ビートたけし、芸人として生き様や芸事についてだけはウソをつくべきではないと語る「それをウソついてしまったら、何もない」

2018.07.08 (Sun)
1993年5月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演した際、芸人として生き様や芸事についてだけはウソをつくべきではないと語っていた。



ビートたけし:生き様じゃない、要するにさ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:一人の奴が、どうやって生きてきたかってことを、テレビとして見せつけてるだけだよな。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:そんなウソつくことない。「オイラはこうやって生きてきたんだ」っていうのをさ、見せつけてるわけじゃない。

やしきたかじん:存在感でしょ。

ビートたけし:ところが、たまにウソつく奴いるわけさ。そうすると、イライラしちゃう、そういうの見ると。「このウソつき野郎」ってさ。漫才ブームの時に、「俺はストリップ劇場出身だ」って言って、年もちゃんと言って。その時に、大学出て、新劇やってって言ってる奴がいたんだけど、俺と一緒にロック座にいた奴なんだよ。

それがそんなこと言い出したから、「このクソったれ」って思ったね。そんなにまでウソついて、コイツテレビとか社会に出たいかって言うかさ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:我々、ウソついたってバレるじゃない。その中で生きていけばいいわけでさ。

やしきたかじん:バレやすいタイプでしょ?(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

ビートたけし、漫才などの芸事で天下を獲ったとしても時代が変われば何も残らないと語る「何の財産にもなってねぇ」

2018.07.08 (Sun)
1993年5月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演した際、漫才などの芸事で天下を獲ったとしても時代が変われば何も残らないと語っていた。



ビートたけし:漫才とかそういうのはね、時代、時代でトップがやるもんでね。

川中美幸:うん。

ビートたけし:オイラがいくら昔、「漫才で流行った」なんつったって、何もしなきゃそのままだし。そういう芸事っていうのはね、特にお笑いなんてのは、一線の奴らが活躍しなきゃしょうがねぇんだ。

やしきたかじん:そう、そう。

ビートたけし:オイラは上手くリタイヤした振りして、新しいピンの番組取っただけであって、芸人としちゃ俺らは…俺が、いつも洋七に「情けない」って言うのは、漫才やったら、どうなんだ、俺らって。

浅草キッドも何も、クソみたいな漫才するじゃねぇかって、よく俺は酔っ払って怒るだろ?

島田洋七:うん。

ビートたけし:いくら「昔の財産だ」なんつったって、何の財産にもなってねぇっていう。漫才一つとったらね。それは悲しいことですよ。やっぱり、若い奴の現役が一番強い。それで今、(トミーズは)関西でもトップだし、東京きたって、みんなが受け入れ体制がある時に来てるわけだから、また上がっていけばいいだけであって。

オイラも一応、それをやったんだから、それからまた先のことを考えていくだけであって。芸人なんて、過去の遺産で食ってる奴なんていっぱいいるんでね。そういうのは嫌いだ、俺。

現場行って、若手とベテランと営業出てってさ、板の上で客1,000人集めてさ、どっちがウケるって、負けたら終わりなんだもん。それだけのもんだよ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:ただ、「お前らもウケるけど、昔は俺らもウケたんだよ」ってグチこぼすだけ。だから、いいの、やっていけば。それだし、恵まれてんだもんね。我々、恵まれてんですよ。

やしきたかじん:だから、贅沢病や、ある部分。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

トミーズ雅、ビートたけしに泣きながら感謝の言葉を伝えていた過去「たけしさんと会ってから、もう誰と会っても怖くない」

2018.07.08 (Sun)
1993年5月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演した際、トミーズ雅が泣きながら感謝の言葉を伝えていた。



トミーズ雅:今から2年半前に…2年半前ぐらいですよね、初めて僕は紹介してもらって、東京で飲んで。

ビートたけし:うん。

トミーズ雅:初めて紹介してもらって、東京で飲んで。僕、その時ね、どういうんですかね…あがって、喋れなくてね。

ビートたけし:ふふ(笑)

トミーズ雅:喋れなくて、次の店行った時にね、たけししさんが…俺、もうこれ泣くかも分かりませんけど。

やしきたかじん:泣け!

トミーズ雅:「金賞おめでとう」と。上方お笑い大賞の金賞を。

やしきたかじん:なんでそんなの知ってまんの?

ビートたけし:ちょっと新聞出たしな。

トミーズ雅:「おめでとう」って言ってくれて、みんながいっぱいおる前で、「トミーズ雅君が金賞とったそうです。今日は祝いましょう」って、2軒目で盛り上げて…

川中美幸:いやぁ…(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

ビートたけし、「フライデー襲撃事件」で謹慎中に芸能界の友人が島田洋七以外みんな去って行ったと告白「それ以来、信用しなくなった」

2018.07.08 (Sun)
1993年5月8日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演し、フライデー襲撃事件による謹慎中、芸能界の友人が島田洋七以外みんな去って行ったと告白していた。



やしきたかじん:どの辺が、洋七の気のええところですか?

ビートたけし:なんだろう…優しいよね、結構ね。

やしきたかじん:うん、それは俺も分かるけどね。わりとマジでしょ。

ビートたけし:洋七はね…漫才ブームがあってさ、上り調子だったじゃない。で、週刊誌と事件起こして。

やしきたかじん:ああ、フライデー。

ビートたけし:講談社、殴り込んで。懲役半年の執行猶予3年とかじゃない。要するに、仕事なくなっちゃったわけ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:それで、仕事なくなっちゃったわけ。で、沖縄の石垣島に逃げてたのよ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:そしたら、コイツ3回来てくれたからね。

やしきたかじん:へぇ。

ビートたけし:沖縄まで来て、南西航空で来てさ。で、「たけし、来たぞ」っつって。で、2人でどなんのわけの分かんない酒飲んでさ。「俺、もう芸人辞める」とかグチこぼしてたの。「いやぁ、頑張ればいいや」なんつって。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:「頑張ればいいや。お前、どうにかなるよ」って言ってて、俺がどうにかなったら、こっち(島田洋七)がどうにかならなくなっちゃって。

やしきたかじん:はっはっはっ(笑)

ビートたけし:「俺はシーソーか」って(笑)「お前が上げて、俺が沈んでどうすんだ」って(笑)

やしきたかじん:ふふ(笑)

ビートたけし:2人で飲んでさ、また一人にされちゃうわけじゃない。寂しいじゃない。「いつ帰ってくんだ」って言ったら、「また来るよ」って。1日の仕事のために東京帰って、また帰ってきたんだから。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:それで、自分のカネじゃね。ありがたくってさ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:その時まで、友達って結構いたのよ、色んな奴、芸能界の中。それ以来、信用しなくなった。一番最低の時にさ、誰も来なかったもん。電話一つなかったし。

やしきたかじん:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

ビートたけし、島田洋七と「所持金2人合わせて1,200円」の3ヶ月後に漫才ブームで「大金持ちになった」と告白

2018.07.08 (Sun)
1993年5月8日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演し、島田洋七と「所持金2人合わせて1,200円」の3ヶ月後に漫才ブームで「大金持ちになった」と告白していた。



やしきたかじん:(島田洋七)とは、どの辺からの付き合いなんですか?

ビートたけし:これはね、東京来てね。漫才ブームの前来たよな。

島田洋七:漫才ブームの前。

ビートたけし:漫才ブームの前来てね。横山やすしさんだよな。

島田洋七:うん。

ビートたけし:横山やすしさんがね、俺も知ってて。東京で漫才やってたらね、「飲みに行こう」って言ったんだよな。

島田洋七:やすしさんがね。

ビートたけし:錦糸町って、汚ぇところあんだよ。

やしきたかじん:名前聞いたことあるわ。

ビートたけし:名前聞いただけでイヤでしょ。俺の家のそばなんだけど(笑)

やしきたかじん:ふふ(笑)

ビートたけし:俺は、錦糸町の奴に石投げられたことあるぐらいなんだけど(笑)そこで洋七が来るって待ってたの。2人で待ち合わせして、「おう」なんつって。で、やすしさんと千葉県の方行っちゃったんだよな。

やしきたかじん:千葉県?

ビートたけし:あのオヤジ、変なオヤジでね。会社のハイヤー持ってね、そのまま千葉県行けって。

島田洋七:そう、そう(笑)

ビートたけし:千葉県で、毎日食堂。

島田洋七:クラブ連れてってくれんのかなって思ったら、毎日食堂(笑)

ビートたけし:タオル端に頭で巻いてて、地下足袋みたいなオヤジが飲んでるところに、3人で飲んでて。

やしきたかじん:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

ビートたけし、ダウンタウンの悪口を期待していた記者に言及「同じ世界にいる奴が、仲間の悪口言って上に立つのは一番セコイ」

2018.07.07 (Sat)
1996年7月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』最終回にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演し、ダウンタウンの悪口を期待していた記者の取材について語っていた。



加納典明:たけちゃんって、ダウンタウンどう思ってるの?

ビートたけし:俺はね…なんて言うんだろ。

加納典明:お笑いでも、人間でもいいしさ。

ビートたけし:一時、とんねるずとかダウンタウンとかね、色んな若いののね、インタビュー来るんだよ。

加納典明:うん。

ビートたけし:「たけしさん、どう思いますか?」って。それ、認めてるっていうの、間違いなわけ。

加納典明:うん。

ビートたけし:要するに、絶対に取材の人たちはね、悪口を期待するんだよなぁ。

加納典明:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~

ビートたけし、バイク事故は自殺だった可能性を告白「俺、自己破滅型だから」「壊さないと、自分が生き返るって感じしない」

2018.07.07 (Sat)
1996年7月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』最終回にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演し、94年8月に起こしたバイク事故について、「自殺説」が噂されていたように、本当に自殺だった可能性があると告白していた。



ビートたけし:俺、ヘタすっと、自殺したかって感じあったのよ。

加納典明:やったこと?

ビートたけし:バイク事故。うん、突進したんじゃねぇかって。

加納典明:自殺説、あったからね。

ビートたけし:うん。俺、自己破滅型だから。ちょっと(やしきたかじんと)似てるんだわ。この番組だっていいのに、潰すでしょ。

加納典明:うん。

ビートたけし:俺もね、自分で仕事やっててね、パッとなったら講談社殴り込んだりしちゃうんだよね。自分で壊しちゃうんだよね。

やしきたかじん:ふふ(笑)

ビートたけし:壊さないと…

加納典明:アレも、正常な行為だと思うけどね。

ビートたけし:壊さないと、自分が生き返るって感じしないんだよね。

やしきたかじん:本当、そう。だから、終わるいう意識ないんです、僕の中であんまり。

ビートたけし:脱皮みたいな。ここ(陰部)だけ脱皮してないんだけど。

やしきたかじん:そう、そう、僕も。

トミーズ雅:僕もですわ。

ビートたけし:そういう感じがないとね、生きててイヤだなぁって思って。

やしきたかじん:次、行けないんですよ。

ビートたけし:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~