか、あの切り替わる瞬間って分かんないワケじゃないですか。アレが切り替わった瞬間、もうあの青い画面になっちゃうから、デジタルの放送で何をやってるか全然分かんないワケじゃないですか。そっちの方で、『今、切り替わったね』とかって言っても、デジタルの人はその前からデジタルで観てるから、『切り替わった瞬間なんか、映んないんじゃないの、なんかハシャイでるけど、アッコ?』って思いながら(笑)観てました」

「なんか、とりあえず『地デジ化おめでとう』みたいな空気を出すと、みんな単純だから『おめでとう』って感じになっちゃうじゃないですか。俺も、なんかおめでとうの感じになっちゃいそうだったもん。迂闊にも」

「テンション高い日だったら、おめでとうの感じになってましたよ。でも、テンション低い日は基本、人の粗ばかりを探しながら家でテレビを観てますんで、大丈夫だったんですけど。…でも、よく分からないのは、東京はアナログ終わるじゃない?ウチ、なんだかんだ言って、地デジには対応できたんですけど、MXテレビが映らないんですよ。アナログ時代には映ってたMXテレビが映らないんですよ」

「MXテレビが映らなくなった頃に、レギュラーが無くなったから、ちょうど良いんですけど(笑)でも、5時に夢中とか、ジャンボーグAの再放送とか観られなくなってるんですよ。探偵ナイトスクープとか。でも、アンテナを立て直そうかって考えた時、本当かどうか分からないけど、スカイツリーってまだ電波を発してないって話じゃないですか。デジタル派はまだ出てなくて。スカイツリーが完成して、出しますよってなったら、ドロって出るんでしょ?(笑)『ドクドクドク』って出るわけでしょ。今は、まだ別の所から染み出してるワケでしょ。ジュワーって」

「アンテナを付けに来た人の言い訳かも知れないけど、悪戦苦闘した結果、『MXが映んなじゃないか』って言ったら、『MXは良いでしょ?』って言ったんだから。先週まで、俺はレギュラーやってたんだよって思って(笑)『スカイツリーの電波に切り替わったら、またちょっと具合が違うんです』みたいなことを言うワケ。じゃあ、そのスカイツリーまで待ってからで良くない?って思って」

「そもそも、頼んでねぇだろって思って。デジタル化をね。でも、出演しますけど(笑)『じゃあ、お前、ずっとアナログ出てろよ』って言われても、どこからも汁が出ない状況だと、一人でスタジオで騒いでる人になっちゃいますから」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

オードリー・若林が語る「俳優の台本の覚え方」

2011.07.24 (Sun)
2011年07月23日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、舞台・芸人交換日記の主演をつとめる若林正恭が、俳優・田中圭に聞いた台本の覚え方について語っていた。

若林「稽古してると、まぁ(台詞が)飛ぶのよ。本を1冊覚えるくらいありますから」

春日「ああ、スゴイね」

若林「飛ぶと、両隣の人が、キーワードをくれるの」

春日「へぇ」

若林「『河本は…』とかって言ってもらって、『あぁ、そうだ!河本は…』とかって、続けられて。その両隣の人たちは、何の人たちなんだろうか」

春日「なんだろうね(笑)」

若林「それで、トチったところを印つけてくれたのをくれたりとか。でも、他の仕事もしてるんだよね。重要な、舞台の音楽の話をしてたりとか」

春日「うん」

若林「それで、奥に年上の女性の方がいらっしゃって、小道具でお弁当とかが必要な時に、結構、遠くの席にいるんだけど、そのお弁当をポンって置いて、すぐに戻っていく人もいるんだよね」

春日「定位置に?」

若林「うん(笑)ケーキが必要だったら、ケーキの形の小道具を置いていって。それで、ポンって置いたらそのまま元に戻るの。5時間の稽古中、一言も喋らないんだけど」

春日「へぇ」

若林「ケーキが必要な時に、1回、ニット帽を置いたんですよ。代用として(笑)」

春日「はっはっは(笑)」

若林「そしたら、伊勢佳世ちゃんが『おめでとう』ってニット帽持って芝居してるから、俺、笑うの我慢してて」

春日「ほう(笑)」

若林「子供が要るところで、思い切り猫のぬいぐるみを使って芝居してて(笑)」

春日「うん」

若林「至る所で気づいてくれて、その女性」

春日「小道具関係のスペシャリストなんだろうね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー・若林が語る「若手芸人のヒドイ扱い」

2011.07.24 (Sun)
2011年07月23日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、舞台・芸人交換日記の主演をつとめる若林正恭が、若手芸人時代のヒドイ話を明らかにしていた。

若林「私、舞台初めてですから、ほぼ。アレ以来ですから、『ヤマザキ』って舞台以来。3ヶ月稽古して、ノーギャラだった」

春日「何だったんだ、アレ。幻みたいな3ヶ月でしたけど」

若林「アレに関しては、俺も春日も同じ温度で怒るんですよね」

春日「年に何回か思いだすんですよね。『アレは一体、何だったんだ』って」

若林「アレ、何だったんだろうな?」

春日「アレ、結局、どっかのディレクターの趣味でしょ?」

若林「そうそう」

春日「3ヶ月、ガッチリ練習して。一応、ギャラは出るからって言われて」

若林「バイト代を訊かれたから」

春日「ちゃんと、その話しました?」

若林「ちゃんとはしなかったかもしれないけど、バイト代くらいは出るって言われて」

春日「ねぇ。バイト代くらいはって言われて」

若林「『月8万円くらいです』って言ったら、『3ヶ月で24万円か…OK』みたいな話はあったんだよね(笑)」

春日「あったんだよ」

若林「毎日稽古してたから、バイト入れないからね」

春日「そうね」

若林「収入0円なんですよね」

春日「バイト辞めさせられる寸前のリスクを背負って。必死にやって。それで、ふたを開けてみればノーギャラっていう」

若林「俺は座敷童の役で。絵コンテで着物みたいなのと半ズボンで、『こんな感じなんだぁ』って思ってたら、2週間後に『黒いTシャツと黒いハーフパンツで来てくれ』って言われて」

春日「あぁ、そうだよ」

若林「お前は赤いTシャツとハーフパンツで来てくれって言われて。それで、赤いハーフパンツなんかないから、自腹で買ってたもんな」

春日「買った」

若林「俺も黒いハーフパンツ借りて、Tシャツはユニクロで買って」

春日「うん」

若林「アレ、何だったんだろうな?お金が無くなったのかな」

春日「座敷童って言ってるのに、妖怪っぽくなくて、普通にハーフパンツとTシャツだったっていう(笑)」

若林「もう26~27歳で、オッサンなのに『僕、須藤!遊んでいるのだ』とかって言って(笑)座敷童とかっていって。アレ、不思議だったなぁ」

春日「不思議(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

おぎやはぎが語る「篠田麻里子の本性」

2011.07.23 (Sat)
2011年07月21日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、AKB48・篠田麻里子の本性について語られていた。話の発端は、その日の放送メールテーマ『ブルった話』に投稿された「新垣結衣の握手会に行って、可愛すぎてブルってしまい、アワアワしてしまいました」というメールが読まれていたことだった。

矢作「それはブルっちゃうよ。ガッキーの握手会なんかに行っちゃったら」

小木「そうなんだぁ、可愛かったんだね。女優さんって、やっぱり違うもんね、レベルが」

矢作「ガッキーを目の前で見たらブルっちゃうでしょ。輝いてるんだから」

小木「この間、堀北真希を見たときは、ブルブルしちゃった」

矢作「はっはっは(笑)膝がブルブルしてた」

小木「俺、楽屋を出たら目の前に居て。ブルブルしちゃった。こんな可愛いんだって」

矢作「オモシロイよね、握手会とか。俺ら、AKB・篠田麻里子と一緒に仕事してるじゃない?」

小木「はいはい」

矢作「それで、一緒にイベントとかに行くと、AKBのファンの人がいっぱい来るワケよ。それで、ウォッチングができるの」

小木「うん」

矢作「『ありがとうございます』とかって感じは見ていて気持ちが良いんだけど、10人に1人くらいは、スゲェ上からくるヤツがいるの」

小木「ふふっ(笑)」

矢作「『おぉ、麻里子』みたいな。『麻里子、今日、調子良さそうだな』みたいな感じで言ってくるの。アレ、何なのかね」

小木「なんだろうね」

矢作「何でそんな上からくるんだろうって思ったんだけど、よく考えたら、俺ら中学生くらいの時とか、中森明菜さんのこと、『明菜』とかって呼ぶよね」

小木「明菜って言ってたね」

矢作「なんで、アイドルの人って、下の名前で呼んじゃうの?昔、そうだったじゃない?『明菜がさ…』とかって。その感覚で言ってるんじゃないかって」

小木「でも、目の前でだよ?いくら言ってたとしても、目の前では…」

矢作「うん」

小木「名前だけじゃないじゃん。言葉がもう、上からじゃん」

矢作「『どうしたの?今日。冷たいじゃん、麻里子』とかね」

小木「そう。そう言うね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ナイナイ・岡村「六本木でコワイ人に絡まれる」

2011.07.22 (Fri)
2011年07月21日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、六本木でコワイ人たちに絡まれたことを明らかにしていた。

岡村「滅多にアレなんですけど…この間、ご飯をCOWCOWの多田くんと食べに行ったんですよ」

矢部「うん」

岡村「その後、もうちょっと飲もうかってことで、知り合いの六本木のお店に行こうとして。そこ、交差点に近いんですよ」

矢部「うん」

岡村「『怖いなぁ』って言って。日頃あんまり行かへんし、慣れてないから、道行く人とかもコワイなぁ、ドキドキするなぁって思ってて。帽子も何も俺、被ってなかったから」

矢部「うん、うん」

岡村「『何かあったら、多田、助けてな』って言って。そしたら、『分かりました』って言うて」

矢部「はい」

岡村「タクシーを降りた瞬間や。低い声で『おい!』って言われて。ダブルのスーツ来た人。『俺、ヤ○ザなんだけどよぉ』って言われて。出た、いきなりやぁって思って」

矢部「面白いな(笑)」

岡村「『はいっ!』って言って。『今からよぉ、キャバクラ行くけどよ、来いよ』って言われて。『いや…あのぉ…これから知り合いの店に行くので…』って言ったら、『いいだろ。ちょっと来いよ』って言われて」

矢部「これはもう、キャラクターやろなぁ…」

岡村「パッと多田の方を見て。『たすけてぇ…』って言うて」

矢部「うん(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

南キャン・山里が語る「芸人報道での中山功太の嘘トーク」

2011.07.21 (Thu)
2011年07月20日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、中山功太が「芸人報道」で同期・南海キャンディーズ・山里にまつわる嘘の話をしていた、と明らかにしていた。

この話とは、山里が恩義ある先輩、千鳥・大悟の奥さんの胸を、酔っているのを良いことに揉みし抱いたとのことだった。このことは、全くの事実無根であると山里は訴えていた。

山里「芸人報道っていう、雨上がりさんがやってる番組があるんだけど、中山功太が言ってたらしいのよ。俺が先輩の奥さんを、酔っぱらってる奥さんを連れ出して、乳を揉んでた、みたいなことをね、言ってたのよ。芸人報道で」

「これね、違うのよ。芸人がエピソード喋ったことにね、色々言うのは、タブーとまではいかないまでも、あまりないことなのよ。でもね、これだけはハッキリ言わせてもらうけど。盛ることに関しては良いんだけど、嘘はイカンよ」

「『うわぁ、山里そんなこと言って…』って思うかもしれない。私はね、この放送を聞いてても分かるとおり、クズ山ゲス夫でございますよ。クズ山ゲス夫ですから、この言葉に説得力は無いかもしれないけど、一つだけ言いたいのよ。やってないのよ」

「『言ってやんなよ』って思うかもしれないけど、1個だけ言わせて。これを言いたくなった理由を一つ挙げるなら、千鳥の大悟さんって人は、僕にとってメチャクチャ尊敬している人なのよ」

「俺らが全く売れてなかった頃から、大悟さん自身もそんなに仕事無かった頃ですよ。『今日は、金入ったから寿司や!』って言って、連れて行ってもらって。それで、『ちょっと金下ろしてくるわ』って言って、消費者金融に入っていって、飯を食わせてくれるような、恩義ある人なのよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

爆笑問題が語る「原田芳雄の訃報」

2011.07.20 (Wed)
2011年07月19日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、大腸癌で亡くなった原田芳雄さんの訃報について語られていた。

太田「原田芳雄さんね、亡くなっちゃいましたけど」

田中「亡くなっちゃいましたね」

太田「この間、サンデー・ジャポンで舞台挨拶が放送されてましたけど」

田中「ええ」

太田「手紙を書かれて」

田中「ご自分では読めないということで、代読されて」

太田「石橋蓮司さんが手をとってね」

田中「そうですね」

太田「あぁ…っていう図でしたけどね」

田中「ええ」

太田「1回だけお会いしたことありますね。テレ東の特番で」

田中「なんでだっけ?」

太田「お正月特番でね」

田中「そっか」

太田「大爆笑とかだったと思うんだけど」

田中「うん、うん…なんだっけ?アレだ。ロケで、バーみたいなところで撮ってたよね」

太田「セットですよ」

田中「バーのカウンターみたいな」

太田「そうそう」

田中「あったね。もう、10数年前だよね」

太田「まぁそうですね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ