山里亮太、『ボクらの時代』収録後にオードリー若林と西加奈子の3人で飲みに行ったと明かす「2時間半喋って、それでも喋り足りなくて」

2018.10.11 (Thu)
2018年10月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フジテレビ系の番組『ボクらの時代』収録後にオードリー若林と西加奈子の3人で飲みに行ったと明かしていた。



山里亮太:(『ボクらの時代』で)若ちゃんと西加奈子さんが、トークを回すのが上手くて。持ち上げつつ、攻撃しつつみたいなので。

で、独自の言葉のつかい方とかあって。あれ、30分の放送だったんだけど、2時間半喋りっぱなしだったの。で、2時間半喋って、もう終わりにしましょうかみたいなのをスタッフさんが言って、で、それでも喋り足りなくて。

そんなことあんまり言わないんだけど、収録終わった後に、「この後、飲みに行く?」「飲みに行くって、こういうメンツ、そういうの嫌いなタイプだよね」って言ったら、「いや、行こうよ」なんて。

で、結局、『ボクらの時代』の収録終わって、2時間半喋った後に、「飲みに行こう」って言ってさ。若ちゃんがなんか「店、とりますよ」なんて言うから、そこでちょっとカチンときて。「店とりますなんて、めちゃくちゃイケてんじゃん」って。

「店とりますよ」って、若ちゃんだろ。「いい肉食わせる店あるんですよ」って言って、行ったら吉牛とかそんな感じだろうって思ってて。そしたら、オシャレな街で。麻布的なところで、店とるって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

山里亮太、『ボクらの時代』でオードリー若林と西加奈子との共演を希望したところ「2人とも快諾」で実現したと明かす

2018.10.11 (Thu)
2018年10月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フジテレビ系の番組『ボクらの時代』でオードリー若林と西加奈子との共演を希望したところ「2人とも快諾」で実現したと明かしていた。



山里亮太:見なかった人もいるかもしれないですけども、『ボクらの時代』なんて番組、朝、出させてもらって。朝ね、7時…日曜の朝なんだよね。

日曜の朝に、フジテレビ系列の方でさ、オシャレな番組ですよね。で、色んな分野からの3人が集まって喋るってやつで。僕と、オードリーの若ちゃんと、作家の西加奈子さんと。

ここ実は、仲良しでございまして。西さんと昔、本当に僕が下北のタウンホールとかね、そういうところでやってるライブの時から、一緒にライブに出てくれてて。で、若ちゃんと西さんもラジオ一緒にやってて、仲良くて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

西加奈子、オードリー若林のありえない女性への対応に「若林さんは『人間一回目』って感じする」と発言

2018.10.07 (Sun)
2018年10月7日放送のフジテレビ系の番組『ボクらの時代』に、直木賞作家・西加奈子が出演し、オードリー・若林正恭のありえない女性への対応に「若林さんは『人間一回目』って感じする」と発言していた。



山里亮太:(若林は)女性の紹介の仕方がクソヘタじゃんか。

西加奈子:なに?

山里亮太:いや、最低だよ。「可愛らしいカフェの店員さんが、山ちゃんのことが好きだから、紹介するよ」って。

西加奈子:あら。

山里亮太:で、そのカフェで待ち合わせて。

若林正恭:連れてったのよ。俺が行くたびに、山ちゃんの話ばっかりするのよ。

山里亮太:そしたらさ、カフェに座って。向こうにどうやらそのターゲットの女の子がいるのよ。そしたら、この男が「ねぇ!山ちゃん。好きなんでしょ?連れてきたから」って。

西加奈子:ふふ(笑)イカれてるから(笑)

若林正恭:俺、マジで店出るなり、「あれ、なんだよ、あの言い方」って言われるまで、全然、変だって気づかなかったの。

山里亮太:そう。

西加奈子:うん、うん。

山里亮太:その子、一切こっちに来なかったし。

若林正恭:なんでだろうね?

山里亮太:そりゃそうだろ。

西加奈子:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ボクらの時代

西加奈子、同年代のオードリー若林や山里亮太が「怒りのパワーが衰えない」ことに驚く「いわゆる天才っていう人たちって…」

2018.10.07 (Sun)
2018年10月7日放送のフジテレビ系の番組『ボクらの時代』に、直木賞作家・西加奈子が出演し、同年代のオードリー・若林正恭や南海キャンディーズ・山里亮太が、「怒りのパワーが衰えない」ことに驚いたと語っていた。



山里亮太:よく、現場で揉めるんだけどさ。

若林正恭:はっはっはっ(笑)いや、大変だよね。毎朝、大変でしょ(笑)

山里亮太:いや、ヒント出すんじゃないよ。

若林正恭:俺だって、仕事…仕事だよ。『ボクらの時代』出てさ。

山里亮太:無理して言ってんの?(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

西加奈子:嬉しそう(笑)

山里亮太:仕事じゃないだろ。「毎朝」って言ったら、一個しかないだろ。

西加奈子:山さん、毎朝何かやってる?

山里亮太:何もやってない…(笑)バンッて怒ったりするんだけど、その時、「この人とともに成長しよう」なんて、向こうもイヤな気持ちになってるし、僕もイヤな気持ちになってるし。無茶苦茶パフォーマンス下がるから、もうやめたい。

若林正恭:ああ、疲れるからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ボクらの時代

山里亮太、オードリー若林と西加奈子とで『ボクらの時代』に出演して収録後も話したいと「3人で飲みに行った」と明かす

2018.10.04 (Thu)
2018年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭と西加奈子とで、フジテレビ系の番組『ボクらの時代』に出演し、収録後も話したいと「3人で飲みに行った」と明かしていた。



山里亮太:『ボクらの時代』ね、今週…って言い方でいいのかな。今週だもんね。次の回だから、やるのよ。



僕と若林君と…「若林君」だって、久しぶりに言ったら気持ち悪ぃな(笑)若ちゃんと、西加奈子さんね、3人で。

結構、2時間くらいずっと喋りっぱなしで、楽しく喋って。で、本当にベタに、「まだ喋りたい。終わったら飲みに行こう」って、飲みに行ったもん、3人で。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー若林、朝井リョウや西加奈子ら作家の人間性を暴露「ろくなもんじゃないけどね」

2016.11.13 (Sun)
2016年11月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、朝井リョウや西加奈子、加藤千恵、中村航ら作家の人間性について、「ろくなもんじゃないけどね」などと語っていた。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込


若林正恭:ふつおた(リスナーからの普通のお便り)祭りやったじゃない?スペシャルウィークに。それでメールにもあったけど、朝井リョウを筆頭に、小説家の人と飲んだりするってことに、「若林も自分が頭良いアピールしようとして、小説家と仲良くしていると思いますが」みたいなメールが結構、多くて。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:朝井リョウなんて、もうろくなもんじゃないからね。

春日俊彰:いや、そんなことない(笑)

若林正恭:勝手にラジオ来て、裸になってさ。

春日俊彰:「勝手に」って、こっちが呼んだから来たんだろうよ(笑)

若林正恭:胸、揉みしだいてさ(笑)

春日俊彰:いや、ここが特殊なだけで(笑)

若林正恭:うん。

春日俊彰:世間からしたら、やっぱりそれは大作家先生でしょ?

若林正恭:朝井リョウとザキヤマさんだったら、ザキヤマさんの方がよっぽど人格者だよ、それは。

春日俊彰:ふふ(笑)いや、それはどっちにとってもマイナスだろ、今のは(笑)今の発言は(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)そうだね。

春日俊彰:今の発言は(笑)

若林正恭:申し訳ない(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

明石家さんま、西加奈子が実践している退屈しのぎの方法に感心「さんまさんだったら何と言うか考える」

2015.11.08 (Sun)
2015年11月7日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、フジテレビ系の番組『さんまのまんま』で、直木賞作家・西加奈子と共演し、そこで、西加奈子が退屈している時、実践しているという方法について感心したと語っていた。

本人vol.11
本人vol.11
太田出版 2009-09-11

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


明石家さんま:(西加奈子は)俺のことが、ツボなんですね。

鞘師里保:ツボ(笑)

明石家さんま:笑いなんか好みありますから。「この人、面白い」って思ったら面白いし。面白くないって思ったら、世間がウケてても、面白くないし。それは、好みやから。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:西さんは、俺が好みなんですね。俺が、何をしても面白いんですって。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:運転免許証の写真で、俺が口を閉じてるってことだけで、面白いんですって(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)へぇ、凄い(笑)

明石家さんま:そこまで好きになっていただくっていうのは、非常にありがたい。その時も、きなこ餅を持ってきてくれてて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「俺、きなこ好きだから」「え?さんまさん、きなこ好きなんですか?」って言うて。「俺、テレビでも言うてるけど、きなこ好きやねん」「私、きなこ餅を食べる、さんまさんを見たいんです」って。

鞘師里保:え?

明石家さんま:俺が、きなこ餅を食べたら、ゲラゲラ笑ってた。

飯窪春菜:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

爆笑問題・太田、西加奈子や加藤千恵ら作家の前で「直木賞を獲りたい。カネならいくらでも出す」とスピーチ

2015.09.09 (Wed)
2015年9月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、直木賞作家の西加奈子や、芥川賞作家の綿矢りさ、川上未映子らの前で「直木賞を獲りたい。カネならいくらでも出す」などとスピーチしていたことを明かしていた。

しごとのはなし
しごとのはなし

太田光:(東京文芸フェスティバルで)ちょこっとだけ挨拶して。

田中裕二:うん。

太田光:「さすが、佐野さんのデザインのロゴは良いですね」なんて言って。

田中裕二:うん。

太田光:そしたら、そこにどうやら加藤千恵さんがいたらしい。

田中裕二:へぇ。

太田光:朝井リョウとオールナイトニッポンをやってる。憎き…性格の悪い。

田中裕二:「性格の悪い」じゃねぇよ(笑)

太田光:『デブッタンテ』をボロクソに貶した朝井リョウと一緒にやってる(爆笑問題・太田、ハライチ澤部に強烈なツッコミ「だから朝井リョウにバカにされんじゃない?」)。

田中裕二:うるせぇよ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

オードリー若林・西加奈子、SNSや若者言葉に中高年が無理に合わせる必要はないと語る「あなたの感覚・言葉を手放さなくて良い」

2015.06.07 (Sun)
2015年6月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、直木賞作家・西加奈子がゲスト出演し、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭とともに、SNSや若者言葉、流行りの曲に対し、無理に若い世代におもねって合わせる必要はないのではないか、と語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

若林正恭:作家になろうと上京してきて、テレビを絶ったんだ?それはなんで?人を観察しようと思ったの?

若林正恭:西さんの小説ってさ、SNSとかって合わないじゃん。

西加奈子:うん、そうやな。便利やけど、便利なものを否定するわけやないけど、ウチは、ババアでもエエから、逆らっていきたいねん。

若林正恭:ああ。

西加奈子:実感。

若林正恭:実感ね。…感覚がないっていうかね。俺、ラップをコントでやるから、クラブにね、ラッパーだった後輩に連れて行ってもらって、ラッパーの子たちと写メ撮って。その写真を、インスタグラムとかツイッターに、載せちゃいけないっていう感覚すらないのよ、21~22の子って。

西加奈子:うん。

若林正恭:ロケしてて、写真撮られるのよ。それに悪気がないのよ。俺も、世代的に、まだあるもんね。パソコンをばっかりやってる人は、ちょっとインドアみたいな。

西加奈子:そう。ウチら古いと思うねん。

若林正恭:そうなってくるよね。遊ぶ人こそ、やってるもんね。若い子は、ツイッターとか。

西加奈子:うん。

若林正恭:まだそこなんだよなぁ。

西加奈子:全然、悪いことないねんけど、なんか怖ない?

若林正恭:怖い。西さんはツイッターやってないんだ?

西加奈子:やってない。

若林正恭:ああ、やってないんだ。こんなこと言ったら、凄い語弊あるけど、もし付き合ってみたいなって子が、1日に20回くらいツイッターでツイートしてたらイヤなんだよね(笑)

西加奈子:ああ。でも、つぶやきによらへん?凄い意義あるつぶやきやったらどうする?

若林正恭:はっはっはっ(笑)なるほどなぁ(笑)

西加奈子:物凄い、攻めた内容の。

若林正恭:視野狭いっていうか、そこまで考えたことなかったわ。

西加奈子:分かるで。ちょっと分かる。「目玉焼き、焼けました」とかやったらイヤってことやろ?もっと、「法改正が行われたが、私はこう思う」みたいな(笑)

若林正恭:なるほどなぁ。

西加奈子:それでも、20回は多いか(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

西加奈子、オードリー若林に初対面で「童貞やんな」と発言した理由を語る「全部が、ファーストタッチな人」

2015.06.07 (Sun)
2015年6月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、直木賞作家・西加奈子がゲスト出演し、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭に対し、初対面で「童貞やんな」と発言した理由について語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

西加奈子:字義通りじゃない、"童貞感"が若林さんにはめっちゃあって。エッセイ(社会人大学人見知り学部 卒業見込)を読んだ時とか。

若林正恭:ああ。

西加奈子:めっちゃ売れてはるやん?

若林正恭:ん?…まあね(笑)

西加奈子:はっはっはっ(笑)なんかさ、出てはるテレビとか、やってはることとかな、言うたら、最上級の女性を抱き続けてるようなもんやんか。

若林正恭:ああ、そうなの?

西加奈子:テレビとか、業界で言うたら。

若林正恭:ああ、テレビとかで。

西加奈子:でも、いちいち「これでエエんかな?」ってなってて。

若林正恭:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN