カテゴリ:侃侃諤諤 の記事一覧

| |


吉田豪が語る、出版業界におけるゴーストライターの実情「タレント本の9割は自分で書いてない」

2014.03.08 (Sat)
2014年03月06日放送のテレビ朝日系の番組『侃侃諤諤』(毎週木 25:51 - 26:21)にて、プロインタビュアー、ライターの吉田豪が、出版業界におけるゴーストライターの実情について語っていた。

プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.1
プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.1 [DVD]

吉田豪のゴーストライター経験

吉田豪:「若手ライターは、どんどんゴーストライターになるべし」…若手のライターにとっては、絶対に良い経験の場になるし、稼げないうちは、こういうことで稼いで、徐々に実力をつけて、自分の本を出す流れっていうのは、確実にあるし。

太田光:うん。

吉田豪:仁義にもとるから、名前出していないだけで、想像以上に(ゴーストライターは)いるはずですよ。

太田光:えぇ。

吉田豪:僕もゴーストライター出身って言いましたが、『催眠術師になりたい』って本を、ダーク・ヒロカズさんっていう、催眠術師 兼 手品師の本を、作ったことがあるんですけど。

伊集院光:その人、知ってるよ。

吉田豪:この人の本を、作ったことがあるんですけど、なぜこれを僕が書いたってバラしたかって言いますと、この本が、1回、話題になったんですよ。「"ハーレム男"を名乗る男が、女性11人くらいと同居して、呪文で(自分を)モテさせていた」みたいなニュースが、10年以上前にあったんですね。

伊集院光:洗脳みたいな感じで。

吉田豪:家宅捜索されたときに、出てきたのが、この本だったんです。

伊集院光:あぁ。

吉田豪:この本によって、やったんじゃないかと。この本に、「スケベ洗脳医師になりたい」とか、そんなことが目次にあるんで、「確実にこれを読んでやったんじゃないか」っていうふうに騒がれたんですよ。

伊集院光:うん。

吉田豪:でも、書いたのは僕で、役に全然立たないんですよ。そんなの(笑)

太田光:催眠術師でもなんでもないからね(笑)

吉田豪:僕、催眠術かけられないですからね。事情を言いますと、別のゴーストの方がいたんですよ。それは、新聞社を定年退職されたお堅い方が原稿書いたら、「堅すぎる」ってことで、下請けになったんですよ。

太田光:ゴーストのゴースト?(笑)

伊集院光:背後霊の背後霊みたいな(笑)

吉田豪:より緩い感じにしてくれっていわれたんで、僕がギャグとか加える感じで、書いたんです。結果、くだらないシモネタとかガンガン入れて、こういう風に使えるんじゃないかって、妄想で書いただけのことであって、絶対にコレを使ってやったワケじゃないと思うんですよ。

太田光:えぇ。

吉田豪:それで、ダーク・ヒロカズさんが叩かれていたんで、「違うんです。犯人は僕です」って、名乗りでたっていうね。

太田光:それはかなり特殊なケースだよ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  侃侃諤諤