カテゴリ:ラジオニュース の記事一覧

| |


「永六輔の誰かとどこかで」が9月をもって終了へ

2013.08.29 (Thu)
「誰かとどこかで」終了へ 永六輔さんのラジオ長寿番組

同じ人によるラジオ全国番組として最長寿の「永六輔の誰かとどこかで」(TBS系)が9月で打ち切られ、46年余の歴史に終止符を打つことがわかった。きょう29日の放送で、80歳になった永さんが明かす。

同一人物が続けた番組として、「秋山ちえ子の談話室」(TBS系)の1万2512回を超え、9月27日で1万2629回になる。


「永六輔の誰かとどこかで」が、2013年9月27日をもって放送終了するという。1967年1月2日から放送開始であり、46年の歴史にピリオドを打つ。

生きているということは―七円の唄 誰かとどこかで
生きているということは―七円の唄 誰かとどこかで

2013年8月29日放送の「永六輔の誰かとどこかで」にて、番組放送終了について永六輔が語っていた。

永六輔「泰子さん」

遠藤泰子「はい」

永六輔「改めてあなたにご挨拶をします」

遠藤泰子「なんでしょう?」

永六輔「結婚してください(笑)」

遠藤泰子「はっはっはっ(笑)」

永六輔「というんだったら、ご陽気でよろしいんですが」

遠藤泰子「はい」

永六輔「前から、去年の暮れあたりから、僕が体調を崩して、大変だった。あなたにも凄く迷惑をかけた」

遠藤泰子「いえいえ」

永六輔「放送を続けない方が良い、引退したほうが良いとか、引退するなとか…色んな言葉が掛かってきたときに、今年に入って、なんだろうかって思ったことがあったんですね」

遠藤泰子「はい」

永六輔「それは、北海道で聞こえなくなったと」

遠藤泰子「はい」

永六輔「聞こえなくなったというのは、その局で放送が終わるわけでしょ?」

遠藤泰子「はい」

永六輔「でも、お手紙いただくから、お手紙で分かるわけですよ。ここが放送なくなった、なくなった、と」

遠藤泰子「えぇ」

永六輔「今までは沖縄から北海道までっていう方に言ってたんですけど、それも言えない事情がある」

遠藤泰子「はい」

永六輔「言えない事情があるっていうのは、僕に言い難いことがあるに違いないと思ったんですね」

遠藤泰子「はい」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ラジオニュース