槇原敬之、詩から先に曲を作る理由「言いたいことがあるから歌を作るんだろって感覚」

2015.02.19 (Thu)
2015年2月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『back numberのオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、シンガーソングライターの槇原敬之がゲスト出演していた。そこで、メロディからではなく、詩から先に曲を作る理由について語っていた。

Lovable People
Lovable People

清水依与吏:槇原さんって、詩先(詩から先に曲を作る)ってイメージがあるんですけど…

槇原敬之:そうです、そうです。

清水依与吏:全曲ですか?

槇原敬之:全曲ですね…1曲くらいかな、曲先って。

清水依与吏:詩先っていうのは、詩から先に曲を作るっていうことですけども…

槇原敬之:ピリ辛じゃないっていうね。

清水依与吏:四川ではないっていうね(笑)…これって、なんでもクソもないと思うんですけど、やっぱりそれしかっていう…

槇原敬之:何だか分からないですけど、そういうもんだって始めちゃったんですよ。

清水依与吏:ああ。

槇原敬之:多分、僕の中で、「言いたいことがあるから歌を作るんだろ?」っていう感覚なんです。

清水依与吏:カッコ良い!

槇原敬之:最初に作った時から。言いたいことがないのに、作る曲ってどういう感じなんだろうって思うんですよね。だから、言いたいことを先に書いて、っていう感じでしたね。

清水依与吏:すみませんでした、今まで(笑)

槇原敬之:何言ってんですか(笑)

清水依与吏:全部、詩先にします(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  back numberのオールナイトニッポン

back number清水依与吏、岡村隆史の居酒屋での目撃談を明かす「3人で来て、ずっとケータイいじってた」

2015.02.19 (Thu)
2015年2月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『back numberのオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、back numberの清水依与吏が、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史の居酒屋での目撃談について語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

リスナーメール:早く予定決めないと、お寿司の話(注釈:ナインティナイン・岡村隆史が、back numberへのお詫びにお寿司でも一緒に行こう、と誘った)、チャラにされますよ(岡村隆史、back numberのラジオ番組で本人たちに謝罪「槇原敬之さんの出演部分は、録音だと…」)。

清水依与吏:岡村さんって、イメージ的に、他の方とご飯食べに行かれない、みたいな。

小島和也:ああ、どうなんでしょうかね?

清水依与吏:なんかね、居酒屋で岡村さんを目撃したことある、みたいな人が、この間、僕のよく行く居酒屋にいて。

小島和也:はい、はい。

清水依与吏:なんか、3人くらいで来て、3人ともずーっとケータイいじってたって(笑)

小島和也:はっはっはっ(笑)

清水依与吏:「ウソでしょ?!」って思って(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  back numberのオールナイトニッポン

岡村隆史、back numberのラジオ番組で本人たちに謝罪「槇原敬之さんの出演部分は、録音だと…」

2015.02.19 (Thu)
2015年2月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『back numberのオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、同番組の槇原敬之の出演部分が録音であると口を滑らせてしまったことについて、謝罪していた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

前の記事からの続き:
back number清水依与吏、バンド名が岡村隆史の"トラウマ"となり「良い曲出して、もう一度良い形で会いたい」

岡村隆史:back numberの清水依与吏さん、栗原寿さん、小島和也さん、『back numberのオールナイトニッポン』をお聴きの皆さん、こんばんは。『オールナイトニッポン』の木曜日担当しております、岡村隆史です。

なぜ、今、このback numberとお会いしたこともない私がですね、このようなコメントをさせていただいてるかと申しますと、この後に槇原敬之さん登場すると思うんですけども、先週木曜日の『岡村隆史のオールナイトニッポン』で、槇原さんの出演部分は、録音だと。

口を滑られてしまいました。本当に、申し訳ありません。ただ…先ほど、新曲の『ヒロイン』、聴かせていただいたんですけども、本当に良い曲でして。スーって、心に染みたなっていう感じもありまして。良い曲だなぁって思ってるのと、3月25日からですか、ツアーも始まるということで。

僕も良かったら、足を運ばせていただこうかなって思っております。20年以上、オールナイトニッポンをやらせていただいております私でも、こういうミスを犯してしまいました。本当に申し訳ございません。

そして、back numberさんも、本当に気をつけてください。back numberさんは、そんなことないと思いますけども。すぐに、ニュースになったりもしますから。それは僕だけなのかもしれませんけども。気をつけていただきたいな、と思います。

今週の木曜日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』なんですけども…いや、こんな宣伝させていただかなくて結構です!今ね、僕、ホッペタ叩きましたよ。back numberさんのラジオの中で、自分のスペシャルウィークの告知を入れ込もうとしたんですよ。

それはダメだ!ありがとうございました。そして、back numberさん。本当にすみませんでした。もし、機会ありましたら、お寿司でもご一緒に。

岡村隆史でした。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  back numberのオールナイトニッポン

back number清水依与吏、バンド名が岡村隆史の"トラウマ"となり「良い曲出して、もう一度良い形で会いたい」

2015.02.19 (Thu)
2015年2月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『back numberのオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、back numberの清水依与吏が、自身らのバンド名がお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史にとって"トラウマ"となってしまったことに、「良い曲出して、もう一度良い形で会いたい」と語っていた。

ヒロイン back number
ヒロイン(初回限定盤)(DVD付)

先週放送の同局ラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン』で、岡村隆史が槇原敬之とのトーク部分が録音であると明かしてしまい、そのことで「back number」というバンド名が"トラウマ"になってしまったのではないか、と清水は心配しており、そのため、そのイメージを払拭したいと考えていたようだった。

リスナーメール:今日は大事なスペシャルウィークですが、先週、ナイナイの岡村さんがラジオで、今日の企画のちょっとしたネタバレをしてしまい、それを岡村さんが帳消しにするかのごとく、「back number」と連呼しつづけ、結局、曲とCMを除く1時間半弱の間に、41回、単純計算で2分に1回くらいのペースで「back number」と発するという異常事態になりました。

結果的に、今日は普段、この番組を聴いていない岡村さんのリスナーの方も聴いていると思いますし、ある意味、新規リスナーを獲得するチャンスだと思うので、「ピンチはチャンス」の精神で、2時間乗り切っていきましょう。

ちなみに、岡村さんは広瀬すずさんのことが好きだと以前言っていたこともあるので、もしかしたら、意図的にこのタイミングでこの番組に近づいてきた可能性もなきにしもあらずです。

清水依与吏:凄いですね、色んな意味で危機感を煽るオープニングですね。ナイスメールですね。

小島和也:うん。

清水依与吏:まあ…そうなんですよ。今日、槇原敬之さんを召喚…召喚するって形になるのかな。召喚獣…獣みたいな言い方になっちゃうね(笑)

小島和也:舞い降りてくるんだよね。

清水依与吏:それが、舞い降り方の問題?(笑)そこで情報の行き違いがあったかもしれないんだけど。…しかも、エンディングで、『ヒロイン』掛けてくれて。

栗原寿:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  back numberのオールナイトニッポン