芸人・出川哲朗が誕生したきっかけ

2009.08.26 (Wed)
リアクションの殿堂 [DVD]2009年08月24日放送の「バナナマンのバナナムーン」に、出川哲朗がゲスト出演していた。リスナーから、「出川さんは元々、何をやっていた人なんですか?」という内容の質問メールが届いていた。この質問によって、出川が芸人になったきっかけについて話されていた。

出川は「元々は、ウッチャンナンチャンとかと劇団をやっていたのよ。要は、当初は役者をやってたんだよね。劇団『SHA.LA.LA.』ね。でも、今の若い子はその劇団とか知らないでしょ」

「…駆け出しの頃、ウッチャンナンチャンがショートコントをやりだしたら、人気が出始めた。それで、自分たちの番組を始めた。そうしたら番組のスタッフが『ウッチャンナンチャンは、舞台もやっているんだって?』ということになって、興味を持ってくれて、舞台を観に来てくれるようになった」

「それで、俺らのことを『何、こいつら面白いじゃん』みたいな感じになって、バラエティで使ってもらえるようになった。それが最初かな」と話していた。

その後、芸人としてブレイクするワケだが、ここに至る経緯を出川は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

伊集院光「アンタッチャブル・山崎のブレイク前後の変化」

2009.08.26 (Wed)
リチャードホール 永久保存版 下衆ヤバ夫コレクション くりぃむしちゅー×アンタッチャブル [DVD]2009年08月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、アンタッチャブル・山崎弘也と高校野球を観に行ったと話されていた。

2004年M-1での優勝前も親交があった伊集院と山崎は、ブレイク前も高校野球を観に行ったことがあった(2002年9月2日放送)。このときは、新幹線で寝過ごすのを防ぐために同行してもらったようだが、しっかりと二人で寝過ごしてしまったようだ。

さらに、見えてきた球場に、自身も元は高校球児で、叶わぬ夢だった甲子園のことを思って感動して涙を流していたが、それは西宮球場だったそうだ。さらに、試合を見ながらビールを飲んでいたため、伊集院にからみだし、その後、奥さんとお義父さんをまじえての食事でも,野球について熱く語っていたが、途中からは熱闘甲子園を見たくなり、先輩である伊集院に『早く(食事を)終わらせろ』という感じになった、と話していた。

ブレイク前後でどのような変化があったのか、そのことについて今回の放送では触れられていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光 「浜崎あゆみのデジカメCMに物申す」

2009.08.25 (Tue)
Sunrise / Sunset ~LOVE is ALL~(DVD付)2009年08月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、パナソニック「LUMIX」のCMに登場している浜崎あゆみについて話されていた。話の発端は、高校野球で9回2死からの驚異の追い上げを魅せた日本文理の試合についてのトークだった。

「高校野球を観ていて、カミさんに『高校野球にはそんなに評価が甘くて、すぐ感動するくせに、途中で間に挟まれたCMに出てきた青山テルマの鼻とかには、どうして評価厳しく批判をするの?』と言われた。たしかに、『ハクション大魔王の壺かよ!』みたいなツッコミを入れてたんだよね」

「『かわいいは作れる』…むしろお気に入りですよ。あのCM。あの顔を見ていると、絶対に悪いことはしなさそうだよね。村はずれの地蔵に供えてあった団子を食って、後日に謝りに行く感じでしょ」

「あとね、デジカメのCM(LUMIX)に出ている浜崎あゆみ。出てきたとき、もはやCGじゃないかと思ってしまう。デジカメのCMとして、どうよ?」と疑問を呈していた。さらに、以下のように疑問点を話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

爆笑問題と鴨下信一が語る「今のドラマがダメになった理由」

2009.08.24 (Mon)
2009年08月23日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、『岸辺のアルバム』や『ふぞろいの林檎たち』といった人気ドラマの演出家である鴨下信一を招いて、現在のドラマについて語られていた。そこでは、演出家ならではの「今のドラマがダメになった理由」について、いくつかの要因に分けて語られていた。

海外ドラマとの違い

リスナーからの「国内ドラマは嘘くさい。ドラマの内容ではなく、誰が出ているか、といったことばかりが宣伝されている」といった指摘のメールが送られていた。

このことに対して、鴨下信一は「嘘くさくはないけれど、(今のドラマは)面白くないよね。海外のドラマの方が、面白く作る。圧倒的に面白く作るね。面白くないネタでも、面白く作る。ドラマはね、そんなに面白いネタなんて、無いんですよ。それをいかに面白く作るか、というのが重要なんであってね。それには、腕がいるんです」

この意見に対し、太田は「時間と金が、国内ではあまり無いのでは?」と指摘すると、「時間と金はね、あったほうがいいんですよ。でもね、あまり関係ない。無くてもそんなには関係ない。今のドラマはね、努力が足りない。全体の努力が足りない。外国のドラマは、金もなくて、制約も多くて。でも、面白く作ろうという気だけはある。韓流ドラマや昔の香港系のドラマとか、すごく面白い。そんなに面白いネタとか無いけど、面白く作るよね」

「それに、もう一つダメな点というのは、真面目なドラマを、面白く作れない。観ていると、つまらなく作ってしまっている。僕も『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』とか作っているけど、こんなドラマ、どんな風にして面白くしようかと、腐心した。そういう努力が、今のドラマには足らない」と鴨下信一は語っていた。

さらに、現場の雰囲気に関しても「トップダウンで、檄を飛ばしてもなかなか変わらない。昔からそういうところがある。一方で、香港の映画撮影所とかに行ったことあるけど、そこではみんな休んでても、監督は休んでいない。ダイハードとかを観て、ストップウォッチとかでシーンのカット割りの時間とかを計っている。そういう地道な努力をしていた」

役者のスケジュールについて

太田が「役者のスケジュールがタイトで、十分な時間がとれない。そうした点も、ドラマがチープになる原因では?」と訊いていた。この点に関して、鴨下は「役者の時間は、あまり関係ないのよ。海外の役者だって、あまり時間をとってないよ。それに、国内の俳優は、オーバーに言うんだよね。『死ぬほど稽古した。そうしなければダメ』とかって。でもね、そんなことない」

「だいたいね、海外でも40日くらいしか拘束しない。その点は同じ。でもね、ちゃんと『面白くしよう』って気概があった。国内の昔のドラマには、そういう気概があったんだよね。演出家も上手かったんだ」

ここからは、演出家ならではの話を以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

マツコデラックス 「NON STYLEに売名行為に使われた?」

2009.08.23 (Sun)
クィア・ジャパン (Vol.3) 魅惑のブス2009年08月21日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、マツコデラックスがゲスト出演していた。当番組では2回目の出演になる。この放送回では、2008年M-1チャンピオンであるNON STYLEについて触れられていた。

加藤が「NON STYLEに、いっつも『(アソコを)しゃぶらせろ、しゃぶらせろ』って言ってたでしょ?」と話したところ、マツコデラックスは「いつも会うたびにそんなことを言っているワケじゃない!」と思い切り否定していた。

「1回、大阪の番組でNON STYLEと共演することになった。そのときに、井上くん(井上裕介、ツッコミ)に『初恋の人に似ている』って言っただけなのよ。それを…3~4番組で『しゃぶらせろ』とかって言われたって話していてさ…本当に、金よこせよ吉本興業!」とマツコデラックスは言っていた。

どうやら、一方的にNON STYLEが、かなり誇張した話にしていたのか、とも考えられていたが、実際は少し以下のように違っていたようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次 「デンゼル・ワシントンに会って悟ったこと」

2009.08.23 (Sun)
ブロマイド写真★デンゼル・ワシントン/スーツ2009年08月21日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、デンゼル・ワシントンと初めて会ったと話をしていた。「今日、ビックリしたわ。スッキリ!でデンゼル・ワシントンに会ったんだよ。いろんな人とも仕事をしてきたけど、こんなにビックリしたのは初めて」と加藤は話していた。

「ちょっと、ドッキリ気味だったんだよ。番組の最後で、カメラ横に立っている見知らぬ人がいた。それがデンゼル・ワシントンだった。それで、俺が『オォ~!』ってなって」

「でも、後で聞いたらデンゼル・ワシントンが生放送はNGだっていうんで、それでああいうドッキリみたいな形で、次の週に放送っていう風になったんだけどね。…俺、結構、デンゼル・ワシントン好きなのよ。『グローリー』とか『マルコムX』とか観ているわけ。ボーンシリーズも小説まで読んでいる」

「デンゼル・ワシントン、格好良かったわ~。いままで会った外タレで、かなりテンション上がった一人。ほかは、ジェームス・ブラウンとかは上がったな」と話していた。

ここから、ジェームス・ブラウンが笑っていいともに出演していた際の話を以下のようにしていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

クレーマーと化したナイナイ・岡村隆史の恐さ

2009.08.23 (Sun)
2009年08月20日放送の「ナイナイのANN」にて、岡村隆史が運転をしている際、車線変更禁止違反で罰則金をとられたと話していた。話の発端は、映画の撮影で現場に向かっているときのことだった。

「黄色い車線のあるところでは、車線変更してはダメなんですよね。でも、そこで変更してしまった。それで1点減点、罰則金6,000円だった。だけど、本当に1mくらい踏んだだけなんですよ。それなのに『その車両、停まりなさい』って言われた」

「『左に曲がらなければ』と思って、車線を変えた。そうしたら、たまたま黄色い線の上を跨いでしまった。違反しようと思ってやったことではない。そこは分かって欲しい。でも、『違反です』っていわれた。最初は『何をしたんだろう?』って思ったくらい」

「それで、少し言おうと思ったけど有無を言わさず『免許証を見せてください』と言われた。それでパーッと違反切符を書かれて、渡された。それで、その場で6,000円払わされた」と岡村は話していた。

だが、話はこれで終わらなかった。岡村隆史のクレーマーとしての真価は、以下のように発揮されていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

雨上がり決死隊・宮迫「ブラマヨ小杉は、他事務所だと思うことにした」

2009.08.20 (Thu)
時事マヨ―「ブラックマヨネーズ」のニュースプロファイリング (Young Sunday Books)2009年08月19日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、この番組でリスナーから送られた企画『小杉いじりたい芸人』が、アメトーーク!にて実際に採用されたことを受けて、ブラックマヨネーズ・小杉竜一にお礼の電話をすることになった。

その中で、「イランイランオイルのくだりは、放送されないと思ってやった。それなのに放送されてしまって…しかも、ネット上の人気キーワードランキングで『イランイランオイル』急上昇していた。今後は、『イランイランオイル』のことはあまり触れないで欲しい」などと話していた。

だが、アメトーークでの中でも火種となっていたことが、ラジオでも触れられていた。その火種と言うのは、「先輩と飲みに行ったり、あまりしたくない。千原ジュニアに飲みに誘われても、断っていた」ということだった。

これを受けて、宮迫は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

謎の多い芸人・椿鬼奴の生態

2009.08.20 (Thu)
幸せのレシピ 特別版 [DVD]2009年08月19日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、椿鬼奴がゲスト出演していた。その際、謎の多い椿鬼奴の生態がいくつか明らかになっていた。

椿鬼奴の容姿について
椿鬼奴のメイクは、鼻筋を強調する黒いラインである。このメイクの由来については、「これは、『キャサリン・ゼタ・ジョーンズ』メイクです。キャサリン・ゼタ・ジョーンズのホリの深さを出しているんです。『シカゴ』のキャサリン・ゼタ・ジョーンズです」

「ちょうど、ルミネの劇場の最後尾列のお客さんからみたら、ちょうど良い感じにキャサリン・ゼタ・ジョーンズのホリの深さを分かってもらえると思うんです」

「ソバージュにしているのは、いつバブルが帰ってきても良いようにしているんです。待っているんです。バブルが再びやってくるのを」

「口の中が黒い、と言われるんです。影があるみたいなんです。残念なんですけど」→宮迫に「前歯5本くらいを押し込まれたような口。ザブングルの加藤歩と同じ」と言われる。

「頭頂部が薄毛なんですね。悩んでまして…でも、堂々と言ってますんで。隠していないですよ。海苔を食べたり、海藻食べたりしてるんですけど」

椿鬼奴のプロフィールについて
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

雨上がり決死隊・宮迫 「椿鬼奴との初対面」

2009.08.20 (Thu)
クイック・ジャパン79 (Vol.79)2009年08月19日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、椿鬼奴がゲスト出演していた。椿鬼奴に関して、宮迫は「あまり知らないですけど、絶対に口がクサイと思います」などと勝手なイメージを話していた。

あまり良いイメージをもっていない理由として、「初対面が良くなかった。ペナルティのヒデが、『バーベキューをしませんか?』と誘ってくれた。ワンナイやっているときですよ。それで、俺が着くまで、みんな(何も食べずに)待っていてくれた」

「でも、椿鬼奴だけは違った。誰よりも早くビールを飲んでいて、たぶん俺が着く前に、みんな待っているのにビールを飲んでいた。一瞬、ビールを隠していたもん。あれは飲んでいた」と話していた。

さらに、椿鬼奴の初対面のイメージについて、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!