伊集院光、架空のアイドル「芳賀ゆい」ブームを生み出すも事情を知らない人からの批判や権利関係で揉めて後悔していたことを告白

2019.05.16 (Thu)
2019年5月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、架空のアイドル「芳賀ゆい」ブームを生み出すも事情を知らない人からの批判や権利関係で揉めて、「やるもんじゃねぇな」と後悔していたことを告白していた。



佐久間宣行:僕の原体験の中にあるのは、やっぱり伊集院さんのオールナイトニッポンの水曜2部でやってた時に、「芳賀ゆい」っていうのがあったんですよ。

伊集院光:ああ、ありましたね。

佐久間宣行:芳賀ゆいっていうのは、この時間聞いてらっしゃる方は知らないかもしれないですけど、伊集院さんがデマカセで言い始めた架空のアイドルなんですね。

伊集院光:うん(笑)

佐久間宣行:で、その架空のアイドルをリスナーが面白がって。「あ、そのアイドルって、こんなことをするんじゃないですか?」とか、「そのアイドルって、こんな声じゃないですか?」っていう、その芳賀ゆいが一人歩きして、CDデビューして。

伊集院光:うん。

佐久間宣行:で、手タレ使って握手会とか始めたんですよ。その時に、妄想を止めないで、ストップかけないで行くことの面白さというのは、僕のお笑いの原体験であるから。

伊集院光:ああ。

佐久間宣行:だから、キス我慢が面白いって言われた後、「映画にしませんか?」って、普通はストップかけるんだけど。

伊集院光:ふふ(笑)

佐久間宣行:「まぁ、なったらなったで面白ぇな」っていうふうに思えたのは、多分、原体験に「芳賀ゆい」とかがあるからだと思うんですよ。

伊集院光:でも、年齢が行くごとに…芳賀ゆいってね、もうちょっと説明するとね、「歯がゆい気持ちって、アイドルの芸名みたいだよね?」って始まったら、ノリのいい人たちが「こういう子じゃね?」とか、「あの子は学生の頃からポニーテールなんだよ」とか。

佐久間宣行:うん、うん(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと