おぎやはぎ小木、長嶋茂雄が監督時代に「すげぇぶん殴ってった」と発言「長嶋さんくらいでしょ、鉄拳なんて」

2018.08.31 (Fri)
2018年8月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎ小木博明が、長嶋茂雄が監督時代に「すげぇぶん殴ってった」と発言していた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:どっちかって言うと、アメフトの時もそうだけど、日大って結構しごきのチームなんだって。

小木博明:はい。

矢作兼:関西学院は和気あいあい、あんまり厳しい学校じゃないんだって。

小木博明:なるほど。

矢作兼:ちゃんと自分の考えでやれ、みたいな自由な感じで、強いんだって。

小木博明:はい、なるほど。

矢作兼:両方強いのよ。

小木博明:そうだよな。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

爆笑問題・太田、王貞治がバットへのこだわりを語る横で長嶋茂雄が放った一言に衝撃「バットなんかね、打てればいい」

2018.03.14 (Wed)
2018年3月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、王貞治がバットへのこだわりを語る横で長嶋茂雄が放った一言に驚いたと語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:この間、王さんと長嶋さんの…

田中裕二:あ、やったんでしょ?対談。俺、それ見てないのよ。

太田光:長嶋さんの誕生日で。で、やってさ、いわゆる名球会の、OB戦の時に…

田中裕二:ああ、あの時に撮ってたんだね。

太田光:撮ってたんだよ。それでさぁ、王さんと長嶋さんが初めて会った時の写真っていうのがあんの。

田中裕二:うん。

太田光:それをパッと見たらさ、長嶋さんがさ、「この写真はもう、だって毎日僕、見てるからね」って言うんだよ。

田中裕二:へぇ!

太田光:もうジーンときちゃってさぁ。

田中裕二:そうなの?

太田光:そうなんだよ。貼ってあんだろうね。「やっぱりね、ワンちゃんとね、ONって言葉がね、僕らに力をくれた」って。

田中裕二:お互いね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、長嶋茂雄が監督に就任1年目で最下位だった衝撃の田中との温度差に驚く「V9からいきなり最下位」

2015.10.28 (Wed)
2015年10月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小学生時代、長嶋茂雄が読売ジャイアンツの監督に就任し、最下位となった時のショックについて、当時は熱狂的な巨人ファンでなかった相方・田中裕二との温度差があると語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-11-04
売り上げランキング : 44453


Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


太田光:(長嶋茂雄の第1次巨人監督時代)お前は、まだあれか…

田中裕二:そう。俺はまだ、熱狂的な巨人ファンではなくて。野球には興味を持ち始めたくらい。

太田光:赤ヘルファン、その時になったんだもんな。

田中裕二:そうそう。だから、そんなに野球をめちゃめちゃ観ていたわけではない。

太田光:最低だよな。しかも巨人ファンじゃないからね、導入が。

田中裕二:導入ね。

太田光:広島。

田中裕二:3ヶ月くらい、広島ファンだったからね。

太田光:赤ヘル軍団のファンだからね。

田中裕二:うん。

太田光:だから、あのショックはないんだよね。お前にはね。

田中裕二:そう、そう。

太田光:V9からいきなり最下位になった時の。

田中裕二:いきなり最下位っていう、ショックはない。

太田光:愕然とした感じ。長嶋監督1年目。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

長嶋一茂、大塚家具のお家騒動に「親子の確執は当たり前」「父・長嶋茂雄の言うことは分からない」

2015.03.02 (Mon)
2015年3月1日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が出演し、大塚家具で社長の座をめぐり、創設者であり現会長の勝久氏と娘で現社長の久美子氏が争う形でお家騒動が勃発していることについて、持論を語った。

ミスター・ルーキー [DVD]

東野幸治:松本さんはどうなんですか?このお家騒動。

松本人志:でもね…やっぱり、家族団らんの象徴が家具だったりするわけじゃないですか。

東野幸治:そうです、そうです(笑)

松本人志:その家具を売る会社が、家具を否定するような方向にどんどん行ってるかっていう気がしません?

長嶋一茂:本当ですね。でも、僕は親子の確執っていうのは当たり前だと思うんですよ。大体、先代の人が作ったものに対してね、2代目の社長が、親にイエスマンで、「あなたの言うとおりに全部します」っていう言いなりの経営者もどうかと思うし。動物学的に言っても、それは普通、親子で反発しあうのは当たり前で。

東野幸治:じゃあ、長嶋家もお父さんと反発したりするんですか?

長嶋一茂:もちろん、反発はできないけど、親父の言ってることは全然分からない。

古市憲寿:分からないんですか?

長嶋一茂:いや、分からない。だって、前に話したじゃないですか。松井秀喜の感性と長嶋茂雄の感性が合ったから、師弟になったけど…俺は親父から教わったけど、何言ってるか全然分からなかった。

古市憲寿:ふふ(笑)

長嶋一茂:ただ、俺は怖いから反発できなかったっていうさ。

東野幸治:反抗期は無かったんですか?

長嶋一茂:反抗期はあんまりなかったですね。家を出ちゃってたからね。

東野幸治:学校の寮とか?

長嶋一茂:そう、そう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

ビートたけし、長嶋茂雄の国民栄誉賞受賞を安部総理に提案していた「安倍さんの人気上がるよ、と」

2014.12.30 (Tue)
2014年12月29日放送のテレビ朝日系の番組『ビートたけしのTVタックル たけし&爆笑問題がメッタ斬り!2014年オレたちのお騒がせ重大ニューススペシャル』にて、ビートたけしが、安倍晋三首相と会談した際、長嶋茂雄の国民栄誉賞受賞を提案していたことを明かした。

野球は人生そのものだ
野球は人生そのものだ

ビートたけし:長嶋(茂雄)さんの時には、国民栄誉賞はなかったんだよ。

太田光:王さんが現役の時ですね。

ビートたけし:俺がだな…これが凄いんだよ、俺が。安倍(晋三)さんに会って。文化交流ということで選ばれて、「30分前に来てくれ」って、首相官邸に。

太田光:はい。

ビートたけし:そしたら、違う部屋に通されて。色々、世間のことを訊きたいわけだ。桜を見る会に誰を呼んだら良いか、とか。

太田光:はい。

ビートたけし:「それより、長嶋さんは、国民栄誉賞をもらってないよね?」って。「なんで出さないの?」って訊いたら、「アレは、王さんから始まったんで、長嶋さんを栄誉賞にするチャンスがなかったんだ」って言うから、「遅くないから、今、長嶋さんにやったって良いんじゃないの?」って。

太田光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

爆笑問題・田中、空気を読まない巨人・原監督にヒヤヒヤ

2014.02.12 (Wed)
2014年02月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、宮崎県へ巨人キャンプを見に行ったときのことを語っていた。

グラウンドで、原辰徳、松井秀喜らが長嶋茂雄の到着を待っている中、田中は原監督への挨拶をするタイミングをうかがっていた時に起こったことについて明かしていた。

原点―勝ち続ける組織作り
原点―勝ち続ける組織作り

田中裕二(以下、田中):原監督や松井秀喜、コーチ、選手がいるわけですよ。みんな長嶋茂雄さんを待ってて。

太田光(以下、太田):うん。

田中:俺らは、報道陣に紛れて待ってるんですけど。(長嶋茂雄監督がくるかもしれないので)原監督に挨拶、さすがに行けなくて。

太田:うん。それは無理。空気読めなさすぎ。それは、いくらなんでも空気読めなさすぎ。

田中:やってないんだって(笑)

太田:うん。

田中:待ってたらさ、原監督が気づいてくれてさ。「あれ?遅いじゃん」って始まって。

太田:はっはっはっ(笑)ちょっとそれは困るな。

田中:「うわ…」って思って。手招きされる感じがあったから、行ってさ。

太田:いやいやいや、ちょっと勘弁してよ。爆笑問題 的に困るから。(原監督、松井秀喜がいて、長嶋茂雄を待っている状況に)そこに割り込んで行くって。ちょっと私としても…というか、日本中に顰蹙ですからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・田中、長嶋茂雄に会えて感激「一生の思い出」

2014.02.12 (Wed)
2014年02月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、読売ジャイアンツ終身名誉監督である長嶋茂雄に会って感激した、と語っていた。

野球は人生そのものだ
野球は人生そのものだ

田中裕二(以下、田中):巨人のキャンプで、宮崎県に毎年行ってますけども。長嶋茂雄終身名誉監督が来られるってことで、例年の感じとは違って。

太田光(以下、太田):うん。

田中:朝9時くらいに、宮崎のサンマリンスタジアムに行くんですけど。普段はジャイアンツのキャンプって、お客さん多い方ですから、朝の時点で渋滞していまして。

太田:そうか、ミスターくるとなったらね。

田中:凄いね。

太田:一目見たいって思いますからね。あの人のオーラは、未だに忘れられませんから。

田中:そうだよね。日テレの番組でね。

太田:「これがオーラなのか」って思って。

田中:24時間テレビでお会いして。

太田:光ってました。

田中:今日も凄い人がきてて。いつも僕は、報道の方に入れてもらってるわけですよ。

太田:ジャーナリストですからね。

田中:ただのファンですけどね。

太田:こども新聞の編集長ですからね。

田中:そんなもんですけどね(笑)玄関のところで待ってると、いつも原監督が来てくださって、そこで一言二言話すんだけど、今日は違って。

太田:厳戒態勢だからね。

田中:長嶋さんが来るってことで、もう監督の入りも早かったんだろうね。

太田:そうですよ、そりゃあ。

田中:僕の方が後でしたね。

太田:原、田中、ミスターって順番ですからね。

田中:もっと言うと、松井秀喜も入ってますからね。廊下で待ってたら、ファンも報道陣も凄い数が待ち構えてるんですよ。そこにクルマが来て。

太田:うん。

田中:クルマが到着すると、凄いフラッシュで。僕は廊下で、コーチとか監督通るから、そこで待ってたんですよ。

太田:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ