伊集院光が語る、AMラジオがFM波放送を開始してもAM波放送をやめられないワケ

2014.04.08 (Tue)
2014年04月06日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラジオのAM放送で流れている番組が早ければ来年中にも、FM波で同時放送になる見通しにあるが、AMラジオ放送を経費削減のためにやめようと思っても、やめられない事情について語っていた。

D.T.
D.T.

伊集院光:知らないことがいっぱいあるなって思って。これは新聞に書いてあったんだけど。新聞の片隅に書いてあったんだけどね。FM放送とAM放送があって、AM放送をFM波で出すってことが、法律的にはOKで、許可は下りたみたいなんだけどね。
注釈:総務相の諮問機関・電波監理審議会が、難聴取・災害対策を条件に、AM局にもFM放送の免許を出せるよう規制緩和することを認める答申を出した。

「FM放送で出しても、AM放送をそのまま続けなさい」みたいな。「続けるんだったら、やっていいよ」ってなってるんですよ。それに対して、ラジオ局もお金がないから、2個の送信を管理しなければいけないから、「FMで出すんだったら、AMやめたいんだけど」みたいな(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る、radikoの告知不足や杜撰な管理体制「放送中、サーバーの状態も分からない」

2014.04.08 (Tue)
2014年04月06日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラジオ放送をインターネット配信しているサービスradiko.jpをめぐる現在における問題点について語っていた。

D.T.
D.T.

伊集院光:どうですか、radiko.jpプレミアムの調子は?奥さん!どうですか、俺の夜のradiko.jpプレミアム会員の調子は(笑)奥さんの股間のradiko.jpプレミアム会員は、今、どうなちゃってんのか、言ってごらんなさいよ(笑)

…こんなものにカネを払ったのか!(笑)350円、ドブに捨てたようなもんだよ!…別に、俺がもらってるわけじゃないからね。全部エリア外の放送が聴けて、税込み378円ですからね。

調子よく聴けてるんですかね?ツイッターとかで、プレミアム会員になったけど、上手くいかなかったことが最初のうちにあったみたいだけど、俺のところに文句言いにきてるの、何なの?俺は関係ないから。俺はそういう人じゃないから。

水のトラブルのときに、森末慎二さんのところに行ったり、長嶋一茂さんのところに行くのは、多少、しょうがないですよね(笑)CMで「おまかせ下さい」って言ってんだから(笑)俺は別に「radikoのトラブルお任せください」って言ってないし、そこに一銭ももらってないですからね(笑)

ネットエリア外への告知が不十分

伊集院光:radikoっていうインターネットを通して聴けるっていうシステム、これを用いて、放送エリア外から聴こうとすると、月 378 円払って聴ける、と。それを使って、この『伊集院光 深夜の馬鹿力』を聴くきっかけの一番分かりやすいのは、大阪のABCラジオみたいに、「先月までは聴けてたんだけど、突然(ネットが)なくなってしまって、それで聴くようになった」ってことですよね。

あとは、もともと知ってて、雑音に負けずに聴いてたんだけど、「雑音がなく聴けるんなら」ってことで、聴いてる人もわかるし。あとは、引っ越しちゃった人ね。あとは…模範囚で早めに出られた人かな(笑)

それ以外に聴き始めるってことはあるのかね?元々、聴いてたけどどこか引っ越して聴けない予定が、聴けるようになりました、って人はいるけど、「この番組を知らなかったけど、radiko.jpプレミアムで聴くようになりました」って人は、あんまり想像がつかないよね。

これからやっていかなきゃいけないのは、この番組は、東京、北海道、九州、沖縄は、一応、無料のradikoでも聴けるし、ラジオもエリアがネット局もいてくれるから、それ以外のタウン誌とかに出てった方が良いよ。radikoを普及させるってこと=ラジオをいっぱい聴いてくれる人が増える、ってわけだし。radikoのプレミアムも、ある程度の人数が会員になってくれないと、運営もままならないわけでしょ。

ってことは、弱いところに行って、「こういう番組あるんですよ」「プレミアムあるんですよ」ってことを、観音寺市とか…なんで観音寺市かは分かりませんけど(笑)観音寺市に行ってですよ。観音寺市ウォーカーみたいな雑誌の取材を受けて、「こういう番組ありますよ」ってやっていかないと。ダメですからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る、radiko.jpプレミアム開始の問題点

2014.04.01 (Tue)
2014年03月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「radiko.jp」が配信エリアの枠を超え、「radiko.jp」に参加しているラジオ局を日本中どこにいても聴くことができるサービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」について語っていた。

「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」とは、月額350円(税別)で、ラジコ参加の民放ラジオ68局のうち、60局がエリアに関係なく聴くことができる、というサービスである。このradiko.jpプレミアム開始における問題点について、語られていた。

D.T.
D.T.


radiko誕生のきっかけ

伊集院光:今週気づいたこと…radiko.jpプレミアム会員、高くね?(笑)

今日から、新ディレクター、金子ディレクター体制になりまして。旧・ディレクター池田(卓生)が飛びまして。ADだった、金子くんが昇格となりまして。早々、上から怒られてしまえば良いって思いまして(笑)radiko.jpのプレミアム会員批判をのっけに持ってきてみました(笑)

radikoで聴いてくださる方、いらっしゃると思うんですけど、要は、もともとは難視聴対策なんだよね。たとえば、TBSがカバーしてる範囲にも関わらず、AM波っていうのは、入り組んだビルの谷間だとか、入っていくのが上手くないんでしょ?

「誰も居ないみたいですけども…御飯が保温になってる。いただきましょう」みたいな。そういうのが、AM波っていうのは、上手くないみたいなんですよね(笑)FMは、そこで、他人の家でもパッと入って、「これは俺のなめたけだな」みたいなのが、平気で出来るみたいなんですけども(笑)

AM波っていうのは、そういうビルの谷間に、物凄い弱いらしいんです。弱いから、いわゆる本来はTBSのエリアなのにも関わらず、雑音がひどくて聞こえない、みたいな人がいるから、そういう人は、ネットを通じて聞けるようにしましょうよ、っていうんでradikoっていうのができて。

そういう理由で出来ているから、エリア外では使えない、みたいな。制限があるわけですよ。それで、いろいろ制限をかけた理由はあるんでしょう。おそらく、地方でネットしてくださってる局っていうのはありますから。北海道HBCさんは、今もネットしてくださってて。あと、沖縄とかもね。大阪!この野郎(注釈:ABCラジオは、3月をもってネット終了となった)!(笑)

大阪のABCは、先週でネットが終わっちゃったんです。新しいディレクター・金子は、反体制だから悪口を言え、言えうるさいんですけど(笑)「radikoを、運営している馬鹿野郎ども!」と(笑)

俺は「そんな言い方ないじゃないですか、小さな一歩を、評価しましょうよ」って言うんだけど、「お前はそういう深夜放送のラジオパーソナリティなのか?」みたいなことを言われちゃいましたんで、引くに引けない状況になりましてね(笑)

分かんないんだけど、変な話、「もう伊集院、要らないよ」って言ったABCをかばうのはおかしな話なんだけど、エリア内でしか、radikoを使えなかった理由っていうのは、ネット局がお金を出して番組を買ってるからなんですよね。ネットする権利を得てるわけなんです。大阪でも、JUNKが聴けるっていうのをやるわけですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力