加藤浩次 3歳の息子の将来を心配する

2007.12.15 (Sat)
2007年12月15日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤が3歳である長男、快晴の将来が心配になった、と告白していた。

2007年09月15日放送でも、バリに旅行へ行く際、子供には「持って行きたい物をリュックサックに詰めろ」と言ったところ、快晴のリュックはパンパンにも関わらず妙に軽い。バリに行って中を見ると、そこには膨らませた風船が入っていた、というエピソードを明らかにし、心配していた。

さらに、アメが好きな快晴が、あまりにも食べ過ぎるので、「もうダメだ」と怒った加藤。仕方なく引き下がった快晴は、別の部屋に行っておとなしくなったという。しばらくしてから様子を見に行くと、ベロベロ壁を舐めていたという。怖くなってしまい、加藤さんはアメを与えたということもあった。

他にも、名前を覚えさせようとしたが、「名前は?」と訊くと、「エビ!」と答えたということもあった。

こうした、変わったところがあるため、加藤もかなり心配しているという。今回は、妻の香織が「ちょっと話があるんだけど…」と相談したところから始まる。

香織が快晴を連れて買い物に行ったとき、おもちゃを欲しいとねだられた。しかし、それを「ダメだ」と言って断ったという。それでも食い下がる快晴を放っておいた。そして、買い物を終えて外に出たときポケットにはそのおもちゃが…。もちろん加藤は叱って、言い聞かせたという。

また、クリスマスが近づいてきたため、長女の小羽と「プレゼントに何を貰うか」という相談をしていたという。小羽は「プリキュアのおもちゃセット」と答えていたが、快晴は「小島よしおの人形」と答えたという。同じお笑いとして、微妙な思いをする加藤だったが、それ以上に「裸の男の人形が欲しいとは…」と、将来が心配になったという。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

加藤浩次 2週間に渡る夫婦ゲンカ 原因は…
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

99(ナイナイ)岡村が引いた 好きだった女性の1発

2007.12.14 (Fri)
2007年12月13日放送の「ナイナイのANN」にて、岡村に何故彼女が出来ないのか、という企画で品川庄司の庄司、ほっしゃん。、出川哲朗によるカウンセリングが行われた。

その際、「この娘良いな、って思った女の子と、初めて食事をしに行った。その時に、いきなり『ブッ』って音がした。彼女に『何?オナラしたの?』とつい言ってしまった。すると、彼女は『何でだろう?』と言った。それで、もうアカンって思った」と語った。

出川たちは、「ありえない。そんなことで引くなんてことはない。好きだったら、そんなことは許せる」と猛烈な批判をした。

しかし、岡村は「ここでオナラを許したら、これ以降もっと、凄いことをしてくるんじゃないだろうか」と思ったという。さらに、「自分の前でオナラをするなんて、家族のオカンや妹ぐらい。それを…他人の女の子が目の前でするのは、怖かった」と、女性に求めるハードルが、かなり高いことを明らかにした。

だが、ブラックマヨネーズの吉田と「(2008年は)でっかい花火を打ち上げる」と、意欲を見せていた。

【関連記事】
ナイナイのANN トーク集

芸人たちをも引かせた 99(ナイナイ)岡村の一言
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

芸人たちをも引かせた 99(ナイナイ)岡村の一言

2007.12.14 (Fri)
2007年12月13日放送の「ナイナイのANN」にて、岡村の驚愕発言が飛び出した。「40歳の時のために、精子の冷凍保存をするかもしれない」というコメントを発したのだ。

この仰天のコメントの理由としては、「最低、結婚前に2年は同棲したい。そうすると40歳になってしまう。そうなると子供を作るのが難しいのではないか。だから保存しておきたい」と自分なりの真摯な考えによるものだという。

すると、品川庄司の庄司、ほっしゃん。を始めとして、以下のように否定的な意見をぶつけられたようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

伊集院光 「すべらない話 ザ・ゴールデン」 12月29日に参戦

2007.12.11 (Tue)
12月11日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」にて、「すべらない話 ザ・ゴールデン」に出演したことを明らかにした。すでに収録は済んでおり、初めて「すべらない話」に参戦した。

松本人志、千原ジュニア(千原兄弟)、宮川大輔、ほっしゃん。、河本準一と、いつものメンバーに加え、東京勢としては、水道橋博士(浅草キッド)、大竹一樹(さまぁ~ず)、山崎弘也(アンタッチャブル)などが出演している。

出演に呼ばれたのは光栄であると語ったが、そのプレッシャーたるや凄まじく、妻やマネージャー相手に何度もリハーサルを行っていたという。その結果、「俺、オチのある話をあまりしたことがない」と気づいてしまったという。

そしてついにやってきた出演日(放送日は12月29日)。そこで、「松本人志という大物の前で、すべらない話をするというプレッシャーだけで十分なのに、何故、各界の大物タレント達をギャラリー(すべらない話オフィシャルサポーターは、今回は総勢約60名)として呼んで、さらにプレッシャーをかけるのか、意味が分からない」と思ったという。

ゴールデンに進出したため、豪華さを出さなければいけない、という思惑で出演させているのか分からないが、意外に「サポーターたちが邪魔」と思っている出演者や視聴者も、いるのかもしれない。

【関連記事】
伊集院光 「2000年問題とサザンオールスターズが苦手」な理由

伊集院光 岡田斗司夫が嫌いな5つの理由
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

さくら 生放送であわや放送事故の発言1発

2007.12.08 (Sat)
2007年12月08日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、生放送中に起こった、あわや大惨事、というエピソードを話した。

加藤は、NHK-BS2で放送している『Shibuya Deep A』にMCとしてケンドーコバヤシと出演している。そこにゲストである、さくらも出演していた。

この番組は視聴者参加型であり、視聴者の悩み相談などを行っている。そこに投稿されてきた悩みの一つが、「冷え性で困っている」というものだった。

この話を加藤浩次は、さくらに振った。すると、さくらは以下のような驚きのコメントをしたのだという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

伊集院光 「2000年問題とサザンオールスターズが苦手」な理由

2007.12.04 (Tue)
2007年12月04日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で、2000年問題とサザンオールスターズが苦手であることを語った。この2つを結びつける共通点は、『カウントダウンライブ』とのこと。

話は、サザンオールスターズが、2000年へのカウントダウンライブを行ったときのこと。ライブ中、急にサイレン音が鳴り響き、『2000年問題発生!』というヌルいドッキリを仕掛けたという。その際、ラジオ生放送中に伊集院がそれを受けて、「大変なことが起きてます!」とそれに乗ってくれ、とTBSから言われていたという。

だが、伊集院は「ファンとアーティストの間だけで成立する、そのユルいコントに付き合わされるのだけは勘弁してください。他のことだったら何でもやりますんで」と懇願したという。

もちろん、TBSラジオの上層部はやるように説得したという。やるやらないという話し合いが行われ、結局の所やらずに済んだという。

当日を迎え、そのライブ中継の様子を観たところ、ライブ中にサイレン音が鳴り、巨大モニターに『2000年問題発生』と映し出されたという。桑田は「何だ?何が起こったんだ?」とあわてふためくフリをしていたという。

その光景を見て「良かった…こんなことに付き合わされていたら、年を越して死ぬしかなかったな」とほっと胸を撫で下ろしたという。それからというもの、カウントダウンライブとサザンオールスターズという言葉が苦手だという。

【関連記事】
伊集院光が、小沢一郎に一言もの申す?

伊集院光 岡田斗司夫が嫌いな5つの理由
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が、小沢一郎に一言もの申す?

2007.12.04 (Tue)
2007年12月04日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で、コメンテーターとして出演中の「スーパーモーニング」において、スタッフとのいざこざがあったことを語った。

その日は、小沢一郎をゲストとして迎える放送。だが、スタッフからは「鳥越俊太郎だけが質問をする、ということにしてもらいたい。他の出演者やアナウンサーは質問をしないように」とお達しがあったという。

「それでは、出演している意味が無いじゃないか。質問しては駄目なのなら、その時だけ一緒に映さないでくれ」と伊集院は提案したという。しかし、今まで映っていた出演者が急に居なくなっている、というのも変だということで、スタッフはそれを了承しなかった。

こうした話し合いが、いつの間にやらエキサイトして、次第に激しいやりとりになってしまったという。結果、出演するしないで大もめになってしまったとのこと。こうした話になったが、以下のような顛末となったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

若井おさむ 500円で取り返しのつかないことをする

2007.12.02 (Sun)
2007年12月02日放送の「やりすぎコージー」にて、不幸なガンダム芸人こと若井おさむが、たった500円でとんでもないことをしでかし、後悔していることが明らかとなった。

若井といえば、ガンダムのアムロのモノマネで有名だが、一方でその生い立ちにとんでもない不幸があったことも一部では有名。wikiによれば、以下のようなことがあったという。

20代前半の頃、幼い頃から続く母親からの虐待や兄からの理不尽な暴力などに耐えかね、自宅を離れて居酒屋の経営(父親の出資でテーブル3つ、カウンター7席ほどの小さなもの)を始める。

数年の後、若井が家を離れたことで虐待の対象が父親に飛び火し、父親は暴力を受けていた。その状況を聞いた若井は父親に何度も離婚を勧めたが、父親は決断しかねていた。悩み続けた末、父親はついに離婚を決意したことを若井に報告に来たその夜、亡くなった。若井は堪えきれず、父の葬儀で「お父さん殺したんはお前や!」と母親を責めたが、母方の親族にも取り合ってもらえずに絶望したという。

遺産のことで家族ともめたくなかった若井は、自ら父の遺産相続はすべて放棄する旨の念書を書いて母親に渡したが、父親の出資で始めた居酒屋(その頃には相当な繁盛店になっていた)は父親名義のままであったため、すべて母と兄側に渡ってしまった。


こうしたことに絶望し、彼は救いを求めて7年で9カ国を放浪していたという。そしてとうとうタイにて、自分にとって大切なものを悟った言う。

その大切なものというのは、『愛』『平和』『自分自身』だという。そこで、このことを決して忘れまいとして、自分に刻み込もうとした。タトゥーを入れることにしたのだ。

だが、手持ちのお金は放浪で使い果たし、500円しかなかった。その少額で左腕に『LOVE』『PEACE』と彫った。右腕に『036(自分自身である"おさむ"という意味)』と彫った。

だが、その文字はまるで落書きされたように汚く、お粗末なもの。しかも、036と彫ったが、滲んでしまい、0と6の空間部分が次第に狭まっているという。

現在、彼にその腕のことを訊ねると、非常に落ち込むという。ちなみに、サウナ店などでは全く咎められることなく入ることができるという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  やりすぎコージー

麒麟・田村の100万部突破した小説は嘘?

2007.12.02 (Sun)
2007年12月02日放送の「やりすぎコージー」にて、大ヒット小説の信憑性を疑わせるような証言があった。麒麟・田村の「ホームレス中学生」が、実はでっち上げであるという可能性が指摘されていた。

幼少期に母を病気で亡くし、中学生の頃に父親が病気を患い、その入院費がかさんだ。それを埋めようと貯金を切り崩すが底をつき、家が差し押さえられてしまい父親が『解散』を宣言して蒸発した…こうした不幸な実体験を基に、大ヒット小説は書かれたという。

だが、彼が家をなくし、仕方なく住んでいたというのは、通称「まきふん公園」という。この公園のちょうど真正面に、芸人のジャルジャルの後藤は住んでいた。つまり、田村が小説などで描いている公園の様子を、知らないはずがないというわけである。

その公園の様子を、後藤は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  やりすぎコージー

爆笑問題 大晦日に15分間のダブルブッキング

2007.12.02 (Sun)
人気お笑いコンビ・爆笑問題が大みそかの民放2局で異例の“同時出演”を行うことが30日明らかになった。15分間、出演がかぶってしまうテレビ業界ではおきて破りの“ダブルブッキング”が分かったもので、両局関係者も困惑の色をにじませている。
 
問題となっているのは、フジテレビ系「爆笑問題の1億分の1の男」とテレビ朝日系「年越し雑学王2008年No.1決定戦」。前者は12月31日の午後9時から11時45分まで、後者は同日午後11時30分から深夜1時30分まで放送する。爆笑問題は両番組の最後と最初で出演がかぶってしまうことになる。
 
「1億分-」は収録、「雑学王-」は生放送だが視聴者にすれば、どちらにも2人が出演している珍現象。フジテレビでは「もともと、大みそかは爆笑問題さんとはいつもお付き合いがある。その流れでご出演いただいた」と説明。一方、テレビ朝日では「大みそかに出演者がオーバーラップするのはこれまでにもあること」と静観の構え。
 
もっとも、別の民放局関係者は「こういう場合、片方に出ている時はもう一方では映らないようにすることが多い」としており、当日までにどちらかが配慮する可能性も。大みそかの夜、爆笑問題の15分間に注目だ。
(えっ!爆笑問題大みそかWブッキング)


・爆笑問題とWブッキング
TBSラジオ「爆笑問題×伊集院光JUNK交流戦スペシャル」が、極楽とんぼの不祥事を受けて急遽放送されることになったため、爆笑問題のけんさくちゃん放送時間とちょうど15分重なってしまうこととなった。そのため、15分間は伊集院光の一人喋りで繋ぐこととなった。

ちなみに、伊集院光は2007年5月13日の15:30~17:00にテレビ朝日の「クイズ雑学王」とTBSラジオ「伊集院光 日曜日の秘密基地」が被っていたことがある。

なお、「サンデージャポン」が放送されているため、「笑っていいとも!増刊号」の爆笑問題が出演しているコーナーは「サンジャポ」終了後の11時24分ごろより放送されている。ただ、爆笑問題が2001年11月7日・11月14日にタモリの代行で「笑っていいとも!」の司会を務めていたため、「サンジャポ」放送の時間帯にも爆笑問題が出演しているコーナーを特例で放送したことがある。

・Wブッキングとモザイク芸人
2007年6月27日放送の「明石家さんちゃんねる」内にて、ビビる大木が一人モザイクをかけられることとなった。これは、銭金が3時間スペシャルだったので、裏番組と被ってしまったことへの配慮であると思われる。

・Wブッキングと27時間テレビ
日曜日の4時25分辺りから司会の香取慎吾は、「香取慎吾の特上!天声慎吾」の裏番組のため、ADを担当してカンペ出しなどを行った。

【関連記事】
爆笑問題の太田が小倉をイジる 1つの理由

爆笑問題 太田の小倉イジリ 「スタッフと1時間の話し合いがあった」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類