有吉弘行、PlayStation VRでAVを観て「顔が焼けるくらい長時間付けてる」と明かす「一日の大半VR付けてる」

2017.07.24 (Mon)
2017年7月23日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、PlayStation VRでAVを観て「顔が焼けるくらい長時間付けてる」と明かしていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

有吉弘行:これは、PlayStation VR作った人たちに、謝らなきゃいけないなって思って。

安田和博:うん。

有吉弘行:先週、PlayStation VR用のゲームソフトとか、AV的なものも、「数が追いついてないし、まだそんなにクオリティが高くないんじゃないか」っていうふうに、言ってしまったんですよ、生意気に。

安田和博:はい。

有吉弘行:これは、謝らなきゃいけないですね。

安田和博:あ、なんか…

有吉弘行:ちょっと、VRでAV観てみたんですけど。

安田和博:ほう。

有吉弘行顔が焼けるくらい長時間VR付けてる(笑)

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:VR、熱もって、熱もって(笑)高熱を発するくらいの長時間、VRを(笑)

安田和博:なに発表してんんだよ(笑)バカじゃないの?

有吉弘行:顔、溶けるくらい付けてる(笑)

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:一日の大半VR付けてるようなもんだよ(笑)

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:バカバカしい(笑)凄いじゃないか、本当に。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

伊集院光、PlayStationVR発売で「現実と混同する」VRの危険性が指摘されていることに言及「結局、慣れるんだよね」

2016.06.21 (Tue)
2016年6月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、PlayStationVRの発売に関連して、「現実と混同する」などの影響・危険性が指摘されていることに対し、新しいテクノロジーであっても「結局、慣れるんだよね」などと語っていた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る


伊集院光:PlayStationVR、予約始まって瞬殺らしいね。そこまで数が出ないからなんだろうけど。一気に予約受付終了ってなって。当然、僕も手に入れようと思ってますけど。

ヴァーチャルリアリティとか出てくるとさ、必ず二言目には「現実とゲームの境目がわからなくなる人が出てくるんじゃないか」って、ヤバイんじゃないか説が絶対に出るじゃないですか。

でも、俺はゲーム寄りだから。ゲーム寄りの人で、楽しみでしょうがないから。「別に、多少体に悪くてもいい」とすら思ってるから(笑)それくらいのバイアスのかかった意見として聞くべきだと思いますけど。

結局、何が出ても、おっちょこちょいなヤツ、そうなりやすい人っているからさ、現実との区別がつかなくなるヤツはいると思うよ、それは。

だって、最初に映画が出たときにさ、映画って今から観たらテクノロジー的には昔のテクノロジーだしさ、別に最初に発明された映画で、鉄道の映画を撮ったリュミエール兄弟だっけ、アイツが最初に試写会でやったヤツは、かなり前だから。一作目の『ゴーストバスターズ』よりずっと前だから(笑)

ただ単に、鉄道が通るっていうだけのヤツだったんだけど、試写会に来た人たちは、週刊漫画アクションの懸賞で当たって(笑)…なんで「週刊漫画アクション」って言ったかっていうと、俺、子供の頃、週刊漫画アクションの試写会、スゲェ当たる確率高くて、やたらそれで当たって。

最初の『ゴーストバスターズ』を観に行ったんだけど。その時、鶴太郎さんが司会やってて、「ゴーストブスターズ」って替え歌を歌ってたんだけど(笑)…それ、リュミエール兄弟の作じゃないから、放っておいて良いんだけど(笑)

最初の試写会の時、機関車が走ってくる映像だったんだけど、みんな逃げたらしいんだよね、みんな。でも、今思えば、白黒だよ。白黒でザラザラの画面だよ。そこで機関車来たのに、逃げ惑ったっていうんだよ。

…って考えたら、リアルとかそういう問題じゃない、新しいものっていうのに対しては、そういうヤツいるじゃん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力