伊集院光、M-1グランプリ2016の審査員選考は「公平じゃない」と批判されることに全く配慮していないと指摘

2016.12.06 (Tue)
2016年12月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、M-1グランプリ2016の審査員選考は「公平じゃない」と視聴者に批判されることに対し、全く配慮していない、と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:M-1、個人的にはもう、カミナリが超ツボで。猛烈などつき漫才の。サンドウィッチマンの事務所の若手っていうか、それなりにもうキャリアあると思うんだけど、それが面白くて。俺の中での今年のM-1グランプリは、カミナリなんだけど。

毎回さ、M-1やるごとにあーだこーだなるじゃん。お笑い好きな人が観るもんだから、あーだこーだなるじゃん。なるけど、それはもうしょうがない。誰がどう審査しようが、「あの人じゃなかったんじゃないの?」みたいなことにはなるわけですけど。

そんな中で今回、審査員のメンツが、なんつったらいいのかな。もはやはなから…これは「公平じゃない」って言ってんじゃないのね。ここ、スゲェ大事だから。

「公平じゃない」って言われること、「偏ってんじゃねぇの?」って言われることに関して、一切、ケアをしていないって気がするんだよね。

要するに、今までって、大竹まことさんがいたりとか、あとは談志師匠がいたりとか、「絶対、この人って誰の意向も汲まなそうだ」って人が必ずいるじゃん。東西の比率が守られてたり。でも今回って、「どう考えても、これ西の人が受賞するよね]っていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

有吉弘行、博多大吉がM-1で審査員を務める極度の緊張で「地獄にいるような顔」をしていたと指摘

2016.12.05 (Mon)
2016年12月4日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉がM-1グランプリ2016の審査員を務める極度の緊張で、、「地獄にいるような顔」をしていたと語っていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉 弘行

双葉社 2012-04-12

Amazonで詳しく見る


有吉弘行:温故知新っていう意味ではね、オール巨人師匠とか、上沼恵美子さんとか入ってらっしゃってて、ちゃんとした審査だと思いますけど。

山本浩司:そうですね。

有吉弘行:古い賢者たちの意見もちゃんと。

山本浩司:前回なんて、歴代王者たちが審査員をされていたという。

有吉弘行:ああ、そうね。今回、松本さん、巨人師匠、上沼恵美子さん。大吉さんなんて、地獄にいるような顔してたよ(笑)

長嶋智彦:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

山里亮太、M-1決勝進出者のインタビュー撮りにプロレスを仕掛けようとして恥をかく「一台もカメラが俺を撮ってない」

2016.11.24 (Thu)
2016年11月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、M-1グランプリ決勝進出者のインタビュー撮りが行われているところ、プロレスを仕掛けようとして恥をかいてしまったと明かしていた。

敗退した山里は悔しがるのではなく、文句を言って盛り上げようとしたのだが、「一台もカメラが俺を撮ってない」ことに気づき、さらには「アイツを黙らせろ」とディレクターやカメラマンが命じていたのだという。

たりないふたり


山里亮太:(M-1グランプリ決勝進出者の発表でコンビ名を呼ばれず)負けたんだって。「他の人は、敗者復活もありますし、頑張ってください。ということで、ファイナリストに選ばれた方、おめでとうございます」って言ったら、三々五々になる空気になったんだけど。

で、カメラさんとか、色んなインタビューとか撮りまくってるわけ。ファイナリストに決まった人とかの。カメラが、色々コメントをみんなに欲しがってる、と。

で、みんな落ち込んだりももちろんするし。俺も落ち込んだし、正直。で、悲喜こもごもよ。初めてのファイナル、嬉しい人とか。

そんな中でね、カメラさんもいるし、これはなんかね、「エンターテイメントだ」って思って。しかも今回、受かったのが、銀シャリ、スーパーマラドーナ、カミナリ、さらば青春の光、ハライチ、相席スタート、アキナ、スリムクラブってことで。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、M-1準決勝で漫才の最中に時間切れで「死んだ!」と叫んでしまったと告白「心からの声だったの」

2016.11.24 (Thu)
2016年11月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、M-1グランプリ2016の準決勝で、漫才の最中に時間切れで「死んだ!」と叫んでしまったと告白していた。

たりないふたり


山里亮太:大きなミスがありまして、私に。劇場出番の数が少ないと、尺調整が上手くできてなくて。で、本来、しずちゃんがやりたかったボケとかを削って、ギャンブル的に山里亮太の強いところを詰めた、4分ってそういうネタで。

そもそもダメなんだけど、4分のネタなのに、直前までこれを12分やってた俺たちがいたわけよ。それも削って、削ってやってた12分だったんだけど。

で、実際、ネタやってて。お客さんも凄い良いリアクションで笑ってくださって、「漫才楽しいなぁ」ってやってて。で、途中で「あれ?結構、時間かかってるな」って。僕たち、劇場の出番で時間調整してなくて、ずっと2人でネタ合わせして、お客さん関係なくネタ合わせしてて。

それで毎回、4分18秒くらいでずっと決めてたの。4分18秒がネタ合わせで安定してきてたから。「4分18秒でいけるね」って。それで舞台に行くけど、本当に初歩的な間違いよ。笑い待ちとか2人きりで壁に向かって漫才やってる時に、全然計算されてないわけ(笑)

で、お客さんも温かくて。僕たちが一番良い環境で漫才できるように、凄い盛り上がってくれるから。その時の笑い待ちとか入れたら、明らかにタイム少ないわけよ。

で、ビューン、ビューンって残り何秒かみたいになって。ビンタからの、もう一オチ、大きめのがあったの。「それをどうしても見て欲しいね、このオチ」って、しずちゃんとも言ってたヤツがあったんだけど。

バーンってぶっ叩いて、「ところで…」で、タイムオーバーでドーンって消えちゃったの。「うわぁ…」って思って。それで自分でもなんでか分からないんだけど、準決勝の会場にいた人たちは、分かると思うんですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論