伊集院光、反対する農業関係者たちを抑えつけてまで進めたTPPが頓挫しそうなことに言及「安倍総理、大変だな」

2016.11.16 (Wed)
2016年11月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、TPPに反対する農業関係者たちを抑えつけてまで進めてきたにも関わらず、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ候補が勝利したことで、頓挫しそうなことに言及し、「安倍総理、大変だな」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:TPPですけど。

中村尚登:はい。

伊集院光:安倍総理、大変だなと思うのは、TPPの話が出た時に、やっぱり自分達が農業関係者の票とかを考えると、血を流すつもりでなんとか調整していくわけじゃないですか。

中村尚登:ええ。

伊集院光:それで、やっとある程度、覚悟を決めて「こうしましょう」ってなったら、アメリカの大統領が変わって、「やんねぇよ」みたいな話にされても、どうして良いか、みたいなところがあると思うんですよ。

中村尚登:「それはないでしょ」っていうことですよね(笑)

伊集院光:そう。本音を言えば、そういうところが僕はあるんじゃないかな、と思うんですね。

中村尚登:国内対策にだって、小泉進次郎さんを投入してまでね。

伊集院光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、トランプ大統領就任で頓挫しそうなTPPに日本での審議を中断すべきではと指摘「さすがに一旦止めようよ」

2016.11.12 (Sat)
2016年11月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ドナルド・トランプ大統領誕生で頓挫する公算が高まっている環太平洋経済連携協定(TPP)について、日本での承認案および関連法案の審議は中断すべきではないかと指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:日本としては、TPP。

中村尚登:はい。今日の本会議が、(委員長)職権でセットされましたけれども。これ、ある意味、TPPってトランプさんが「就任初日に脱退する」と言っているんですけど。

伊集院光:うん。

中村尚登:アメリカが脱退したら、TPPって崩壊するんですよ。

伊集院光:うん。

中村尚登:もう成り立たないんですね。12カ国が参加しているんですけども、12ヶ国全部の批准、もしくは12ヶ国すべてが批准できなかったとしても、全体のGDPの85%以上を占める6ヶ国が批准してくれれば良い、と。

伊集院光:うん。

中村尚登:ただし、この12ヶ国のうち、アメリカのGDPというのがですね、なんと6割なんですよ(笑)

伊集院光:ああ。

柴田理恵:ああ、じゃあダメだ(笑)

中村尚登:日本が、18%なんですよ。だから、日本が欠けてもダメだし、アメリカが欠けてもダメなんですね。だから、日本は何とかアメリカを引きずり込みたいから、今、一生懸命やろうとしているわけですよ。

伊集院光:まぁでも、僕は思うんですけど、今までのこと以上に、今までのそのたとえば民進党が「待ってくれ、待ってくれ」ということ以上に、「一旦、止めない?」っていう(笑)もう、どっちの党がじゃなくて、「さすがに、一旦止めようよ」っていう話にはできないんですかね?

中村尚登:いや普通、「だって、アメリカが嫌だと言っているのを、これやっても意味ないじゃない?」って思うじゃないですか。

柴田理恵:そう、そう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、TPPで再交渉するつもりがないという安倍総理の意向に疑問「アメリカに得ではないことで、それは難しい」

2016.11.02 (Wed)
2016年11月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、TPP(環太平洋経済連携協定)について、安倍晋三首相が「再交渉しない」意向であり、そのためにも今国会での協定の承認と関連法案の成立が必要であるとの意向に対して疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:TPP、素朴な疑問なんですけど。各国、多分、アメリカ待ちというか。

内山研二:そうですね。

伊集院光:大統領選挙で、それで選ばれた大統領が、TPPをどう考えているのかを、わりと待ちの姿勢に入っていると思うんですね。

内山研二:うん。

伊集院光:日本、凄く急ぐじゃないですか。

内山研二:急いでますね。

伊集院光:なんでなんですかね?

内山研二:でね、これ、今までの政府の答弁というのかな、話を聞いていると、このTPPというのは、苦労に苦労を重ねて、各国が合意してきた、と。

伊集院光:うん。

内山研二:そのリーダー的に、「先導的に、やっぱり日本は立つべきだ」と言っていますが…

伊集院光:へぇ、なるほど、なるほど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、アメリカ主導のTPPが大統領選で棚上げされ日本が主導している現状に疑問「張り切ってるのは日本?」

2016.09.27 (Tue)
2016年9月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、アメリカ主導で提起されたTPPが大統領選で棚上げされ、日本が主導している現状に疑問を呈していた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

伊集院光:臨時国会が、召集日を迎えたということですけど。TPPがあるじゃないですか。

中村尚登:はい。

伊集院光:今回、わりとメインの議題になりそうなTPP。もはや、アメリカ大統領選挙のクリントンも、トランプも「TPPどうなのよ?」と。

中村尚登:トランプさんがもう「完全に撤退します」とまで言ってますからね。


伊集院光:言っていますよね。クリントンさんも「いろいろ考えないとダメだ」と。

中村尚登:「今だと反対だ」というふうなね。

伊集院光:なってますよね。それなのに…僕の印象では、そもそもアメリカがやろうと言って、アメリカがやろうと言うからには多分、日本も協力的にしないといけないのかなというので、日本も頑張って。良い面も、悪い面もあるんだろうから。国内の調整とかを、ある意味、議員さんからしたら「やりたくもないのに」というのはあると思うんです。票が減るところも多いから。

中村尚登:ええ(笑)

伊集院光:で、頑張ってやってきて。アメリカがそうやってハシゴを降ろしちゃうようなことになって。「張り切ってるのは、日本なの?」みたいのが、ちょっと解せないというか。

中村尚登:まぁね、最初はだって自民党だって「TPP反対」とかって言ってたわけですからね。

伊集院光:それはそうですよ。だって、農村部の人達とかは、嫌ですもんね。

安田美香:うん。

中村尚登:ただ、だけどこれ、アメリカがもし批准しなかったら…一応、TPPってこれ今年の2月に署名式をやったんですけど、それから2年以内にその参加12カ国が全部国内手続きを終えないと、発行しないとなっているんですよ。

伊集院光:うん。

中村尚登:仮に、12ヶ国間に合わなかったとしても、半数以上の国で、GDPが全体の85%以上を占めているところの国、最低6ヶ国が批准していれば発行しますよ、ということになっているんですね。

安田美香:はい。

伊集院光:だけど、アメリカが大体、その12ヶ国のトータルの中で言うと、半分以上はGDPを占めているんで。アメリカが批准しなかったら、TPPはその段階で空中分解なわけですよね、要は。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと