伊集院光、映画『ROMA/ローマ』に存在する「心地いい分からなさ」について語る「見た人と答え合わせをしても、映画評を聞いても恐らく違う」

2019.04.30 (Tue)
2019年4月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画『ROMA/ローマ』に存在する「心地いい分からなさ」について語っていた。



伊集院光:(映画『ROMA/ローマ』の)分からないっていう心地よさ。「全然、よく分からない心地よさっていうのは、どういうもんなんだ?どういうさじ加減なんだ?」ということにぶち当たって。

俺、全く同じ日に、一個芝居を観に行ったの。その芝居が俺、全然分からなかったの。正直、「ああ、ああ…」って終わっちゃってるの。なのに、周りが全員立ってスタンディングオベーションしてるの。

しかもそれは、よそでも好評だった芝居なんだけど、全然分からないの。で、もうイヤでイヤで、周りに立ってる人全員、並ばせて。「番号!」って言わせて、「一人一人、どこが面白かったか言え」って言いたいくらいで、分かんなくて。

その分からなさが、不安っていうか、苛立ちだったね。でいて、『ROMA/ローマ』は分かんないの。『ROMA/ローマ』は分からないんだけど、分からなくていい感じなの。これ、全然分かんないから、きっと河野君と答え合わせをしても、見た人と答え合わせをしても、誰かの映画評を聞いても、恐らく違うんだと思う。

これって俺の変な執着で思っちゃってることだから、誰にも通用しないと思うの。で、ともすれば、「そんなに伊集院言うなら、『ROMA/ローマ』見よう」と思った時に、お前は見た結果、俺にビンタをする可能性があるわけ。要するに分からないから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力