オリラジ中田敦彦、VANQUISH創設者・石川涼氏が裏原宿の店舗を手に入れた方法に驚く「バブルのタクシーの停め方」

2019.02.22 (Fri)
2019年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、VANQUISH創設者・石川涼氏が裏原宿の店舗を手に入れた方法に驚いていた。



中田敦彦:渋谷も、ちょっと前までお買い物する街だったけど、今はもう、観光する街になった。買い物しに行く街にはなってない。竹下通りは、もう中高生しかいないから、逆にお金を持ってない。高価格帯の服は買ってくれない。

「裏原しかないよ、あっちゃん、裏原しかないんだよ」と。「僕(石川涼)も、裏原で店舗を増やそうとしているから」と。

「いや、しかし石川さん」と。「裏原の物件が、いかに空かないか、この問題にぶち当たりました」と。「なんで裏原に、店舗を掴めるんですか?」と。「あっちゃん、そこなんだよ。

梅は、最初に出した黄色い店よりも、メインストリートに近いんですよ。ピンクの方が近い。「なんでピンク手に入れられたんですか?」と。「僕はずーっと、この店が欲しい。ここに店が欲しいって、ずっと不動産屋に言ってた。そしたら、不動産屋に言われたのが、『空かないです』と。『ここは空かないです』って言われた。でも、どうしても欲しいからって言ってた4日後、空きますと。『だったら、それ払うよ』って、すぐ答えたんだよ」と。

「奇跡は起きるよ」と。なるほどな、と。空かない、空かないっていうのはもちろんそう。だけど、空かない、空かないって言われて、俺はどうした?「じゃあ、無理だな」って引き下がったじゃないですか。大半の人間は、そうするんだと思うんですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、VANQUISH創設者・石川涼氏の「1000枚売れるなら500枚しか作らない」理由について語る「満たしてしまうのは罪」

2019.02.22 (Fri)
2019年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、VANQUISH創設者・石川涼氏の「1000枚売れるなら500枚しか作らない」理由について語っていた。



中田敦彦:「Smoking killsの流通量って、かなりコントロールしてますよね?」って訊いたんですよ。そしたら、「してる」と。

正直、Smoking killsって、めちゃくちゃアイコニックだから。あれが求められるし、あれが一番売れるんだけど、あれを売りすぎると、要するにアイコンがね、普及しすぎると、時間が経った時に「え?まだそれ着てんの?」って言われちゃう。

だから、普及させ過ぎちゃいけないんだ、強いものは。だから、幸福洗脳も言ってみたら、バズが目的だけど、これが普及しすぎた時に、古くなっちゃうんですよ、一気に。

歌でもそうじゃないですか、『PERFECT HUMAN』って、2016年にあそこまで売れちゃうと、逆に言うと2017年以降、聞きづらいんですよ。『U.S.A.』だって、「2018年の曲」ってなっちゃうと、2018年以降、聞きづらいじゃないですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、FR2のイメージや戦略の「トレース」をVANQUISH創設者・石川涼氏に許容してもらったと明かす「セーフ(笑)」

2019.02.22 (Fri)
2019年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、FR2のイメージや戦略の「トレース」をVANQUISH創設者・石川涼氏に許容してもらったと語っていた。



中田敦彦:Fxxking Rabbits、何が凄いかって、まずね、インスタグラムで、ちょっとエロティックな写真をアップして、世界に認知度広めてですね、世界に販売をしてですね、世界で売れてるよという実績を持って、日本でも再評価されているというブランドなわけですね。

何を私、トレースしてきたかと言いますと、まずはTシャツのデザイン。ボックスロゴで言うと、「Smoking kills」という不穏な英語表現を箱に入れると言うと、不穏な意味合いと箱っていうものをトレースして。

で、こっちは漢字四文字で行く、みたいな。そういうところからまず似せたし、インスタグラムのちょいエロ作戦も似せていったし、じゃあ、ウサギに対してこっちはワシだ、みたいなね。動物が必要だとか。看板はこうだとか、ネオンがこうだとか。ネオンが一昨日来たんですよ。ようやく一昨日来まして、ピッカピカに光っておりますので。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン