ロバート秋山竜次、「マルチ商法の勧誘」コントをしていたところ本物の業者にスカウトされたと告白「ウチでやりませんか?」

2018.11.03 (Sat)
2018年10月31日放送のTBSラジオ系の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(毎月-金 11:00-13:00)にて、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲスト出演し、「マルチ商法の勧誘」コントをしていたところ本物の業者にスカウトされたと告白していた。



秋山竜次:一回、そういう商法のやつ(マルチ商法)を、コントにしてたんですよ。ほんなら、喫茶店にいたら、後ろでトントンってされて。

ジェーン・スー:ええ。

秋山竜次:パッと見たら、スーツ着ている人がいて。

長峰由紀:ええ。

秋山竜次:「いつも、見させていただいてます」みたいな。

長峰由紀:ああ。

秋山竜次:「本当にそういう商法をやってるんですけども、完璧ですね。ぜひ、ウチでやりませんか?」って、スカウトされたことありますよ(笑)

ジェーン・スー:うわぁ、凄い!(笑)

長峰由紀:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ジェーン・スー 生活は踊る

ロバート秋山竜次、『はねトび』マルチ商法コントはルミネtheよしもと近くの喫茶店で見た光景を「丸写し」したと告白

2018.11.03 (Sat)
2018年10月31日放送のTBSラジオ系の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(毎月-金 11:00-13:00)にて、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲスト出演し、フジテレビ系の番組『はねるのトびら』で披露したマルチ商法コントは、ルミネtheよしもと近くの喫茶店で見た光景を「丸写し」したと告白していた。



秋山竜次:劇場、僕がいつも出ているルミネtheよしもとの、新宿の劇場の合間によく行ったりとか。ネタ探しに行ってた、西武、珈琲西武。

ジェーン・スー:ああ、大きいところですか?

長峰由紀:これ、そうなんですか?

秋山竜次:もう、かなり大きいです。かなり広くて、なんかもう神殿みたいになってて。で、個室もあって。

長峰由紀:はい。

秋山竜次:ここ行くきっかけになったのが、たまたま行った時に、周りの人が全員3人で。大体、ファイル広げて同じ話してたんです、システムの。

ジェーン・スー:ああ、はい(笑)

長峰由紀:なに?

秋山竜次:大体、同じ話です。誰か1人、大学生が呼ばれてきて(笑)なんとなくなシステムの話をし始めてて。

ジェーン・スー:分かります?

長峰由紀:ちょっと分かんない。

ジェーン・スー:マ、マ、マルティ(笑)

長峰由紀:ああ!なんか、広がっていく商法の。

ジェーン・スー:そう、そう。ネットワーク広がっていくビジネス。

秋山竜次:それで、席の奥の方に、一人親みたいなのがいて。大本みたいなのがいて。

ジェーン・スー:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ジェーン・スー 生活は踊る

ロバート秋山竜次、クリエイターズ・ファイルの原点はイケてるクラスメイトの「イヤなところ探し」だと語る

2018.11.03 (Sat)
2018年10月31日放送のTBSラジオ系の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(毎月-金 11:00-13:00)にて、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲスト出演し、クリエイターズ・ファイルの原点はイケてるクラスメイトの「イヤなところ探し」だと語っていた。



秋山竜次:自分でいいところもあり、ダメなところでもあるんですけど、すぐ客観的に見ちゃうんですよね。

ジェーン・スー:うん。

秋山竜次:「コイツ、どうせ…」みたいな(笑)

ジェーン・スー:うん。

秋山竜次:「どうせ…」って、モテてる奴のデートしてるのを客観的に見たりとかして。

ジェーン・スー:ああ。

秋山竜次:モテてないので。学生時代、一度も彼女もいなかったので。

ジェーン・スー:そうですか。

秋山竜次:とにかく客観的に人のことを見ながら、「どうせこういうこと言うだろ」とか。

ジェーン・スー:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ジェーン・スー 生活は踊る

ロバート秋山竜次、お笑い芸人を志した経緯と「元・大部屋俳優」である父親の破天荒な教育方針を語る「就職するな」

2018.11.03 (Sat)
2018年10月31日放送のTBSラジオ系の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(毎月-金 11:00-13:00)にて、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲスト出演し、お笑い芸人を志した経緯と「元・大部屋俳優」である父親の破天荒な教育方針を語っていた。



ジェーン・スー:秋山さん、何歳の時思いました?お笑い芸人になるって。

秋山竜次:僕は、正直、高校を出てすぐ上京してきたんですけど。

ジェーン・スー:はい。

秋山竜次:そのときに、別に芸人になろうって感覚、なかったですね。

ジェーン・スー:じゃあ、段々…

秋山竜次:こっち出てきて、アルバイトしながら。なんか色々やってる間に養成所の本を見つけて。後からですね、入ろうと思ったのは。

ジェーン・スー:へぇ。

長峰由紀:吉本?

秋山竜次:そうです。芸人になるって言って状況する人は多いですけど、僕は違いましたね、全く。ただ、本当にふざけるのは大好きで、ひょうきんな感じで、出し物をやったりとか。

ジェーン・スー:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ジェーン・スー 生活は踊る

ジェーン・スー、ロバート秋山竜次のラジオDJキャラ「宗像・issiy・裕司」に「一人、思い浮かべてしまう人がいてイジリづらい」

2018.11.03 (Sat)
2018年10月31日放送のTBSラジオ系の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(毎月-金 11:00-13:00)にて、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲスト出演し、ジェーン・スーとともに、クリエイターズファイルについて語っていた。



ジェーン・スー:昨今では、クリエイターズファイルで。もう天才的な。なんであんな面白いものを?

秋山竜次:嬉しいなぁ、クリエイターズファイル、見ていただいてますか。

ジェーン・スー:全部見てますよ。今日も「誰が好き?」って話を、ずーっとしてました(笑)

秋山竜次:はっはっはっ(笑)ああ、そうですか。

ジェーン・スー:私は、天草ゲストハウスの「マッキー、ルッキン」の人が。

秋山竜次:ああ、いいですね、ボーデン(笑)

ジェーン・スー:ラルフ・ボーデン凄い好きです。

秋山竜次:スローライフで、向こうに移住して。

ジェーン・スー:鍵、バーンッ投げるの。

秋山竜次:ゲストハウス「デコポン」というね。いろいろやりましたよ、ラジオDJもやりましたよ。

ジェーン・スー:正直、イジリづらいですわ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ジェーン・スー 生活は踊る