サカナクション山口一郎、3rdアルバム『シンシロ』以降の変化を語る「一人でなく多くの人を喜ばせるという感覚に」

2014.12.27 (Sat)
2014年12月26日放送のフジテレビ系の番組『ライナーノーツ』(毎週金 25:30 - 26:30)にて、サカナクションのボーカリスト兼ギタリストである山口一郎が出演し、CMプランナー・澤本嘉光の質問に答える形で、3rdアルバム『シンシロ』以降の変化について語っていた。

バッハの旋律を夜に聴いたせいです。
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)

澤本嘉光:山口さんが、人を喜ばせるってことを、どのように捉えてらっしゃるかっていうことを伺いたくて。そのあたりのことを、訊いて怒らなければ訊いてもいいですか?

山口一郎:怒らないですよ(笑)凄い、澤本さん嬉しいですよね。凄い方ですもんね。

僕は今まで6枚アルバム出してきて、3枚目まで…『GO TO THE FUTURE』『NIGHT FISHING』『シンシロ』までは、1人を喜ばせることが、たくさんの人を喜ばせることと繋がっていく…同じことだって、そういう感覚で作れた時期だったんですね。

だけど、東京に出てきたら…『シンシロ』から東京に出てきたんですけど、1人に向かって作るってことが、大衆になるってことはなくなりましたね。特に、フェスに出るようになってから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライナーノーツ

サカナクション山口一郎の音楽制作を行う上でのイメージ「音楽とは感情のバスタブから溢れでたもの」

2014.12.27 (Sat)
2014年12月26日放送のフジテレビ系の番組『ライナーノーツ』(毎週金 25:30 - 26:30)にて、サカナクションのボーカリスト兼ギタリストである山口一郎が出演し、女優・水川あさみに質問される形で、音楽制作を行う上でのイメージを、感情のバスタブにお湯を溜めて溢れ出たものを掬い上げると表現していた。

アルクアラウンド
アルクアラウンド(初回限定盤)

水川あさみ:私たち役者からしてみると、やっぱり台本があったりとか、ゼロからのスタートではないんですよね。

モノ作りをする上で。でも、アーティストの方っていうのは、ゼロから積み上げて、重ねて作っていくことの大変さっていうのは、どういうものなのかってことと、山口さん、凄く痩せてらっしゃいますけど、御飯は何が好きですか?

山口一郎:ふふ(笑)今朝、おじや作って食べましたけどね。僕、一日一食。製作中とか、食べると眠くなっちゃうんで、食べないでずっとやってるって感じですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライナーノーツ

サカナクション山口一郎、まさに身を削るほどの音楽制作の苦しみを語る「スランプが無い時なんか無い」

2014.12.27 (Sat)
2014年12月26日放送のフジテレビ系の番組『ライナーノーツ』(毎週金 25:30 - 26:30)にて、サカナクションのボーカリスト兼ギタリストである山口一郎が出演し、歌手・タレントの神田沙也加の質問に答える形で、創作の困難さについて語っていた。

ミュージック
ミュージック (初回生産限定盤)

神田沙也加:私も歌を歌わせていただく機会がありまして、歌詞を書かせていただいているんですが、山口さんも制作の際に、歌詞を書かれる時、浮かんでくるときはどういう感覚なのかなって、お訊きしたいと思ってました。

降りてくる、なのか。言葉に体が引っ張られる感じなのか。あと、出ない時なんかあるようだったら、絞りだす、ひねり出すって感覚とか。それを訊きたいと思います。

あと、スランプに陥ることがあったら、抜け出し方を是非教えてください。

山口一郎:ふふ(笑)こっちが知りたいわ(笑)…スランプの抜け出し方って言ってたけど、スランプが無い時なんかないから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライナーノーツ