爆笑問題・太田が語る「伊集院光」

2009.10.26 (Mon)
のはなしに2009年10月26日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」に、伊集院光がゲスト出演していた。この放送枠は元々、伊集院が昼のラジオ番組をやっており、いわば出戻りのような形での出演となった。

「番組を降板するにあたって、翌週は家に居ることができなかった。辞めるからには、暇ではいけない、なんてことを考えて無理に外に出かけた。そうしたら、町ゆく人に『あれ?伊集院さん、ラジオは?』とかって訊かれた。そうしたリアクションで、聞いてくれていたリスナーがいたんだって実感した」

「それは、辞めてみて気づいた感覚だった。あと、日曜日が暇になってしまった。意外にやることが無くて、ラジオを聞いていたりする。そうすると、自分がいなくても世界が回っている感覚があって、少しイヤになってしまったりもする」と、伊集院は語っていた。

さらに、そこから以下のような太田光の考える『伊集院光』像について語られていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

おぎやはぎ・小木 「森山直太朗の前で妻の容姿批判」

2009.10.24 (Sat)
直太朗2009年10月20日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、森山直太朗がゲスト出演していた。森山直太朗がゲスト出演することになったのは、以前放送で語られていた「オアシズ・大久保佳代子が事務所の後輩である小木を使って、直太朗とお見合いをしようと画策している。しかも、直太朗はハッキリとそれを断らなかった」ということがあったからだ(森山直太朗 「オアシズ・大久保とお見合いへ」)。

これを重くみた矢作は、「あんなの(大久保)が近づいてきてもハッキリと『NO!』と言わないのは、重傷だ。女性に対して優しすぎる。だから、女に厳しい小木が、一度、説教してやった方が良い」ということで、直太朗がゲスト出演することになった。

小木は「今までの(直太朗の)彼女を見てきたけど、う~ん…まぁまぁかな」と本人を目の前にして言いだした。直太朗は「なんてこと言うんですか、ちょっと待って下さいよ」と反発。矢作も「でもね、大久保さんが近寄ってきても、それを断らないのは…絶対に付き合うのは無理だと思ったけど、小木が言うには、『今までの付き合ってきた女性を見ると…ありかも』って言うからね」と話していた。

こうしたことで始まった、直太朗に対する説教は以下のように行われていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

加藤浩次 「デニーズでクレーマーとなる」

2009.10.24 (Sat)
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]2009年10月23日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、デニーズでちょっとした騒動を引き起こしていたことを明らかにしていた。話の発端は、最近やっているというサッカーのことだった。「最近、サッカーをやっている。半年くらいになるかな。中年チームなんだけどね。かなり動けるようになってきた。終わった後にビールを飲むのが楽しみで」と話していた。

「いつも、フットサルのサッカー場の隣にあるデニーズで飲んでいるんだけどね。もう、終わる30分くらい前から水を飲まない。それでビールを飲むのが美味くてな」

「そのデニーズは、しょちゅう行くからね、だからメニューも知ってて、だいたい唐揚げ、シザ-サラダ、ほうれんそうのソテーとか食うんだよ。それが結構うまくてね」

「あと毎回、サイコロステーキを頼むんだけどね。今回は頼んでなかった。もう中ジョッキで5~6杯くらい飲んでたんだけど、そこから『サイコロステーキ頼みますか』って話になった」

「それでサイコロステーキがきたんだけど、高校の頃の後輩もチームにいて、そいつが『加藤さん、サイドにあるコーン、いつもより少なくないですか?』って言い出した」と話していた。そこから、やっかいな酔っぱらい連中が以下のようなことをしだしたらしい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次 「娘の運動会で批判される」

2009.10.24 (Sat)
極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻~民放各局に拒否され実現できなかった企画集編!~ [DVD]2009年10月23日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、長女・小羽ちゃんの小学校の運動会を観に行ったことを明らかにしていた。朝の6時半から場所取りに出かけた、と加藤は話していた。

「すごいんだよ。今の小学校の運動会とかって。他のお父さんとかは、もっと早い時間に場所取りに行ってるそうなんだよ。だから、そんな時間に行っても後ろの方になっちゃってた」

「まぁ、今回も小羽は徒競走でビリになってた。ダメだな。ああいうところでは頑張れないんだよ。ふざけたりとか、アウトコースからスタートで、1コーナー回って、80 mくらい走るんだよ。アウトコースだから不利なんだけど、ずーっとアウトコース走ってて、そのままビリだった」

「午後は親と一緒にやる競技があって、二人三脚リレーがあった。それに、俺も出場した。なんだか知らないけど、俺は最初とアンカーを走らされることになった」と語っていた。その顛末は、以下のようになっていたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

ナイナイ矢部 「ガリクソンとエハラマサヒロの争いを語る」

2009.10.23 (Fri)
プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]2009年10月22日放送の「ナイナイのANN」にて、『岡村VS矢部、炎の9番勝負』という企画が行われていた。その中の勝負に、「ギリ大丈夫な芸能界暴露トーク」が行われた。これはその名の通り、話してもギリギリ大丈夫な芸能界の裏話を互いに明かし、その際どさを競うというもの。

矢部は「この日のために、ネタを仕入れてきました」と前置きをしてから話をしだした。「お笑いさんが好きな人は知っているかもしれませんが、ガリガリガリクソンと、エハラマサヒロが、ブログで喧嘩していたらしいんです」と話した。

どうやら、この騒動はネット上では有名であり、いくつかのニュース記事になっていた。「リチャードギアのモノマネをパクられた」と主張するガリクソンと、「たまたま似ただけ」と主張するエハラ。この両者が真っ向から対立していたようだ。

「ガリクソンの方が先輩で、エハラの方が後輩なんですって。事の発端は、ガリクソンがやっていたネタを、エハラがパクった、そのことを攻撃しだしたんですって(web魚拓)。『エハラ、パクりやがって』ということらしいです」

さらに、そこからどのような展開になっていったのか、矢部は以下のように話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

有吉弘行が谷桃子にした「とんでもない行為」

2009.10.22 (Thu)
谷桃子 Fresh!Eye [DVD]2009年10月22日の「ゴッドタン」にて、『第1回谷桃子王選手権』の放送が行われていた。この収録に際して、おぎやはぎの二人は「空気が読めないというレベルじゃない。振り切れている。(良い意味でも悪い意味でも)すごい逸材」と語っていた(おぎやはぎ 「谷桃子の空気の読めなさ加減はスゴイ」)。

その彼女の実際の様子はどうなのか、その内容がようやく放送されていた。スタジオに入る前の谷についてトークが行われると、絡んだことのある有吉は、「ほ乳類最悪」と谷のことを称していた。

まず、前室で打ち合わせ(と称される隠し撮り)では、ディレクターに振られたアントニオ猪木、江頭2:50の(似ていない)モノマネを披露していた。江頭のモノマネでは、直立から転倒するネタまでしっかりと行っていた。

その後、スタジオに入って「気分は?」と訊かれた谷は、「ペロリンチョ」などとワケの分からない答えを連発していた。これを見たフットボールアワー・後藤は「ピックアップしたらアカン子」と谷のことを称していた。

また、問題の中でおぎやはぎもラジオ内で語っていたボード消し事件について、以下のようなことがスタジオ内で起こっていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ・矢作の「黒い繋がり」疑惑

2009.10.22 (Thu)
爆笑オンエアバトル おぎやはぎ [DVD]2009年10月21日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、『それ美味そうやな選手権』が開催されていた。これは、それぞれの部門で美味しそうな食べ物をリスナーが投稿し、その部門ごとにナンバーワンを決めるという企画である。

その企画の選考委員長として、おぎやはぎ・矢作兼がゲスト出演していた。その際、「オレが行く店、行く店、矢作が行っているんだよな。行くと『矢作さんもいらっしゃって』とかって言われる」と話していた。矢作は意外にも食通らしいが、『すぐに忘れちゃう』ということで、表立って仕事には活かすことが難しいそうだ。

その話になると、宮迫は「店に食事に行って、そこに矢作がいたんだよ。その連れが怖い、厳つい感じなんだよ。明らかにその筋の人。矢作の『黒い繋がり』を見た」と語っていた。

さらに、その場で以下のようなことがあったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

爆笑・太田と田中麗奈の芸能事務所社長の関係

2009.10.21 (Wed)
笑う超人 立川談志×太田光 [DVD]2009年10月20日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、12月23日公開のアニメ映画『よなよなペンギン』のアフレコを爆笑問題が行ったことを明らかにしていた。そこで、「主人公は、元・ちびまる子ちゃんの森迫永依ちゃん。そこに、我々も出演している。それでね、国際映画祭の舞台挨拶に行ったんですよ。そこに、田中麗奈ちゃんもいた」と太田は話していた。

「田中麗奈ちゃんの事務所(テンカラット)の社長は、オレの中学の同級生なんだよ。小林栄太朗っていうんだけどね。オレが前室にいたら、『よう!』って挨拶に来たんだよ。最初は、『誰だ?こいつ』って思ったんだけど、よく見たら中学生の同級生だった」

「噂で聞いてたし、田中麗奈ちゃん、大沢あかねからも聞いていた。でも、この業界にずっといても、今まで会ったことが無かったんだよ。…あいつとは、ケンカばっかりしていた。オレと同じで、あいつも隅っこで悪巧みばかり考えているような奴だった」

「あと、小杉ってやつもいたんだけど、そのチンケな三人が集まって、イタズラばっかりしていた。授業中に互いのクラスに行って、画鋲を投げたり、黒板消しをバンバン叩いたりしていた。あいつは、その手の奴だったんだよ」

そこから、互いの接点について以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光が語る 「キライな芸能人」

2009.10.20 (Tue)
松居一代の超整理・収納術2009年10月19日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、伊集院のキライな人物について語られていた。話の発端は、マレーシアのおみやげである『ナナフシの標本』プレゼント企画だった(注:マレーシアは、クイズ雑学王の5回優勝のご褒美として行った)。

この企画は、「どれだけ今、自分がナナフシの標本を欲しているか」をリスナーが訴えるものであった。そのコーナーに、「松居一代が、PS3の廃熱口に詰まったホコリは、ナナフシの足が一番とれると聞いたので」といった内容のリスナーからのネタ投稿があった。

こうしたネタ投稿に対して、伊集院は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

加藤浩次が語る 「浜田ブリトニーの本性」

2009.10.20 (Tue)
パギャル! 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)2009年10月16日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤浩次が会った浜田ブリトニーの印象について語られていた。話の発端は、リスナーからのネタ投稿メールだった。「浜田ブリトニーが、アラフォーならぬアラウンド・ゴリラに含まれることになった」というものだった。

このことに関連して、「イメージとすれば、ほぼゴリラだよね。マッパで歩いていたとしても、別段『裸だ』とか思わない。むしろ、自然な感じがする」と話していた。

さらに、「この前、収録番組で一緒になってね。そのときは、テレビで観ているときとまるっきり違う印象だった」と話していた。

その時の様子は、以下のようなものだったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂